トッケビ~君がくれた愛しい日々~のドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

  • Filmarks
  • 韓国ドラマ
  • トッケビ~君がくれた愛しい日々~の情報・感想・評価(ネタバレなし)

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」に投稿された感想・評価

maplecookie

maplecookieの感想・評価

4.0
0
最初は意味がわからなくて微妙かなーと思ったけど、見てると夢中になってしまった。
Fuka

Fukaの感想・評価

4.0
0
ファンタジー感がたまらん、コンユとイドンウクのペアは最高やな!2人のやりとり面白すぎキュートすぎかて、、

わたしもアジョッシとか言ってコンユとデートしたいわあ〜
コロナですっかり韓国沼にハマっている気がする。

日本のドラマだったら突拍子もなさすぎて、ヒットしないような設定なのに夢中。

表情とBGMの入り方がすごくいい。
とくに死神の泣きそうな瞳に引き込まれる。

トッケビは大沢たかおっぽく、花嫁は顔がタイプでなく。イチャイチャするシーンとか、ラブコメが苦手なので若干辛かったけれど、しっかり泣きました。

ただのハッピーエンドじゃないところも好み。
こーいち

こーいちの感想・評価

4.5
0
まだ1話しか観てないから深く話せないけど、すでに面白い
コンユがカッコよすぎる
観ていくたび、レビュー更新します😇
mahiru

mahiruの感想・評価

4.5
0
人ってこんなにも涙が出るんだって
くらいに泣いてしまった
これは余韻にひたひた。。
火を消したらトッケビ現れないかなあ🕯
恋愛も楽しめるけど、命と死についても考えることがあったようにおもう。
aym

aymの感想・評価

4.0
0
トンデモ設定だし、この大沢たかお風の主人公の顔がホント好みじゃないのに、めちゃ泣いた。笑
ゆ

ゆの感想・評価

4.7
0
はぁぁ見終わっちゃった。ラスト3話ぐらいずっと泣いてた余韻が抜けない。めちゃくちゃ濃かった良かった。
おかか

おかかの感想・評価

5.0
0
はああああああアァーーーーーーーー。
余韻に浸ってます。
恋しい。
ウンタク トッケビ 死神 サニー ドクファ
あああぁーーーーーー。よかった。

サランへ
mimitakoyaki

mimitakoyakiの感想・評価

3.9
0
コロナ拡大でろくに外出もできないので、休日も暇を持て余し、韓国ドラマに手を出してしまい酷いことになってきてます。

それで韓国でも大ヒットしたという本作を見てみましたが、案の定ハマってしまいました。
韓国ドラマ恐るべしです。

900年前の高麗の時代から死ぬことなく現在までずっと生き続けてきたトッケビ(妖怪的なやつ?)が安らかに成仏するためには、トッケビの花嫁に胸に刺さった剣を抜いてもらわないといけません。
トッケビが、900年の時を超えて、ついに花嫁の印を持つ高校生の少女と出会うという話です。

だいたい、こういう現実にはないファンタジーの設定も時代劇も苦手で、コンユは言うまでもなく最高にカッコイイんですけど、相手が女子高生というのがどうしても抵抗感があって、普通に言うたら、30代半ばくらいのおじさんが高校生と恋に落ちるって事ですからね、愛があれば歳の差なんて…というパターンもありますけど、子ども相手にあかんやん、などと思ってしまいましたね。

でも、そういう苦手さがありながらも、コンユとキムゴウンがめちゃくちゃ良いし、前世とか来世とか運命とかに全く興味のないわたしでも、時を超えた愛や記憶なんかはやはりロマンチックだなと思いました。

どんなに大切な人でも、生きていれば必ず死は訪れます。
逝く人、遺された人の寂しさや哀しみ、永遠に記憶しておきたい愛おしく美しい思い出たちなど、死や別れの切なさが胸を突きます。

ストーリーも、それは都合良過ぎるやんと思うところもありますが、なんせコンユが素敵過ぎるし、ただただコンユを眺めてるだけでも見る価値があるってもんです。
小顔でスタイル良いからロングコートもスーツも何着てもとにかく素晴らしい。
それで目がウルウルしたり笑顔を見せたりしたらコッチがやられるだけの破壊力あるじゃないですか。
それに、キムウビンを名乗るあの切ない死神ね、あんなイケメンで可愛い死神の友達が本気で欲しくなりますね。

かわいい女の子1人と、美しい洋館でイケメンのトッケビと御曹司と死神と過ごすやなんて、少女マンガの世界ですが、その夢の世界にひたりました。

「愛の不時着」のリジョンヒョクも、「椿の花咲く頃」のヨンシクも、本作のキムシンや死神も、とにかく一途やというところが良いんですよね。
絶対ヒロインを守る、約束を守る、そういう誠実さにキュンキュンさせられますからね。

来世はリジョンヒョクが作るククスを食べて、草原で焚火して、コンユとカナダに行きたいです。
>|