アイアンマン

鉄道員のアイアンマンのレビュー・感想・評価

鉄道員(1956年製作の映画)
4.0
3人兄妹の幼い末っ子、サンドロは父である鉄道機関士アンドレが大好きで誇りに思っていた。

そんな鉄道運転士の自慢の父親が不運に巻きこまれ、やがて酒におぼれた生活に堕ちて行き、そして友人達からも孤立して行く。

どんな姿になろうと、父親の鉄道機関士としての父親像が忘れられないサンドロは、なんとか父を励まそうとする。

「友情」「親子愛」に目覚めさせられた時、サンドロが迎えるものは…

ラストに流れる有名なテーマ曲を聴くたび心が熱くなり、涙が浮かぶ…