わかまつ

ミッション:インポッシブル2のわかまつのレビュー・感想・評価

4.0

♯鳩映画

鳩の居る処、隠れ人有り。鳩と舞い、鳩と潜み、鳩が襲い来る、ポッポッポ映画。ホームアローン2の鳩なんかを思い出しました。
ポが活躍するのは終盤の一節、しかもひょっとしたら照焼きにされてるのでいたたまれません。

本題。

シリーズ国内興収トップ作の本作は国民全員がトムクルーズに惚れていた証!!
脂乗りまくりのトムがスパイとして持てる力を全て注ぎ込み女の子を落とす為にフルスロットル。情熱的な映画音楽が二人の恋模様を後押しロマンス色の強い映画に仕上がっています。
そこへ本流のスパイ物らしさと、マフィア物の冷酷さなんかも加わりシリーズを通しても毛色の違う一作です。

また、「我が身一つのスパイアクション」も本作のウリ。
次作たちに出てくるびっくりどっきりメカのようなSFガジェットに頼らずも「銃撃、変装、身体能力」という昔ながらのスパイぽさが満載でした。
きっとトレンドだったのか、マトリックスぽさや突然のブルースリーも今となっては時代を感じますが当時きっとマユツバだったことでしょう。

でも!シリーズファンとして引っかかってしまったのは、もっとイーサンのスパイ映画にしてくれ!!というとこ。
潜入してるから仕方ないけどヒロイン目線のシーンが多く、もっと言えば振り回されすぎです。
イーサンハントが不可能な作戦を行うのはそれが国や世界平和に繋がるわけであくまで仕事としてミッションを行っているはずが、天秤にかけられた途端私情が挟まり揺らぎ始め最後まで優先順位は好きな女の子のためだったように見えました。
MI3のようにミッションのシーンが矢継ぎ早にくればここまで思わなかったかもしれませんがやっぱロマンスが長すぎて乗り切れなかったですね

テーマ曲のアレンジもぶっちぎりでかっこよくて、終盤の逆転劇もよかった故に残念です。