カタパル

映画に愛をこめて アメリカの夜のカタパルのレビュー・感想・評価

4.3
クライテリオン版のBDを購入。久しぶりに再見。登場人物の中で二人の部外者が登場。一人が主演女優を演じるジュリー・ベイカーの夫であるドクター・ネルソン。もう一人がプロダクション・マネージャーの奥さん。終盤でこの奥さんの言うことが全てを表しているんでしょうね。

映画なんて嘘と裏切りばかり!くだらない!

そう、映画は人生そのもの。時間もお金も限られている。人はいつか死んでしまう。うまくいくことなんて何もない。それでも素晴らしい。

アルフォンスは聞きます「女性は奇跡なのか?」

これはトリュフォーの問いかけでもあるんでしょうね。映画は奇跡なのか?