Kurita

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望のKuritaのレビュー・感想・評価

3.8
もちろん新作公開に備えての見直し。
2007年発売のトリロジーDVDボックス収録の特別編です。

EP1からがリアルタイムなので、特別編を初見時にはかなり古臭い印象を持ったことを覚えているのですが、
今回見返してみたら記憶内での印象よりもずっとフレッシュで新しい作品だと記憶が更新されましたよ。

オープニングとエンディング、場面転換の手法はやっぱり"隠し砦"から頂いててニヤリだし、
カンティーナ酒場の雑踏感は"ガーディアンズオブギャラクシー"にそのまま繋がっててワクワクするし。

主人公の動機付けから、敵の本拠地に乗り込んでの分散戦と師匠との別れ、再度の少数精鋭部隊でのアタック、そこから浮き上がるチーム感。
お話は単純でスムースに流れていくし、画面に手抜きが無いので観ていて気持ちよい(改変の有り無しを考えてしまい、ゲンナリする瞬間はありますが、ね)。

いまや古典になりつつありますが、今みても十分に楽しめる作品と再認識した次第です。