KozaiSzatosi

ブロークバック・マウンテンのKozaiSzatosiのレビュー・感想・評価

4.3
結局、今の時代、同性愛に対する偏見云々を描くのは既に時代遅れで、いかにそこから普遍性を見出すか、に重きが置かれているように思う。

そういう意味では、この映画は成功している。
長年に渡る二人の関係が比較的丁寧に綴られてはいるが、離婚した後のヒース・レジャーの恋人が一瞬しか出てこなかったりと、ある種省略されたような表現もあり、かなりメリハリがある。

何より、真っ白で何もない、ワイエスの画を思わせる、異様な家の描写。あのインパクトは凄い。

なんだかんだで普通じゃない映画だと思った。