ブロークバック・マウンテンの作品情報・感想・評価・動画配信

ブロークバック・マウンテン2005年製作の映画)

Brokeback Mountain

上映日:2006年03月04日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブロークバック・マウンテン」に投稿された感想・評価

りほこ

りほこの感想・評価

5.0
大豆だとわこの最終回を見て、この作品を思い出した。
60年代、カウボーイとして2人で羊の番をする2人。友情が芽生えて、愛になる。
LGBTの映画として注目を集めたとしても、
ただカウボーイの純愛と自然の美しさがある素敵な恋愛映画だと思う。(君の名前で僕を呼んででも、同様の美しさを感じた。) 会っている瞬間が尊いはずなのに、想いは通じててもタイミングが合わないと上手くいかない。恋は全世界全性別共通の事象なんだと改めて学んだ。
何より、ヒースレジャーとジェイクギレンホールのダブル主演は確実に見応えがある!喧嘩してて戯れているの愛おしい、、。

2人のその後の選択した人生はきっと幸せだったはず。家族ができたり、お金持ちになったり。それも正解だけど、2人の愛が実る世界は、ブローバックマウンテン以外にも作るべき。
sasho

sashoの感想・評価

-
それに当てはまる言葉がないとどうしていいのか分からなくなってしまう。
辛いという言葉があるから辛いことが分かる。
うううーん…なんとも言いがたい。
ゲイだと人に知られるだけで命を落とすかもしれない時代で(今もそんなことはあるけど)、ふたりが苦しみ抜いていたことはわかるんだけど…
すべての人が傷ついていてしんどかった。

イニスのトラウマや、ジャックの寂しさ。
計り知れないくらいつらかったと思う。
殴り合うみたいに求め合うふたりが美しくて切なかった。
血のついたシャツ、お酒の瓶、分け合うタバコ。
抱きしめ合う瞬間だけは幸せなのに、あまりにも生きるのはしんどい。


なんか疲れた。これが大昔のできごとだなあと見れるようになるといいな。

ジェイク・ギレンホールかわいい……………
じみー

じみーの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

結構難しい映画だった。自分には同じような経験がないから、うまく苦しみが理解できなかったけど、主人公の二人の満たされない望みが悲しく見えるところに共感できた。好きなシーンは娘の結婚式に立ち会うのを決めたシーンで、なんか嬉しくなれた。
見ていて感じたのは登場人物が、あの頃は無限に時間があったのに、みたいな顔をすることが多くて、年老いる二人と何も変わらないブロークバックが、少し悲しく見えた。
MATSU

MATSUの感想・評価

3.9
美容室でブロークバックマウンテンからインスパイアされたシャンプーをつけてもらってからずっと見ようと思ってたけど、観れてなかった作品。
思い返すとヒースレジャーの匂いやったと思う。
かぼす

かぼすの感想・評価

2.5
ホモバレ即死な世界だっていう前提が飲み込めてなかったので終盤までイニスの苦しみが理解しにくかった。(田舎とはいえ中世じゃあるまいし、幼少期の出来事は特殊なケースだと。自分の身にも起こりうることなら女との(偽装)結婚もやむなし。)
実家ではジャックのシャツが外側だったのに持って帰ってから入れ替えてるのはグッときた。バックハグ…!ノンケを自称する2人の扉が開く過程をもっと主観で丁寧に見せて欲しかったかな。
とも

ともの感想・評価

4.0
男の不器用さ、強がり、見栄などかっこよくない部分を泥臭く見せてる。直接的な差別というより、時代の壁に阻まれた2人の関係にもどかしく感じた。世間体と自分の本当の気持ちの乖離は現代にも通ずるところがある。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
2人とも家庭をもち別々の人生を歩んでも、お互いを忘れられない…。とても素敵な純愛ストーリーでした。

歳月が経っている事をリアルに感じさせる主演2人の演技が素晴らしかった。
また女性陣の切ない心境を演じきったミシェル・ウィリアムズとアン・ハサウェイも良かったです。
RAD

RADの感想・評価

5.0
ヒース・レジャーが美し過ぎて…初めて二人の気持ちが通い合う時、後ろめたさと切なさと、言葉に出来ない複雑な感情が痛いほど伝わり、胸が苦しかった。
Sunny

Sunnyの感想・評価

4.0
見た直後の今は、いろいろと気持ちがまとまらないので落ち着いてから感想は書きたい、

苦しくて切ないけど心に残る余韻が心地良い、と思う
>|