サーフ

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのサーフのレビュー・感想・評価

3.9
「ハリー・ポッター」シリーズ第4作目となる今作。
前作もまあまあ暗かったが、今作以降物語の中で「死」という存在がより近しくなってくるのでどんどんシリアスになってくる。

「ホグワーツを含む3つの魔法学校が一堂に会し魔法力を競い合う」という今作の内容は前作以上に「ファンタジー」「冒険」を感じさせてくれる。ただそれぞれの試合の描き方はザックリ。

今作は上記のワクワクさせてくれるファンタジー要素に加えて物語の中で14歳になるハリー、ハーマイオニー、ロンの思春期らしい心理描写も盛り込まれている。
友達に対する嫉妬、淡い恋心。それぞれが自分の本当の気持ちを伝えるのが不器用で見ていてすっごいもどかしい。「あーもう!もっと言い方あるのに!そして一言多い!」と思いっぱなし。でもそれが良い。

今作は「ヴォルデモートの復活」というシリーズの中で今後の展開の中で重要な意味を持つ作品。これまでは敵との戦いを通してハリーの成長、仲間との友情の育みがメインだっだけれど、この作品以降はヴォルデモートとどう決着を着けるかがメインに。

雰囲気、暗い事には間違いないが、3人の甘酸っぱい青春描写があったり、要所要所で掛け合いの面白さ感じたりとシリアスの中にもコミカルが見え隠れというバランスの作品に感じた。
スネイプ先生が話し込んでいるハリーとロンの頭押さえつける為に腕まくりしてるのちょっと可愛い。

セドリック役がロバート・パティンソンだったの今回見直して初めて気づいたし、ダンスパーティーのバンドメンバーがパルプのジャーヴィス・コッカーにレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドとフィル・セルウェイだったのも初めて知った。