ハリー・ポッターと炎のゴブレットの作品情報・感想・評価・動画配信

ハリー・ポッターと炎のゴブレット2005年製作の映画)

Harry Potter and the Goblet of Fire

上映日:2005年11月26日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に投稿された感想・評価

トライ・ウィザード・トーナメントが開かれる。
クラムがハーマイオニーと踊るシーンね。全世界のファンが嫉妬したはずだ。ロンと同じようにね。
あの人の復活という最悪の出来事をダンスシーンが中和しているような気もしなくもない。セドリック…残念だよ。
寝顔

寝顔の感想・評価

4.3
スネイプ先生、ヴォルデモートでも
真実薬3滴で良いって言ってたのに
クラウチJrにゴボゴボ飲ませてて
笑ってしまった
マナヲ

マナヲの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

セドリックが殺されるからなかなか軽い気持ちで見れない。マッドアイがいつからクラウチジュニアだったん?って思いながら見ちゃう
Hermiey

Hermieyの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ダンスパーティの時のハーマイオニーが美しすぎる。15歳であのドレスを着こなせるエマ、凄い。

水の試練で、水中から出てきたハリーに自分のバスタオルを掛けて、凍えた彼を温めてあげる優しさ。
Mimi

Mimiの感想・評価

3.7
炎のゴブレットはシリーズの中でも一番衝撃を受けて、とても怖かったのを覚えてる。いろんな学校の生徒も来るから面白かった!
「ハリーホッターとスケベな椅子」っていう作品もあったで‼︎‼︎
ホンマにこういうタイトルを考える人は天才や‼︎
「アイアンマン」のパロディの「アーンイヤーンマン」っちゅうのもあったな‼︎
困ったことにこの手の作品も結構クオリティがたかいってことや....
今回は全部が中途半端な盛り上がりで終った気がする。今思えば『賢者の石』位のスケールが1番良かったかな。
これまで狭い世界観だったのだが今作で一気に広がる。クィディッチのワールドカップ観戦から始まり、ホグワーツ以外の学校が初めて登場する。この三大魔法学校の対抗戦トライウィザードトーナメントが今作の中心となるストーリーだ。ハリーが代表となり、三つの試練に向かう展開はワクワクする。その三つの試練も伝統的なファンタジーの想像力に溢れて魅力的だった。そこに成長したハリー達のエピソードも絡む。ロンが代表に選ばれたハリーに嫉妬する所やロンとハーマイオニーの喧嘩など思春期の少年少女の姿を良く描いていて微笑ましい。そしてその陰で闇の魔法使いヴォルデモートの復活を企む話が展開されていく。物語の底流にヴォルデモートの影がチラつくので作品のトーンはシリアスだ。様々なエピソードが重ねられるが物語の軸はしっかりしているので理解しやすいと思う。ラストはシリーズを通じた敵の姿がはっきりと現れて続きへの興味をかき立てられた。安定の面白さだった。
maron0914

maron0914の感想・評価

3.6
2020023
子供達が大きくなっていく(悲)
悪を倒すまでの流れがどれも似ている気がするけど、だんだんハリー・ポッターの世界にハマってきた。
今回の結末はシビア。。
ダンスパーティのシーンが好き❤️

ヴォルデモートが生き返って、物語の本題に入ったという感じがしました🥺ハリーポッターで初めて、泣いてしまった😭
>|

似ている作品