MONDAYTHEATER

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのMONDAYTHEATERのレビュー・感想・評価

3.8
ギアちゃんウイークから徐々に離れつつありますが、今日はこんな気分です。
これはいつ見ても面白いですね。

グロいジョークはあるものの名台詞や名場面が連発し、笑いのツボにはまることは確かですね。お医者さんの「地図をさがせ〜」に始まり、スタンガンの使い方を教えるシーンやザックさんがマイク タイソンに殴られるシーンなど笑いが止まりませんでした。

この作品を初めて見たのは公開当時ですね。映画館では見なかったですね。ビデオで見た気がします。なぜかは謎です。きっと半信半疑だったのでしょうね。しかし、今回はオチを知ってるから楽しめないという不安がありましたが、それは余計な心配でした。

ブラッドリー クーパーはこの映画以前に「ウエデイング クラッシャーズ」と言う作品でオーウエン ウイルソンとヴィンス ヴォーンの敵役でしたね。あの作品にはレイチェル マクアダムズも出演していて下品な冗談がありますが、面白い作品でした。クーパーは今となっては「アリーナ スター誕生」や「運び屋」に出演するシリアスな俳優さんになってしまいましたが、この頃は結構無茶なことしてましたね。

エド ヘルムズとザックはコミカルな役どころですね。この間ヘルムズは「タグ」に出てましたが、ザック ガラパゴスさんは最近見ませんね。どうしてるのでしょうかね。あとキム ジョンさんが中国人役で出演してますが、皮肉な名前だなと言う感じです。

虎だったり、赤ちゃんだったりマイク タイソン小ネタもいっぱいです。

監督のトッド フィリップスの新作「ジョーカー」も楽しみです。