TAKU

悪魔の沼のTAKUのレビュー・感想・評価

悪魔の沼(1976年製作の映画)
-
先日の『悪魔のいけにえ』4Kリマスター上映を観た後、何故かコレが無性に観たくなり何年か振りに鑑賞。『悪魔のいけにえ』の次回作というのもあってか、世間では失敗作扱いされてるけど、やっぱ面白い。

批判の的になっている全編オールセットの撮影は、病的なまでに強烈な色彩美、深い闇を内包したハイコントラストの照明設計によって、怪奇映画的な異様なムードが出ており、トビー・フーパーの非凡さを感じさせる。

また、劇中で流れる電子音楽は監禁された女性の悲鳴とごっちゃになって響くので、『いけにえ』級に神経をかきむしられるような気持ちになる。