Kurita

ぐるりのこと。のKuritaのレビュー・感想・評価

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)
4.0
子供のいない男女はどんな風に歳をとっていけばよいのか?について、よく考える。
仕事にも十分慣れてきて、友人や近所の子供が成長していくことを見送りながら、なんとなく区切りの無い日々を送ることについて。

生まれてすぐの子供を亡くしてしまった彼女が壊れてしまって、それで再び戻ってくるまでの夫婦の物語。
うまく戻ってこれても、世界はいつでも残酷な口を開いてみせるのだけど、ごくたまに光が差すこともある。

勝手に決めた自分のこだわりを崩せた時に他人のことを認められるようになる、とか言葉ではわかることなんだけど、
皮膚感覚で染み込んでくるのがすごいなあ。

最後にふたりに子供が出来て、、などと
わかりやすい解決に向かわないのも素晴らしかったです。