ぐるりのこと。の作品情報・感想・評価

ぐるりのこと。2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

「ぐるりのこと。」に投稿された感想・評価

法廷画家の仕事ってこんな感じなんだ‥実際その当時起こった法廷裁判の様子を絡めて‥リリー・フランキーが泣きじゃくる奥さんの木村多恵に優しくボソボソっと語る場面が心に残る‥きちっとしたいけどできない~きちっと思い描いた通りにいかなかった時に自分を追い詰めて辛くなる~私はいい加減だからそんなことはないけど‥静かに黙って側にいてくれる~支えになるか重荷になるか‥ 絵が描けるっていいな♪結構長い年月を経て夫婦のこれから‥
夫婦の話です。弾みで結婚した夫婦がいろいろあってぐるりとまわるという話です。主演の二人と脇役の倍賞美津子、柄本明、寺田農がとても良かったです。人見知りだった寺田農がムンクのバッジをもらってテンションあがっていて私のテンションもあがりました。
3.6、合格ラインでしょうか?リリーフランキーを観たいがために観た一作。リアルな感じとフランキー様の優しい雰囲気が良い。頑張らなくていいんよ、みたいなセリフが良かったですね。それにしても10年前との事だけあって、フランキー様が若い!

ついちゃんとしなきゃ!と思いがちですが、訳が分からなくなるくらいなら、適当に楽に生きていきたいですね。支え合う、とはこんな感じなのかな?とも思いつつ、フランキー様だけが支えてましたよね?大体、女性はわがままでヒステリックで感情的で訳が分からない生き物なのです。そういう人は、男の人が究極に優しくないと成り立たないわと改めて思った映画でした。勉強になる映画。
わたしの片手に入る作品。暗闇を外から眺めると怖いけど、その中でじっと耳を澄ませると言葉の湿度や温度を感じられる。側にだれかいてくれたら怖くないんだ。
悟

悟の感想・評価

4.0
法廷画家として、様々な被告人を描く主人公。流産したことで精神を病んでしまった妻。

人の命を簡単に殺めてしまう人とか、遺族とか、流産した妻とか、末期癌の父親とか、色んな視点で命を描いてる。

そういう対比もありつつ、 妻を支える夫がとても自然な感じ、
普通の人には作れない映画。
長くて途中ダレるけど見終わった後の余韻がすごかった。
たまに見せるリリーフランキーの絵が癒し
コブラ

コブラの感想・評価

3.7
ぜんぶはうまくいかんよ


ある夫婦のうまくいったりいかなかったり。

話はうまくいってる(いってそうな)ところで終わるけど、この二人にはきっとこれからも色々あるんでしょう。

ただうまくいってた記憶とか、大事な思い出とかがあったりするだけで意外と何とかなったりするもんだよな。





と自分に言い聞かせてみる。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.5
夫婦10年の軌跡を描いた映画。夫役のリリーフランキーは法廷画家の仕事をしている。
苦難や人間の汚さが映画中所々に出ている。実際にはあった悲惨な事件の裁判のシーンもあり。

リリーフランキーの優しさが光っていた。あと、法廷画家って大変な仕事なんだな。
joker

jokerの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

リリーさんの代表作。

好きなシーンは、
鼻水を舐めるところ。
大可大

大可大の感想・評価

3.8
たしかに人が何を考えているかなんてわからないから、どっちつかずになってしまうけど、どんなことでもよく観てみるとわかることがあるから、それがたとえ正確な表現じゃなくても、自分の思った感覚で捉えて表現するのはとても素晴らしいことだと木村多江が絵を描き始めて思った。
いかんせん、内容とキャスティングと見せ方のマッチが素晴らしかった。
>|