ぐるりのこと。の作品情報・感想・評価・動画配信

ぐるりのこと。2008年製作の映画)

上映日:2008年06月07日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ぐるりのこと。」に投稿された感想・評価

juri

juriの感想・評価

5.0
あたたかくて、優しい夫婦の物語。

誰かと結婚した事がない私だけど、
きっとほとんどがこんな夫婦生活なのかも?と感じられるような、
近しくて、誰も格好つけてなくて、どことなく寄り添いたくなる登場人物たちの姿。

役者さんたち皆かっこよくて、
リリーさんの声ってなんでこんなに落ち着くんだろう...。
''病気になること''がメインのお話ではないので、「ツレがうつになりまして」とはまた違う角度からみた''心の病''が描かれていた。
夫婦二人の会話にアドリブ要素があったり、木村多江さんのチャーミングで美しい姿が滲み出ていて、本当に観て良かった。
素敵な作品です。何度も観ては新たな発見をしたい。
ぷる子

ぷる子の感想・評価

3.0
想像以上に暗かった
でも救いのある展開だった。
絵が描けるということは素敵なことだと思った。
日本画を見るシーンで流れる主題歌が良かった
ke

keの感想・評価

4.1
苦しくなるし幸せな気持ちにもなる。カナオが優しすぎて余計に辛い。
hina

hinaの感想・評価

4.3
辛いシーンは本当に辛くて、幸せなシーンは本当に幸せだった。長い目で人生を見るって大事やな、、、。
リリーフランキー、いい。ちょい役の人が有名な人だったりでびっくり。
みんな大なり小なりこういう痛みや悲しみや諸々背負って生きてんだなと思うとちょっと人に優しくできる。
背負って生きてる人と背負いきれずに間違えちゃった人の違いは、好きなものをたくさん見つけられたかどうかだけかなと最近思う。
ずっと、いちばん好きな邦画かもしれない。夫婦になるということ。普通に生きる、ということ。木村多江さんの長回しシーンは何度見ても泣いてしまう。ちゃんとしなきゃ、ちゃんとしなきゃと思っているのにうまくいかない、って人いるんじゃないかな。私はそう。どうか観てほしい。
おが

おがの感想・評価

-
リリーフランキーの声の響き方が良すぎ、広がる感じとそれに対する木村多江の鋭い感じのバランスも。
足でちょっかい出し合うの愛しい
(記憶で書いているので また観たい)
Kae

Kaeの感想・評価

3.7
3年くらいずっと頭の片隅にあって、やっと観られた作品です。

リリーさんの雰囲気はいつもずるい。
なんでも許せてしまう、、
そしてやっぱりおでんくんのキャラクターに似てるんだよな〜
m

mの感想・評価

3.8
色々しながら見てたからちゃんと見れてないけどリリーフランキーがばりイケメンだったな。今度またちゃんと見たい
miu

miuの感想・評価

-
大切な人がいるうちに大切にしなきゃなんてこと、わかっているはずなのに上手くできなくて。どうして迷惑や心配ばかりかけてしまうんだろう。上手くできない、できなかったことをずっと頭の中で再生して勝手に疲弊する。どうしたの?なんで?なんて聞かずに側にいてぶっきらぼうなようでも素直な言葉に何もできなくなってしまった時の自分が蘇った。素直に甘えられない、感情も上手く出せない、どうやって生きていけばいいのか分からない。逃げてしまう私でも、あなたの前では逃げられなくて辛くて、でも逃げさせてくれないからあったかくて。大丈夫、ここにいるからと背中をさすって冗談を言ってくれたこと。心を上手に開けない私は大馬鹿ものだけれど、これから返していきたいと思わせてくれる。喪失と再生の映画がやっぱり好きだな。
>|