超空間コベ

首だけ女の恐怖の超空間コベのレビュー・感想・評価

首だけ女の恐怖(1981年製作の映画)
4.0
ぶははは!“首だけ女”!(笑)
といっても、ただの生首じゃないよ!?
(詳しくは後述。)
シラットに並ぶ、インドネシアの神秘。
それが、“首だけ女”なのだッ!!☆

アメリカ人のキャシーは魔術研究家。
これまでも、アフリカでブードゥー修行
するなど、筋金入りの魔術オタク。

山中で野ざらしになってるドクロを、
花でも手に取るように匂いを嗅ぐ、
一般感性からするとドン引きの美女だ。

今回は、バリ島に伝わるリアク魔術の
取材にやって来た。
現地調達した恋人・ヘンドラの案内で
リアクマスターである“女王”の
マンツーマン指導を受ける事に。

「ンガ~―――ッハッハッハッ!!」

…怪しさ爆発の女王(ババァ)。☆
握手した腕がボロッ!と取れて、
ズルズルッ、と這い回る。

「ンガ~―――ッハッハッハッ!!」

とにかく笑う。しつこい位の
バカ笑いで押しまくる。☆
…というワケで、修行の始まりです!

「ンガ~―――ッハッハッハッ!!」

ババァに合わせて、キャシーも笑う!
ババァに合わせて、クネクネ躍る!

豚に変身!
蛇に変身!
火の玉に変身!
そしてついに、キャシーの首が
ブチブチッとチギれて…!

―――出たア!!
“首だけ女”の誕生だッ!!!☆(笑)

首だけといっても、ただの生首って
ワケではありません。
首から下に、デロデロ~ンと
芋ヅル的にぶら下がった内臓!

空中を浮遊し、猛スピードで突進!
体当たりを食らったオバさんが
壁をブチ破ってフッ飛びます。☆

そして、産気づいた妊婦の
股間に吸い付いて…!

キャシーには、その時の記憶は無く、
目覚めてクチについている血を
「うえぇ~っ?」
と気持ち悪がりながらも、そのまま
気にせず眠ってしまうキャシー。(笑)

「私はリアクマスターになるわ…!♪」
「いや、それ絶対アヤシイって!」
ヘンドラは、道士である叔父さん
(黒叔父)に相談。

このままでは女王は、
永遠なる無敵のチカラを身に付け、
邪悪の支配者となってしまうのだ。
なぜかは解らないが、
とにかくそうなのだ。(笑)
何としても阻止しなければ…!

黒叔父が倒れた直後に登場した
白叔父!
女王との頂上決戦の凄まじさは、
もう何と言うか…筆舌に尽くし難い。

豚人間!
バロン!
謎光線!
コケコッコー!

…この後の超展開は、是非ご自身で
お確かめ頂きたい。☆(笑)