MUA

殺人の告白のMUAのレビュー・感想・評価

殺人の告白(2012年製作の映画)
4.4
連続殺人事件の犯人が、時効成立後に自伝書を出版し公の場に登場。当時の事件を担当した刑事を挑発するも、その端正なルックスの犯人に世間ではファンクラブも出来てしまうほど。
さて、犯人の目的とは一体?という話。
インスパイアされたという「殺人の追憶」ほど重々しくなく、若干B級っぽいのも入ってくるがこれはこれで先が読めず、韓国映画特有の「そうきたか!」がオチで用意されているので楽しい。物語の真実によって人間関係の見方がガラリと変わっていくのも良い。
何と言っても犯人役のパクシフがいつどんなシーンでも「イケメン」を貫いてるのがすごい。水に濡れても雨でビシャビシャでもイケメン。う〜ん、嫌いじゃない。
でもまあ個人的には正直ちょっと反則かな?と思いました(オチの捻り方に)。だけどこちらも十分勉強になりました。
やっぱ韓国映画面白いな〜。今まで食わず嫌いしていた自分が馬鹿だわ。でもやっぱりオールドボーイがダントツすぎて・・・

<2回目鑑賞>
美しきパクシフが見たくて再鑑賞したけど、やはり脚本が上手い。飽きさせない時間の間隔で変化や「おや?」と思わせるアクションを持ってくるあたりが凄い。
冒頭の激しいチェイスシーンも良いが、その後にパクシフが囁くシーンは素晴らしい。全ての真実がわかると、この囁くシーンの意味もまた違ってくるがやはり物凄く印象的だ。
全体的な伏線の持たせ方が素晴らしい。また見たいと思える1本だと考えると、好きな映画の一つになる。ぜひぜひおすすめしたい。!!