Yukiko

ウォールフラワーのYukikoのレビュー・感想・評価

ウォールフラワー(2012年製作の映画)
3.7
2019年4月5日
『ウォールフラワー』  2012年制作
監督、スティーヴン・チョボスキー。
他の監督作品に『ワンダー 君は太陽』がある。

1991年、チャーリー(ローガン・ラーマン)は高校入学。
馴染めずにいたが、工作の授業で最上級生のパトリック
(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)と知り合う。
チャーリーはサムに惹かれる。
チャーリーは2人に誘われて行動し、様々な人達と出会い、
語らい、過去の出来事を忘れたかに見えたが……


監督であるスティーブン・チョボスキーさんの同名の原作
を映画化とのこと。
等身大の高校生の生活を描いているらしい。

主役のローガン・ラーマンさんが初々しい。
ちょっと華奢な感じの、まだ少年っぽいウブさが残る、
そのようなイメージがよくでている。

エマ・ワトソンさんのショートカットがよく似合っている。
かわいい。

エズラ・ミラーさんは『少年は残酷な弓を射る』の
衝撃が強すぎて、あの顔立ちと表情が忘れられません。
美男子系ですねぇ♡

これが今の高校生の姿だとして、ドラッグってアメリカの
高校生の間では、そんなに当たり前のことなの!?
見つからなければいいの!?

そう言えば、この映画に黒人が出演していなかったのは
何故だろう?