MUA

新しき世界のMUAのレビュー・感想・評価

新しき世界(2013年製作の映画)
3.9
脚本では、開始から最初の10分で観客の心を掴め!とあるけど、この映画は始まって1秒で心を掴まれます。1秒です。
というのも拷問シーンというショッキングで強力な映像からバーンと始まり、その後もテンポよく展開。
まずビジュアルが良い。暴力的で生々しくもあるがほとんどの人物がマフィアなので黒スーツから漂う紳士的な雰囲気も加わり、ピンと張り詰めた冷たい空気感が一貫して漂う。
チェミンシクも悪役だと思ったのに今回は刑事役だったので意外。この人が悪人側ならもっと凄みが出たんじゃなかろうか・・
主人公の揺れる葛藤、静かに迫る暴力の影など、始終緊張感が散りばめられている。
ただ強いて言えば、みんな何だか似てる顔&服なので最初はあんまり見分けがつかず・・・
最後はそうなっちゃうのね〜という感想。
ビジュアルで満足したのでこれはこれで好きな映画。ハリウッドでリメイクして欲しくない一本。