toshi

少女は自転車にのってのtoshiのレビュー・感想・評価

少女は自転車にのって(2012年製作の映画)
3.5
サウジアラビアの映画でした。厳しい宗教の縛りにもめげずに自分らしく生きる女の子ワジダが健気です。子供はどの国でも一緒で興味を持ったものには純粋に突き進んでいくのだと思いました。宗教がらお洒落もできず、異性には顔を見せてはいけない等女性に対して厳しい現実ですが、それでも作中ワジダはちょっとしたお洒落をする等他の子とは異なる行動で静かな反抗を見せます。自転車が欲しくてたまらないワジダが自分の能力を発揮し夢を掴もうとした矢先に、住む国の厳しい現実とそれを押し付ける大人達の行動が悲しすぎます。でも少なくともワジダを理解してくれる大人も存在し、ラストは良かったと安心させてくれました。男友達のアブラダに結婚しようと言われた後、微笑むだけの表情しか見せなかったワジダが愛おしかった。静かな作品ですが良作です。