NAOYA

007 スペクターのNAOYAのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.4
メキシコシティで催されている「死者の日」において、ジェームズ・ボンドは建物の屋上から窓越しにスキアラという男に銃口を向け発砲し、爆薬入りのスーツケースに当たり爆発する。スキアラの居た建物は倒壊するも逃げおおせたスキアラを追うボンド。その後ヘリコプターの中で激しい格闘になるがスキアラを突き落とす。ボンドが彼の指から抜き取ったリングにはある組織のマークが刻印されていた…。


今作も冒頭から迫力あるアクションで始まります。飛んでいるヘリコプターの中でのアクションも良かったですが、今回は長回しのシーンに惹きつけられました。

今回の敵は題名にもなっているスペクターと言う組織。
なんとダニエルボンドが戦ったル・シッフル、ドミニク・グリーン、シルヴァはスペクターの幹部だったのです。
この作品でダニエルボンドの今まで悪役、救えなかった女性が繋がると言う熱い展開!
まさにダニエルボンドの集大成と言える作品でした!!
しっかり復習してから観に行って良かったです。

今作のボンドガールのマドレーヌ・スワンを演じるのはレア・セドゥ。美人でとても良かったです。この人の少し目つきがキツイ感じも嫌いじゃないです(笑)ボンドとのラブシーンもあるのですが、年の差が気になってしまった。結構離れてますよね。
サブボンドガールにはモニカ・ベルッチ。こっちは大人の女性でした。この人見たことあるようなと思ったら、「マトリックス リローデッド」に出てた人ですね。


アクションシーンも多く、特にカーアクションが良かったです。新しいボンドカーのアストンマーティンDB10がとてもカッコ良かった。この映画の為だけに作られたそうです。
さらにQによる秘密装置付き。この秘密装置が現実離れし過ぎず、笑える要素もあり、個人的にとても良かったです!

さらに、カーアクションが始まる前のスペクターの会議シーンも緊張感がありました。スペクターのボス(顔がしっかり見えない演出がまた良い)が急にボンドに話し始めて、雰囲気が一気に変わるのがすごかった。

今回のボンドは任務で動いている訳では無いため、始めから新しいMと揉めていたのですがラストで合流していて、2人共信頼し合っていたのか!と嬉しくなりました。
そして、ラストはMとその仲間達も活躍します。前のMには無かった、Mが現場で活躍する展開も新しいMならではで良かったです。
また、Qが前作よりも出番が増えてボンドを支える良いキャラでした。

今回もダニエルボンドはカッコ良く、すっかりダニエルボンドが好きになりました。
今回はダニエルボンドの作品の中では1番綺麗に終わったと思うのですが、次の007はどうなるんですかね?
もしかしてダニエルボンド終わるのかな、とも思いましたが個人的にはまだダニエルボンド観てみたいです。