せーや

コードネーム U.N.C.L.E.のせーやのレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
3.5
ザ・賛否両論映画。
ガイ・リッチーvsマシュー・ヴォーンの
2015年スパイ映画バトルの結末は…!?

1960年代前半、時は東西冷戦下。
アメリカとソ連のにらみ合いが続く中
裏で世界滅亡を企む国際犯罪組織がいた。
米ソは組織の壊滅を目的に一時的に手を組み
CIAとKGBのエージェントによる
合同作戦がはじまる…。

(♪Che Vuole Questa Musica Stasera)

ガイ・リッチーです…。
映画監督をやっています…。
イングランドの王様の末裔でもあります…。

デビューした当時は
天才だ天才だともてはやされました…。
2000年にマドンナと結婚し
2008年に離婚してからというもの
「どうしたガイ」とファンに言われるようになったとです…。

自分は2012年に
モデルの女の子と再婚しました…。
そして今年、4年ぶりに映画を撮ったとです…。
結婚で浮かれすぎとるのでしょうか…。
評価は真っ二つだったとです…。

マシュー・ヴォーンの
「キングスマン」は超高評価なのに
なぜボクはダメなのでしょうか…?

ガイです…。
ガイです…。
ガイです…。


この映画、
予告編からかなり期待してました。

実際今年はスパイ映画の豊作年です。
ミッションインポッシブルがあり
キングスマンがあり
そして2週間後には007が控えています。

そんな中でこの映画を出されたら
期待しないわけがないでしょう。

ガイ・リッチーという
ブランドも重なって
期待値はかなり上がっていました。

結果は
可もなく不可もなく、です。

ストーリーは
米ソのスパイが手を組んで
国際犯罪組織という大きな敵を倒す!
というシンプルな内容。

オープニングとエンディングのデザインは
非常にオシャレでカッコよくていい!
これはガイさんらしいといっていいでしょう。

さらにパステルカラーな
60年代ファッション。
ヒロインの彼女のファッションがカワイイ。
ソロのスーツが非常にカッコイイ。

ソロとイリヤのコンビも良し。
女たらしなテキトー男ソロと
クソ真面目な短気男イリヤ。
この正反対のコンビはお笑い的に良し。

音楽は
日本人にはウケるでしょう。
あのシーンが最高だったかもしれません。
彼の芸風と話の内容が何故かマッチしています。

そしてスタイリッシュな映像。
画面分割や序盤のスクリーンの遊び。

ラストの展開は
なかなか良いんじゃないでしょうか。
イギリス人らしい終わり方ですよね。
そりゃあ米ソに任せてられないでしょう(笑)。

ガイさんらしい映像は
評価できるかと思います。

渋いんだよ。
カッコいいし。
好きなんだよ。

でも、なんでかわからないけど
この設定というか主人公二人が
シャーロックホームズとかぶってる気がするのね。

というか映画の雰囲気が
時代もストーリーも違うことは違うけど
同じような気がしてしまうのね。

シャーロックを見る前に見たら
もう少し評価できたのかしら。
どうなのかしら。


でも嫌いじゃないのよね。
なんて言ったらいいのか…。

あ!こう言えばいいんだ!

「ふざけんなベッカム!」