コードネーム U.N.C.L.E.の作品情報・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.2014年製作の映画)

The Man from U.N.C.L.E.

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科…

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

「コードネーム U.N.C.L.E.」に投稿された感想・評価

前半は、スパイ映画の特色であるアクション色もミステリー色も両方薄く小ぢんまりとした印象で、展開もチンタラ進んでいく感じがあり、大丈夫かこれ?と思っていた。ただ、アリシア・ヴィキャンデルの60年代ファッション見たさに観続けることができたようなものだった。
しかし、後半は撃ち合いあり、格闘あり、大自然の中でのカーチェイスあり、拷問ありでアクション色が濃くなった。
米CIA、ソKGB両スパイは、「世界を救いつつ必要なら相手を殺せ」との命令を受けた禁断のスパイチームを組んだ。
スパイチームとして同じ任務を遂行するなかで、お互い命を救われ情が移るストーリーで、観る視点として、どのように相手を殺すことを回避するかに注目がいくが、大それた出来事が起こった結果としてではなく、さりげない行動でお互いが殺さないとの選択をする展開が素晴らしい。
その結果、ラストでスパイ組織「UNCLE」が結成され次の任務が始まったので続編はあるだろう。
映像が全編通してスタイリッシュ。
Know

Knowの感想・評価

4.5
アリシア・ヴィキャンデルかわいい
エリザベス・デビッキ人間離れした美しさ
MisoLee

MisoLeeの感想・評価

4.4
米 露の国を擬人化した感じが 面白かった^ ^ チャラアメリカンか、硬派なロシアンか.. バディやのに 対抗心持ってる けど徐々に絆が生まれる感じ 最高★

アリシアが美しすぎます;>
前に一度途中までみて合わないと思いやめたけどしっかり観たらすごく良かった!

米ソの工作員の協力っていう設定から面白いし音楽に合わせたアクションなどもおしゃれだった!特にエマニエル夫人のところ最高!!

シリアスな雰囲気の中にコメディ要素があるとキャラクターにも親しみやすくていいなー二人の掛け合い良かった

アリシアヴィキャンデルがとにかく美人すぎた!続編早く観たい!
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.4
音楽もサクサク進む展開も良かったけど、スタイリッシュな演出だとハラハラドキドキしなくて物足りない感じ。
いつも敵役のソ連と手を組むスパイ映画。
冒頭のカーチェイスが好き
アミハマとカヴィルに萌え〜言うてたら終わってた

久しぶりにガイリッチー映画観たけどクソたるい所とクソおもろい所が10分おきくらいにくるのは相変わらず
ガイリッチーが撮ってるから当たり前だけどもうなんかガイリッチー映画の総まとめみたいな感じになってたな……全部入ってた……すき……
微妙にギャグっぽいスパイモノ。もーちょいアクションパート見たかったかなぁ…。格闘とかさ、ドンパチとかさ。
もも

ももの感想・評価

3.8
最初はよくわからなかったけど、見るうちにだんだんはまっていって面白かった!!!
おけい

おけいの感想・評価

3.8
アメリカとロシアのスパイ同士が手を組むという、普通じゃありえない設定だけど、小気味良いリズムに乗って、テンポよくストーリーが進む。スタイリッシュでおしゃれ。ガイリッチーらしい。

主役の2人は文句なくカッコイイ

観てる途中で帰ってきた夫が、夕飯を食べながら随分古くさい映画だねって言ってたので、時代背景と昔のスパイ映画に使われるそうなレトロチックな音楽のせいかな
>|