Yukiko

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密のYukikoのレビュー・感想・評価

4.0
2018年6月11日
『イミテーション・ゲーム』2014年制作
監督、モルティン・ティルドウム。

誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる事だってある。

これは第2次世界大戦中に、イギリスの数学者がドイツのエニグマという
暗号を解読する過程で、今でいうコンピューターの元となる機械を
作り出した実話である。

数学者の名前はアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)。
イギリスの諜報機関内で仲間達と解読作業をした。
その作業は戦時中も戦後も極秘とされ、世間に知られる事は無かった。
そのためチューリングら関与した仲間達はその功績に見合った評価を
受けることなく、不遇の日々を送る事となった。


ベネディクト・カンバーバッチさんの透き通ったような瞳を
観るたび、くらくらするような目眩を感じそう。

チューリングの不遇なその後の人生…
今現在に生きていれば、治療を施されることもなかったでしょうに。
神経質で繊細そうなチューリング、どこか変人のような、
プライド高い天才肌、でしょうか?

ベネディクト・カンバーバッチさんと言えば『ドクター・ストレンジ』
おもしろかったよね🎵
『ドクター・ストレンジ』とはまた違うカンバーバッチさんが
観られますよ❤