イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

Watson

Watsonの感想・評価

3.6
思っていたほど面白くはなかったかな。
もっと派手で驚きのあるものを期待していた。内容としては、暗号を解けば戦争に勝てるというもので、見事解読できたんですね。過程は見応えあるのですが、解いた瞬間はそこまでインパクトはない。世界を救う神的存在だったのは事実だし、実話らしいですからね。
良かったのは、主人公の人格の設定でした。変わってる人ほどその人にしかできないことがある、素晴らしいなぁ
興味深い
そしてとても悲しい話であった。アカデミー賞作品賞候補に挙がったのも納得。脚本納得。タイトルに納得。ぞくっとした。

チューリングテストってこの人なのね。。そして戦争というか人の色んな意味での業は深い。。
ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.8
3つの時間軸がとても面白い。
実話。本当にこんな事をしていた天才がいたのかと思うとワクワク、痺れる。
yuse

yuseの感想・評価

3.8
第二次世界大戦時にドイツのエニグマ暗号を解読したアランチューリングという数学者の話。

普通でない人間の功績で現在の世の中が成り立っているというフレーズが心に響いた。戦争色の強い映画と思いきや、アランの同性愛といった人間性も細かく描かれていて良かった。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

4.2
難しい話だったが、深く考えさせられるストーリーだった。
ジェンダー問題も絡んでいた。

天才がいるからこそ私たちの今の普通の生活が成り立っていると実感。
最後のキーラが彼にいう台詞のところは泣ける。

天才だからこその苦悩を知ることができた。
TAICHI

TAICHIの感想・評価

4.7
サスペンスかなんかかなぁと観る前はそう思っていたのですが、いざ観て観ると1人の孤独な天才の人生がそこには描かれていました。

コンピュータの原型を作ったアラン・ヒューリングという男のつらく、悲しい人生を辿った物語。ドイツの最強の暗号エニグマを解読すべく天才数学者のアランが彼なりに人間関係などに苦戦しながらも努力していくのだが、この映画には同性愛、人の命の価値、戦争、などの様々なテーマがあらん自身の人生を辿っていく形で表現されている。

観終わった感想は時代の流れに逆らえず、孤独になってしまったアランの生涯がとても悲しく切なかったです。

とても考えさせられた作品です。
ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
凄かったです…!!
実話!やっぱり山あり谷ありの真実は見応えある!!!エピローグを読んで涙出そうになりました( ; ; )グッときました。時代って残酷だ…誰が誰を好きになったっていいじゃないか…。

第二次世界大戦に隠された真実。50年間も国ぐるみで秘密にしてきたものを映画化したのはなぜなんだろう。(調べろ笑)本当に天才すぎて、これが実際起きたことだなんて思えないくらい凄かったです!!
こんな短時間に凝縮しきれないくらい苦労や葛藤がたくさんあったのも見てたら分かるし、物凄い偉業を成し遂げたのも分かるし、ようやく讃えられるようになって、もっと多くの人が彼のしたことの凄さを知れたらいいなぁと思いました( ; ; )!!
msk

mskの感想・評価

3.3
暗号解読だけがメインと言うよりは、暗号解読とそれぞれの人間模様を描いた作品。なんとなく派手なストーリーを期待していたことと、若干暗い話なので暗い話が苦手な自分からするとこの評価。でも実話に基づいた話らしいのでそこまで大胆な演出等ができないのも仕方がない
エニグマ解読プロジェクトと「クリストファー」=コンピューター開発、天才の孤独、同性愛、女性の闘い、スパイ、秘密、「普通」でないこと、神の視座に立つこと。いくつもの問題が層をなし絡み合い同調する。よく映画としてまとめたと思われる面もあれば消化不良の面もある
この作品のレビューをまだ書いていなかった
自分に、まず驚く。

2015年公開作で、僕的にベスト2の作品。
大傑作。
(ベスト1は、マッドマックス怒りの
デスロード、ベスト3は、インサイド・ヘッド)

素晴らしい構成力に、観ている時から
鳥肌が立つ。脚本の教科書があったら、
すぐに載せるべきで、この作品の持つ
構成力は、若い脚本家、映画監督は
手本にした方がいいとさえ、思う。

そして、やはりカンバーバッチは上手い。
映画の冒頭から、しっかり、嫌な奴で、
しっかり変人だ。
アラン・チューリング。
世界を救うこと以上に、仲間をつくること、
仲間と酒を酌み交わすこと方が、
はるかに困難に思えるような変わり者。

映画はアラン・チューリングの人生を
行ったり来たりする。
それはまるで、彼の人生という暗号を
解読するかのように。
あぁ最高だな、このストーリーテーリング。

カンバーバッチ、最高でした。
キーラ・ナイトレイも最高でした。
そして、脚色を担当したグレアム・ムーア。
最高の脚本と、アカデミー賞でも
語り継がれるであろうスピーチ、

素晴らしかった。
>|