イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

りんごと青酸カリの伏線、スパイを黙認していた理由、政府が50年間に渡り機密にしていた理由など調べるとゾッとした。。

天才であるが故に孤独で、同性愛者であるが故に拭えないコンプレックス。
アラン・チューリングの人生こそがイミテーション・ゲーム(自分が人間であるという確信を求めている)だったのではないか?
寿都

寿都の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

つまり戦争がなければコンピューターの進歩はかなり遅れていたということかな。祝・富岳世界一位。
ミステリーでよくみられる、全く無関係に思える世間話がきっかけで探偵が難事件を解明する瞬間。これには毎度、そんな都合いいことあるかいな〜と思ってしまうのだが、あのパブでの出来事は史実なのだろうか?

世の中に功績を認められたい、というのはたぶん凡人の発想なのではないか。そんなことはどうだっていいとか、むしろ知られたくないという美しい思考をするのが天才・変人のこれまた素敵なところ。
リーダーに任命された瞬間(本当だとしらチャーチルすごすぎない⁈なんて手紙に書いたのか回収してほしかった)、躊躇なく無能を切るシーンがすこ。

ひろゆき(西村)がオススメしていたので観ることができた。これからAI社会を生きていく我々にはマストな偉人伝記だ。
同性愛者を罰する法が過去になかったことは日本の誇りだ。頭の悪すぎる法律で、英雄であり大天才を去勢してしまったイギリスの大恥さらし映画。
IT、反戦、LGBT、いわゆる発達障害者への理解、識者の邪魔をする無能な政治屋問題、などを一挙に包括していて教育にも便利な一本。人と違っていい、ではなく人と同じは嫌!というメッセージ性をもつ作品は意外とないのでよい映画だった。
り

りの感想・評価

4.2
この天才、生きにくかっただろうな〜
相手の気持ちを汲み取るとか、思いやりを持った行動をとるとか、そういうことが一番苦手だっただろうけど、偉業を成し遂げる過程でそういう場面があったのが良かった。🍎
五十嵐

五十嵐の感想・評価

4.8
人と仲良くする必要なんてないとか色々と焦ってしまう人に良い映画な気がする。あらゆるところに感動して胸がいっぱいになった。初めてAmazonのレビューを見て感動した。基本は見ない方がいいけど
Na

Naの感想・評価

3.9
所々、天才たちに置いてけぼりにされるようなスピードで話が進む。見てよかった。
nemur

nemurの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

天才数学者で暗号研究者(?)であるアレン•チューリング(ベネディクト•カンバーバッチ)が、第二次世界大戦中にドイツ軍が使用する暗号機エニグマによって生成される暗号の解読にあたり、英国の勝利に貢献する話。

エニグマを人の手によって解読しようとしても天文学的な組み合わせがあり不可能なため、チューリングは暗号解読マシーンを作るのだが、コンピュータが存在しない当時は周りの人々がその力を想像もできなかったため、理解を得られず苦労する。同時にチューリングは天才ではあるが偏屈な性格のために同僚ともうまくいかない。しかしクロスワードパズルによる採用試験で数学の天才である女性(キーラナイトレイ)を雇い入れてから、彼女が有能なだけではなくアランと周りの人との橋渡しとなり、やがて同僚もアランの目指すものを認め協力するようになる。あと少しで成果を出さなければ研究が打ち切られると追い詰められた時、飲み会でひょんな会話からヒントを得て、ついにエニグマの解読に成功。この功績がなければ戦争はもっと長く続いていたと言われているらしい。

ただ暗号を解くという話ではなく、チューリングと同僚たちの友情や関係も面白いし、天才たちの大きな功績は極秘とされその後50年近くは世に知られることがなかったということ、その功績が正当に世に認められる前にチューリングが同性愛者であることから有罪となり自殺に追い込まれることなど悔しい事実もあり、見所が多い。天才の苦悩や時代背景など複雑な設定の中でカンバーバッチの演技の素晴らしさが光る素晴らしい作品。

チューリングがこのマシーン(今のコンピュータの基礎となる)につけたクリストファーという名前が好きだったクラスメイトの少年の名前だというのも、切ない。

ただクロスワードパズルでどうやってその辺の天才を見抜けるのか、さっぱりわからない自分は、もう少し勉強しなおしてからもう一度見たほうがいいのかもしれない
あい

あいの感想・評価

3.8
泣いた。おすすめ映画。また10年後に見たら違う感覚になるかな。
あ

あの感想・評価

5.0
面白かった!
いい人たちに巡り会えてよかった!
これすき!人に勧めれる!
目が離せない映画

歴史に関する映画は素晴らしいものが多いと思う

このレビューはネタバレを含みます

スパイの件と、人命を左右する選択を一瞬で決定した場面が印象的。

高圧的で、仕事を全うした人を認められない軍が酷過ぎてイライラした。
>|