イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

santasan

santasanの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

チューニング博士は「時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる」を地でいった人なんだろうな。コミュニケーション障害で周りと同調できない、そして自分は成果を上げると信じて疑わない。天才とはそういった異端の人たちから生まれるんだろう。今では家庭にパソコンがあるのが当たり前だけど、戦争での暗号解読機という目的があってコンピューターが発展したことは知らなかった。また同性愛者が受け入れられない時代があったことはわかるが、犯罪とされていたことは知らなかったなぁ。
ShoheiKuze

ShoheiKuzeの感想・評価

4.0
【参考記録】
カンバーバッチの魅力満載。演技力に驚かされます。
まゆ

まゆの感想・評価

-
人間の大半は凡人だから突き抜けた天才は生きにくい
komezo

komezoの感想・評価

-
コンピュータの父はノイマンと称されるが、プログラミングを学ぶ側としてはチューリングの思考こそ父である
時代が時代なら彼の思考により現代は大きく進化していたと考えさせられる作品
waon

waonの感想・評価

3.5
彼は天才だ
我々はそれをコンピュータと呼ぶ。に鳥肌たった。
頭がいいと人生得すると思ってたけど、損する事もあるという事を少し感じた。
きっと選択枠が増えるんだろうね。
人生において選択枠が少ない方が幸せらしいね。
Kenji

Kenjiの感想・評価

4.0
アラン・チューリングの人生を描いた話。
理系の人は見て損はしない。
数学系の要素も強く面白かった
終戦の裏には 様々な人が関係している その終戦にする中心的な人達の話

とても面白かったねぇ

難解が解けてスッキリする感じがたまりません
masatan

masatanの感想・評価

4.0
こういうすっごい好き。周りから変人と扱われていた人間がすっごいことをやり遂げる話。めっちゃいい本当に
カンバーバッチ苦手だったけど、なんかこういう天才というかアスペルガーっぽい役に合ってるから、結構好き。

チューリングテストとかコンピュータを作った大天才のアラン・チューリングにめちゃくちゃ興味を持ったので、授業でプレゼンしたいと思います。

キーラナイトレイの役名のミドルネームがエリザベスなのは笑った
Ken

Kenの感想・評価

3.7
思ったよりも同性愛者の心理描写が多く、それがまたよかった
ラスト、いろいろと切なくて泣きそうだった。最高。
>|