イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

まNASU

まNASUの感想・評価

3.8
嘘によって傷つき傷つけ合う物語
嘘を付くか付かないかが人間と機械の違いかもしれない
3つの時間軸を組み合わせた複雑なプロットによって徐々に謎が明かされるのが素晴らしい
理解されない天才を演じるカンバーチッチさん迫真の一作。戦争を側面から捉えてるけど、戦争の非情さ、攻撃されるとわかっていても助けられない歯痒さが描かれてて面白かったです
せな

せなの感想・評価

4.1
とても面白いです。のめり込んで観てしまい、あっという間でした。
オススメです。
Dodoriasan

Dodoriasanの感想・評価

4.3
周りからは、変わったやつだへんなやつだと思われている男が、偉業を成した、、、
時間とともに心を開いたり、手を取り合うシーンが感動的でした。
時代によって差別みたいなのでがあったりととても勉強になる映画でした。
Rei

Reiの感想・評価

4.4
学校の先生に勧められて観た。ベネディクトカンバーバッチの演技がすごい。
違う視点からの戦争の話でとても面白かった。
taka

takaの感想・評価

3.9
ベネディクト・カンバーバッチの演技がとても素晴らしかった。
銃撃戦だけが戦争ではない。と考えさせられる映画だった。数学の力で戦いを終わらせる。純粋にカッコいいなと思った。
暗号を解読して終わりではなく、その後に生まれる「解読がバレない為に誰を助け誰を助けないか」という道徳的な葛藤まで描き切る。戦争がシュミレーションゲームに感じる残酷さが際立ってみえた。
チューリングも凄いけど、ドイツ軍の暗号エニグマも凄いなと思った。ある意味でこの両者の戦いがあったからこそ現在のコンピュータが生まれ文明が繁栄している事を考えると色々感慨深い。
YukiUchida

YukiUchidaの感想・評価

4.7
頭脳を使って戦略的に動いている人達がいた。
この人達のお陰でイギリスが勝利に導かれたといっても過言ではない。
違う角度からの戦争映画だった。
「コンピュータ」という概念が無い時代にコンピュータを作った、、って、冷静に考えたらヤバすぎる。
ほんのり切なくて、いい意味で思ってたよりも重めの映画だった

SHERLOCKを観ている合間に観たから混ざるかな?と思ったけど、ベネディクト・カンバーバッチの演じ分けが凄くて全く気にならなかった
ワタル

ワタルの感想・評価

3.9
ベネディクト・カンバーバッチという俳優の存在は以前から知ってたが出演作品を見るのはこれが初めて。想像以上に素晴らしい役者だった。

ストーリーは硬派で派手さは無いがそこが好き。
Cleo

Cleoの感想・評価

4.4
学ぶことがぎっしり詰まった映画。歴史映画とは言い切れない絶妙なドラマ感がとっても素敵でした。
>|