イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

Kittens

Kittensの感想・評価

3.8
アラン・チューリングという人物を恥ずかしながら知りませんでした。

実話ベースとしながらも最後の終わり方がお粗末すぎると思ったけど
当時のイギリスは同性愛者に対してそのような仕打ちを行なっていたのね

そのことが映画の内容よりもショックだった
Kyle

Kyleの感想・評価

4.2
期せずしてビューティフル・マインドと2本続けて孤独の天才ものを選んでました。個人的には圧倒的にこちらが好きです。趣向が全く違うので比較するもんじゃないかもですが。

天才数学者のアランが暗号の解読に向け延々と苦悩しますが、その描写が鬱々とし過ぎないのが良かったです。パートナーのジョーンの明るさに加えて、バラバラだったチームが同じゴールに向けて団結していった展開のおかげだと思います。バーでヒントを得たアラン達が皆で一斉に研究室にダッシュするシーンは、観てるこっちも興奮しました。

セリフも印象に残るものが多かったです。ジョーンの「あなたが普通でないおかげで、世界はこんなに素晴らしい」は、普通の人生を生きられなかったアランを救う一言だったと思います。

ただ物語の性質上、一回で全部を理解するのは到底不可能でした。歴史の勉強もし直した上で、いつか観直したいです。
ふじう

ふじうの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「時に誰も想像していなかった人物が誰も想像していなかった偉業を成し遂げる。」

天才を題材にした作品
天才たちの考えてること、やってる事仕組みはぶっちゃけ理解できないけど、天才もみんなやっぱり人間なんだなって共感できる💡

コンピューターを誕生させた人。
初恋の相手クリストファーに、愛してる。と伝えられなかったもどかしさ。
最後、ひとりにしないでくれって泣いたシーンが忘れられない。

クリストファーとの思い出を胸に旅立っちゃったんだろうな。切ない。

エニグマ解読が主なんだろうけど、主人公アラン・チューリングの心の葛藤、クリストファーとの思い出が主に感じた。

エニグマの暗号解読、これを元に戦争を勝利へと導いたことは、戦争が終結しても50年間国家機密として守られてきた。

天才と変人は紙一重。天才は孤独。
高校の時に進学コースで数3を選択してるのが自分含め3人しかいなくて、自由登校期間の時この映画を見せられた。
最後に紙燃やすシーン印象残ってる。
決してフューチャーされることがなかった(出来なかった)人物の物語。戦争や人権問題など、当時の息苦しい人生を考えさせられます。
そして、何回か鳥肌が立つ瞬間がやってきます。天才が故の結末でした。
shiho

shihoの感想・評価

4.5
パズル解いてく流れのなかで、歴史とか人間関係が絡んでて面白かった!
戦時中の英国の、ちょっと薄暗くて重い雰囲気も良かったなあ。
これ事実に基づいた話なのか。すごい。
そしてカンバーバッチ様、演技上手い。
中村豪

中村豪の感想・評価

3.9
よかった~!
パソコンが生まれたルールが戦争だったなんて・・・・
ただの暗号解読成功劇じゃなくて、主人公アランのヒューマンドラマとして描かれていて、いい意味で期待が裏切られた。

天才ゆえの孤独とか葛藤がうまく表現されてると思う。

所々理解しきれないところもあったから、もいっかい観たい!
ベネディクト•カンバーバッチほど"孤高の天才"役が似合う男はいない…。
めちゃくちゃ素晴らしい演技だった…!

映画観終わって久しぶりに泣いた。
タイトルや予告、ポスターから想像する話とはちょっと違ったけど、めちゃくちゃいい映画だった。
全然違う映画引き合いに出して申し訳ないけど、"ショーシャンクの空に"観終わった後と似たような感覚になった…

ヒロインや仲間もよかったし、最低限のキャラクターの人数であの時代の英国を取り巻く環境を描けていたと思う。
そのお陰でアランの魅力的なキャラクターが際立っていた(天才ぶりはあまりフィーチャーされてなかったけどこの話の雰囲気ならあまり必要なかったかも)。

同性愛者や女性(ヒロインは恵まれていたけど)というだけで蔑視されたり罪だとされていた時代を目の当たりして、その様を"異常だ""こんなことあってはならない"と感じられることを大事にしたいよね…。

髪の生えてるマーク•ストロングをマーク•ストロングだと認識することができない…
景

景の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画でここまで心を揺さぶられたのは久しぶり。アランを始めとした登場人物、演者、台詞のチョイス、引き込まれるストーリー、何度も流れる悲壮感の漂うBGM、これらすべてが高水準でめちゃくちゃ面白かったし、何より私の好みに合致した。いやもーほんっとーに好みだったんだよな。ハイクオリティで面白い、てのはもちろん重要なのだけど、自分に刺さるかどうかは私にとってはもっと重要なので、面白くて好みの作品に出会えたのは最高すぎる。鑑賞中は幸せだったな重いストーリーなのに。

見る前は難しそうだなと不安になったし、実際序盤は話についていくのがしんどかったけど、アランの魅力にすぐやられて引き込まれていった。孤独で寂しい人、てのが私にはぶっ刺さるので、この作品に夢中になるのは当然だったんよね。アランに多大な影響を与え、親友であり信頼できる仲間でもあったジョーン(彼女と婚約するのがまたいいよね)、最初は反発していたけど徐々にアランを信頼するようになったヒュー、アランとみんなの間の緩衝剤のような人かと思えば泳がされていたソ連スパイだったケアンクロス、軍の非情さを体現するかのようなミンギスと、アランを取り巻く人々も良かった。最初は暗号解読にフォーカスを当てた作品だと思っていたので、こんな人間ドラマが堪能できるとは思わなかったな。

エニグマ解読の瞬間はかなり熱かった。人間を超えるエニグマに対抗するにはマシンしかないのだとマシンを作って、でも解読の最後の決め手になったのは愛で、それに気づけたのが心の機微を理解できないアランだったからこそ、てのがもうぐわーっと来る。

そしてアランがマシンに「クリストファー」と名付けていたのが泣ける。学生時代のアランが、クリストファーが病死したことよりも、結核にかかっていたのだと知らされてなかったことのほうにショックを受けていたのも切なかった。結末も予想出来たとはいえ、孤独な人の最期があんまりにもあんまりでやり切れない。ただ、最後に彼の功績が現在につながっていることを告げる一文が入るのは鳥肌が立った。大満足の一言。

気になったのは三つの時系列が入り混じる構成で、これは苦手なのだけど、刑事と取調室、学生服、その他、で判別出来たので何とかなってくれた。

ところでベネディクト・カンバーバッチは今回初めて知ったのだけど、演技はもちろんミラ・ジョヴォヴィッチ並みに名前も好き。なんかいいよねカンバーバッチ。
>|