イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

烏龍茶

烏龍茶の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
ジョーンをスカウトした時の、時として名言がクリストファーから受け継がれてるのがアツかった。
でもマシンの名前がクリストファーって言ったあたりから若干の凶を感じさせて手なんとも言えない。
哀しげな終わり方が心に刺さる。
ベネディクト・カンバーバッチの天才変人の演技がとても上手くて、いろいろ真実に気付いてジョーンだけでも無事にいて欲しいと行動した時の不器用さとか凄い上手く演技出来てた。
作中のアランはもちろん頭がいいから論理的ではあるんだけど、じゃあ感情のないマシンなのか?って言うとそうではないのを仄かに感じさせる演技がすばらしと思いました。
後、最後尋ねてきたジョーンの指輪の下りではぁーんってテンションが下がったあたりまだ自分が失恋から吹っ切れてないのを感じました(チラシの裏)
後、湯船に浸かりながらタブレットで見てたんだけど、面白くて最初から最後まで湯船に浸かりながら見てました、疲れました(笑)

この方の事を詳しくは知らないのですが
壮絶な人生だと感じました。
その中での偉業。尊敬します。
教えてくれ
私は何だ?
私は、、マシンか?人間か?
戦争の英雄か?
犯罪者か?

私には判定できない

なら、君は
私の助けにはならない

あなたが普通じゃないから
世界はこんなに素晴らしい

時として誰も想像してないような人物が
想像できない偉業を成し遂げるのよ
新田畳

新田畳の感想・評価

4.3
やっぱり映画はいい。

既成概念で凝り固まった頭を解して、今見ている世界だけが真実でないと気づかせてくれるからだ。
同時に、大人になると自己を形成してきたものの中に、「疑うことなく加担した悪しき常識」も多く含まれていたことに気づかされる。

さまざまな芸術作品に触れることによって生まれる自己批判と反省は、人生をより良くするためにも重要なものであるのは確かだ。
だが、自己批判がエスカレートして自己否定に陥ったり、「愚かさを認めたくない」がために自己防衛に走ったりしてしまう事も、極たまにだがあるのも事実だ。

そういった場合の心の扱い方も、この先歳をとるに連れて難しくなっていくのだろうか…なんてことを今回は特に考えた。
NMaru

NMaruの感想・評価

4.1
実在した天才、チューリングのヒューマンドラマ。こういうの大好物です
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.3
第二次世界大戦の最中、イギリスで1人の天才がドイツの最高難度の暗号を解き明かす。
演出の力だろうか、ぐいぐい引き込まれて、ラストまで没頭した。
marimo

marimoの感想・評価

4.1
コンピュータの基礎を作った人物の実話に基づく話。

貴方が普通じゃなかったからこそ、より良い世界になった。
時には誰も予想しなかった人物が、誰も想像しなかった偉業を成し遂げる。

第二次世界大戦中、ドイツが使用した世界最強の暗号を解読する話です。
Know

Knowの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アルツハイマーの天才という役をカンバーバッチがうまく演じていた。とくに、彼の碧眼で表される戸惑いや閃きといった感情が多くを語らない(語れない?)主人公の内面を良く表していた。

何かに対してここまで情熱を傾けられ、その情熱にかえされるものがあるというのは幸福なことなのだろうと思う。そして、それを理解してくれ、支えようとしてくれるひとがいることも。ただし、それがあればしあわせということでもないのだろう。

天才ゆえの、同性愛者ゆえのいわゆる一般と異なる場所にあるがためにあらゆる苦難にさらされた彼の運命の、最後の救いが永遠の眠りだったというのが悲しい。
ベネディクト・カンバーバッチという俳優に惚れるきっかけとなった作品。
実は予告編もほぼ観ずに、おススメされて題名だけで観に行った…
そしたら、まぁ!カンバーバッチの演技力!!
そして普段の戦争物を題材にした映画とは違う緊張感や悲しみ。
いろんな人の感情が俳優さん達の演技や演出によりすごく丁寧に表現されてた。

過去の出来事を学ぶためにも観るべき一本だと思う。
千悟飯

千悟飯の感想・評価

4.3
圧巻の一言に尽きる
コンピュータを作ったともいえるくそでかい事を戦争中にやり遂げ、そのおかげで戦争に勝つなんてリアル凄すぎて鳥肌。時系列もばらばらでくそ考えさせられるが、それもまたこの映画らしい。ラブストーリーもしっかりしていて、一つ一つの言葉に意味が深すぎる。
誰も予想していなかった人物が、誰も達成できなかったことを成し遂げる。
これは、スティーブ・ジョブズも似たようなこと言ってた。
>|