イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

みずき

みずきの感想・評価

3.7
想像と違って飽きることなく最後まで楽しめた。
影の天才のおかげで国が救われるのはすごい。
antares716

antares716の感想・評価

3.7
カンバーバッチ繋がりで鑑賞
大戦中の生きにくい世界でもがく天才たち
犬太

犬太の感想・評価

3.8
史実系の中でも結構ワクワクするやつ 暗号解析機どうなってんのこれ???
ともき

ともきの感想・評価

4.5
めっちゃ良かった。
音楽もめっちゃ良かった。

音楽が良くて、エニグマ解けたー!みたく盛り上がっちゃうとそれだけで泣いちゃう。

話も面白い。脚色賞授賞は納得。
ベネ様はやっぱすごいんだなー。
スタートレックなんかはもうカーンの印象しかないくらい完璧だったし。ちょい役で出てても存在感がある。

飽きることなく最後まで観れちゃうし、ラストのキーラとの対話とかもうボロ泣き。
エンドロール前のその後の彼の話と音楽でびちょびちょ。笑
サントラ欲しい。
Tamai

Tamaiの感想・評価

3.8
もうちょっと時間を延ばして時代や各登場人物の背景、エニグマとはなんぞやってのを掘り下げてほしいと思ったけど面白かった。
aizou

aizouの感想・評価

4.0
想像を遥かに超える面白さだった。
簡単に言えば暗号を解読するってだけの話なのにとにかく展開やそれぞれの人間模様に惹かれる。
大学でチューリングマシン関連についてはしつこく教えられたのもあってクリストファーから目が離せなかった。
Yumarker

Yumarkerの感想・評価

4.2
英国政府が50年以上隠した、天才数学者アランチューリングの真実の物語。
イミテーションゲームとは?
1951年空き巣の通報がありある家に捜査に行く警察。そこで訪問した家、天才数学者アランチューリングと出会うが何も取られてないと言い張る彼に疑問を持ち捜査していくうちに衝撃の内容を知ることに、、、。
1928年、今では天才数学者で昔から暗号解読が好きだったアランは海軍で、絶対に口外してはならないドイツ軍の暗号機エニグマの解読に集められた仲間と解読するが堅い性格から孤立してしまう。
果たして暗号解読で戦争の被害を最小に抑えられるか。
たなか

たなかの感想・評価

4.2
デートに大遅刻してブチ切れられる寸前で、いそいそと映画館に入り、観たこの映画が面白かったおかけで、なんとか助かった。
誰が興味あんねん。
Noriko

Norikoの感想・評価

4.5
2年ぶりの鑑賞..!

天才の孤独っていう部分では
ビューティフルマインドに近似してたけど、
チューリングとナッシュは末路で大きく二手に別れちゃったんやなあ
ichiko

ichikoの感想・評価

4.0
第二次世界大戦の映画をここ1年で何本か見て、本当にたくさんのドラマがあったんだなと感じる。
その頃の日本は「この世界の片隅に」なのに、イギリスでは女性もパブでビールを飲んでタバコを吸う時代。「ダンケルク」「チャーチル」の影にはエニグマが、そしてチューリングが存在していたのかと思うと、また物語がぐっと厚みを増しますね。
彼の生い立ちと戦後を交錯させるストーリー展開にひきこまれました。
いい映画を見ました。
>|