イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

あなたが普通じゃないから世界は素晴らしい
何千万人の命を救っても、周りにそう言ってくれる人がいなければ人の孤独は拭えない
ノンフィクションも大戦中を舞台にした映画も好きだからすごくおもしろかった〜〜
伏線がガツガツ張ってある映画なのかな〜と思ってたらまさかの事実に基づいた映画だった。ドキュメントではなく、表現するこういう映画好きですね〜〜単純に面白かった。キーラナイトレイも死ぬほどかわいかったしね!
インフェルノみたいな感じかなと思って内容を全く知らずに見たら予想外だった。
戦争系はあまり好みじゃないけど、戦争メインという感じではなかったから良かった。実話を元にしていて、これが何十年も隠されていた事実と思うと、言葉にならない感じ。
エニグマを解読し、戦争が終結し、最後の最後の結末が残酷で悲しくて胸が痛くなる。
シン

シンの感想・評価

3.6
先日ドラマのシャーロックを観たため鑑賞。
どうしても比較してしまうためシャーロックほどの展開の緩急と演出の面白さはなかったがその時代の雰囲気を捉えつつ社会問題を絡めた良い映画だった。
newyorker

newyorkerの感想・評価

3.5
コンサルタントの方のおススメとして鑑賞。エニグマを開発した段階で人口知能の時代に突入したのか…
S

Sの感想・評価

3.9
こんなお話だと思ってなかった。
同性愛が罪だ、という時代があり、それを抑制する方法が...
あまりにも悲しくて、胸が痛い。
もっともっと同性愛に対して、世界が寛大な心を持ち、受け入れるようになりますように。
観終わったあと、アラン・チューリングのことを少し調べてみて涙がとまらなくなった。

ベネさんの演技が光っていた。
涙を流すシーンが1番だった。
表情に少し少年っぽさがあってぐっときた。
hanazawa

hanazawaの感想・評価

3.8
こういう暗躍していた人たちにフォーカスした話すき。厳しい時代、理解されない時代の偉業物語。
エニグマの解読ということは、連合国軍としてみれば英雄、ドイツやイタリアから見たら要注意人物。では当時の日本からはどのような存在だったのだろうか。
しかし映画で語られているのは、アラン・チューリングを支えた人たちや、同性愛者への迫害などといったヒューマンドラマに仕上がっている。カンバーバッチはこういった頭はいいけど少し変わった人物がよく似合う俳優である。
さゆ

さゆの感想・評価

4.0
エニグマの解読までの物語だと思いきや、解読後こそ物語の真理が出てくる。解読直後のあるシーンが泣けます。当時の同性愛者の不当な扱いを我々は知らなくてはいけない。時代に翻弄された天才の歴史的事実を見逃さないで。
anju

anjuの感想・評価

4.0
カンバーバッチが主演しているというだけで、飽きずに何度も観てしまう。

普通じゃないから普通になりたい、普通だから変人になりたい。人間は無い物ねだりだけれど、そのままで良いということを認めてくれる人が周囲に一人いるだけで救われる……
>|