KUBO

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密のKUBOのレビュー・感想・評価

4.0
今日はアカデミーでは脚色賞を獲ったベネディクト・カンバーバッチ主演「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才科学者の秘密」を見てきました。
副題にもある通り、これは第二次大戦中にドイツの暗号エニグマを解読した天才科学者アラン・チューニングの物語。
孤高の天才科学者アラン・チューニング役にはカンバーバッチはこれ以上ない適役! 人付き合いが悪く、尊大で、クール。これって彼の出世作「シャーロック」とも重なる感じで、カンバーバッチファンは期待通りじゃないかな。
私にはこの作品、「風立ちぬ」なんかと重なって見えました。方やただ最高の飛行機を作ろうとした青年。方やただ難問があると解かずにはいられない数学者。戦争にどう関わるかなぞ主体的に考えて行ったことではなくても、その業績は確かに「戦争」そのものに大きな影響を与えていく。物語の終盤で彼が言う「私はヒーローか? それとも虐殺者か?」という問いからは「アメリカン・スナイパー」とも重なるテーマが垣間見える。
彼のエニグマ解読の研究は現在のコンピューター開発にもつながるそうで、人類は戦争の度に科学を進歩させてきたことは確かだろう。だから未だに先の大戦中の秘話を基にした映画は尽きないが、もうこういった話を生む「戦争」そのものが起きないことを願わずにはいられない。