mimocyan

博士と彼女のセオリーのmimocyanのレビュー・感想・評価

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)
4.0
ホーキング宇宙を語る…うちの父の本棚にもありました。ブラックホール、ビッグバンて言葉に飛びついたはいいものの、ぢぇんぢぇんわけわからず、読破もできませんでしたけど。

天才の頭の中を覗くような映画ではない。あるのは彼と彼女の出会いと別れ。愛はやはり物語ですね。その道がひとつであれ、枝分かれしているものであれ、ある一点の始まりから続いている。
ビッグバンからはじまった多くの可能性と、膨大な秘密を持った宇宙の広がり。博士は神などいない、と言うけれど博士とジェーンの辿ってきた軌跡と、彼の最後の言葉にはロジックでは計りきれない奇跡と神秘によって繋がれた人間の物語を感じました。

エディ・レッドメインの演技は本当に素晴らしかった。病に侵されてからはもちろんのこと、それ以前のジェーンに出会った頃の彼も素敵だった。演ずる上でデリケートな部分もある役ですが、物真似のような軽薄さを一切感じなかったし、並々ならぬ真剣な姿勢で役作りに励んだことか伝わってきました。