博士と彼女のセオリーの作品情報・感想・評価・動画配信

博士と彼女のセオリー2014年製作の映画)

The Theory of Everything

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「博士と彼女のセオリー」に投稿された感想・評価

エディ・レッドメインの演技力さすが!
諦めず、夫を信じ続けた奥様の精神力と忍耐に感動。
もう一度、恋愛する行動力も感心。
T

Tの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

博士いいユーモア持ってる!
途中ピアノのお兄さんと疑惑のシーンあるけど俺はやってないと思う、ただただいい人やったと思う
あと、奥さんもすごくいい人でプロフェッサーまで取ってすごい!
あと、友人いいやつすぎ!

このレビューはネタバレを含みます

とにかくエディの演技に脱帽。
個人的にはジェーンと離婚しないで欲しかったけど、まぁ、現実はこうよね。
陽茉莉

陽茉莉の感想・評価

3.8
きっと一度では理解しきれない映画。
何年か経って大人になってまた観てみたいな。
「愛」ってひとつじゃなくて、そこにはいくつもの「愛」が存在したんだなと感じられてあったかくなった。
最初から愛の形が変わってしまっていても、I have loved youは本当にその通りで、その日まで愛はずっとあり続けた。みんながみんな愛を持って誰かと接してたんだなと。
エディの演技は凄すぎて語ることがもはやない。あの人は本当にすごい。ニュートもすっごいと思うけど、この映画も本当にすごい。もっとエディを知りたい!!!
あと本物の博士とめちゃくちゃ雰囲気似てるのもすごい(笑)

このレビューはネタバレを含みます

元々スティーブンホーキングさんの本が大好きで、それもおじいちゃんが私が小学生の頃に買ってくれた本。

泣いた。人生、いつどこで自分や家族が病気になるかなんてわからない。だからこそ今を大切にしたいと思った。同時にさまざまな理由はあれど、生涯一生共にしたわけではないところが、すごく現実的だった。私は愛し続けることができるパートナーを探そう👀
バニラ

バニラの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

理論物理学を研究するホーキングは筋萎縮性側索硬化症を発症する。
妻ジェーンと結ばれ家庭を作り、研究に人生を捧げる。
黒板に書く持ち手の筋力が無くなる所や歩行の具合がおかしい辺りからツラくて、転倒する場面ではヒヤリとした。
余命2年は絶望、エディレッドメインの鬼気迫る演技に目が離せなかった。
病の進行はツラすぎた。
フェリシティジョーンズも素晴らしくて、2人の演技を観る作品。
日本語吹替えで観賞した違和感なかった。
ネタバレ。

ジョナサンとの関係は難しさあったと思う、エレインにも助けられての幸せに。
ラストのペンを拾うシーンには考えさせられた。
実話をしっかり描けてたと思う。
高得点。
幸

幸の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホーキング博士はALSに侵されながらも研究に、愛にと人生を楽しんだ。
彼はとにかく頭が良い。
病気がかなり進行し、指の先しか動かせないような状態になってもスペリングボードを丸暗記し、会話に不自由しなかったし、悲観的になることなく研究を続けるような気概も持ち合わせている。

で、彼をずっと支えていたのがジェーン。彼女はホーキングの病気を知っても決して傍を離れなかった。

しかし現実は大変で、ホーキングを介護しながら子どもを育てる彼女は日に日に参っていたのかもしれない。
基本的にはホーキングを暖かく見守っているのだが、たまに見せる不安気な表情が怖かった。
2人にこのまま別れてほしくないと思うし、別れた方が良いのではないかとも思った。(矛盾したこの気持ち伝われ!)

唐突に別れが来た理由に納得できない人たちが「ホーキング 離婚 なぜ」と検索しているが、私もその1人。ただ、納得はできる。

また、ゴシップになってしまうけれど、3人目の息子がどうにもホーキングの実子とは思いにくい。ジェーンがなぜ、ジョナサンに妊娠を伝えに行ったのかを考えると余計に。
どちらでも良いし、ジョナサンの子だったとしてもジェーンを責めるつもりは毛頭ないけどね。
たま

たまの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホーキング博士とジェーンの儚くて苦しい恋物語。
ホーキング博士はALSという難病で、徐々に体の筋力が落ち、最後は話すこともできなくなる。その姿はリアルで直視できないほどに辛い。そんな中でも、ジェーンの支えによって「時間」の研究に邁進する。
しかし、ジェーンと出会った時とは異なる姿や介護をする・されるという関係になり、互いの心境が変わる。そこで現れるジョナサンという新たな存在。それで生まれる三角関係は、互いが互いを尊重する姿勢が素敵でなんとも切ない。
しかし、ホーキング博士が本を出版しアメリカに行くと伝えたシーンは分かりにくい演出であったと感じた。ホーキング博士の考え、葛藤、また新たな介護士との関係性も伝えてほしかった。
難病を抱える人とそれを取り巻く人々の心情や葛藤を通し、生きる意味や時間の流れについて考えさせられる映画です。
Ru

Ruの感想・評価

4.0
ほぼ泣いてた
愛の形ってそれぞれなんだなと
綺麗な内容かと思ったら、わりと人間のリアルな部分が描かれていた

エディ・レッドメインの演技がすごすぎる
本当にALSかと思うくらい
th

thの感想・評価

3.6
エディレッドメイン凄すぎる!それに尽きる。
これ、ハッピーエンド?
>|

あなたにおすすめの記事