博士と彼女のセオリーの作品情報・感想・評価

博士と彼女のセオリー2014年製作の映画)

The Theory of Everything

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「博士と彼女のセオリー」に投稿された感想・評価

すずき

すずきの感想・評価

3.0
個人的には物語の終わり方があんまり好みではなかった。夫と離婚してすぐに違う男のところに行く妻。けど、主人公の男の演技力には感服です。
Y

Yの感想・評価

-
主演男優賞🤵🏼

映画と関係ないけど、
ホーキング博士の「もし未来にタイムマシンができてたら、私が未来からのお客さんを招く会を開いたら誰か来るだろう。来なければ、将来タイムマシンが発明されることはない」ってゆう実験とてもすき!


ホーキング博士が
亡くなってから観賞するとは、、、


ホーキング博士の実績などは
ストーリー上であまり理解は
できませんでしたが
ストーリーとしてあまり
そこは肝心ではないので
理解はしなくても大丈夫です



エディ・レッドメインって
演技力もすごいけど
作品に恵まれてますよね


日本人でたとえると佐藤健って
感じですわね

このレビューはネタバレを含みます


『博士と彼女のセオリー』
THE THEORY OF EVERYTHING

監督
ジェームズマシュー

出演
エディレッドメイン
フェリシティジョーンズ
エミリーワトソン

1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴンホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちる。やがてスティーヴンは筋萎縮性側策硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告されながらも、妻となったジェーンと家庭をつくり、子育てをし、そして自分が生かされている意味を全うしようとする。予期せぬ試練。きれいごとではすまない夫婦の現実。2人がたどり着く先は…。

伝記映画なのねん。余命2年が現在でも生きている事に驚愕した!!

次元を超えた天才博士👨‍🎓は、我々とは考えることが違う。

エディレッドメインの演技の恐ろしさよ…今の俳優はやることが違うわ…納得のアカデミー主演男優賞!!

ほぼ3分の2が動けない役なんて

ラストの時空の概念が彼の証明にスポットが当てられるかのよう

巻き戻しがそうであって欲しいと願うスティーヴンの創造の想像の産物…私には難しすぎて、スティーヴンと主にジェーンの苦悩の年月のほうがよりわかりやすい
( ´ ▽ ` )

追記

しかし、エディレッドメインのトランスジェンダーやら博士の話やら、本当はファンタジーを観たい件(笑)
KaNa

KaNaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初は凄いこと話してると思ったけど、理解難しいから、するのをやめて←

素敵な女性と出会い、惹かれあって、付き合って、、、突き放すけど…好きって、少ない時間でも一緒に居たいって言われたら…………一緒になりたいよね( ´・ω・`)


段々動けなくなっていくけど、奥さん献身的にお世話してたけど、、、やっぱりなーって。。

旦那さんのお手伝いしてくれるけど、旦那さんも好きになってるの気付いてたのかな。


なんだかなーって思うけど、互いに第2の人生を歩んで良かったとお、、思う
ル

ルの感想・評価

-
エディはんぱねえ、、、くるしい映画

最初のほうの2人が出会って好きになっていくところめちゃくちゃ好き
千里

千里の感想・評価

3.9
まさかの実話。
そしてとっても切ない…

彼女の強さや博士の優しさが胸に痛いけれど愛のある映画だと思う。
恋じゃないんだよな…愛なんだよなぁ………。
natsuco

natsucoの感想・評価

3.5
光と空気の色がきれい。
ジェーンの躊躇わない延命治療の判断がすごかった。ホーキング博士の最初言われていた余命は2年だったなんて驚いた。ふたりの気持ちの変化がサラリとしていて、もっと観たかった。きれいにまとまった感。
Riena

Rienaの感想・評価

4.5
実話だから救いのないストーリー。
エディレッドメインの表情が痙攣させる演技が焦りの感情をうまく表していて心に残った。
ナ

ナの感想・評価

3.9
いままで、2人が作り上げてきたもの。最後で、時が戻って行くシーンはジーンときた。
余命2年と宣告され何十年も生きたホーキングが命ある限り希望はある。と誰よりも説得のある演説で、とても感動した。

実話ということもありいい映画。

三角関係が辛かった。
ホーキングと別れてジェーンが一目散にジョナサンのところへ行ってキスするシーンは観たくなかった。
実際、介護や子育てで疲れて解放されたいと思っていたらそうなるものなのかもしれないけど、、、

ホーキング自身、ジェーンが自由になり自分のために生きてもらうことそれが一番の幸せと思って離婚を決断したのかもしれない。
2人が上手くいき一生を添い遂げて欲しかったが、障害があったために難しかったのかもしれない。


別れを決断するのも愛なのだろうか。
悲しくなった。綺麗ごとではない映画だった。
ジェーンの献身的な愛情。
切なくも素晴らしい愛の物語。
また、何年か後に観たい映画。
>|