博士と彼女のセオリーの作品情報・感想・評価

博士と彼女のセオリー2014年製作の映画)

The Theory of Everything

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちる。やがて、スティーヴンは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告されながらも、妻となったジェーンと家庭を作り、子育てをし、そして、自分が生かされている意味を全うしようとする。予期せぬ試練。きれいごとではすまない夫婦の現実。ふたりが辿り着く先は...。

「博士と彼女のセオリー」に投稿された感想・評価

エディ・レッドメインの演技、素晴らしい!
ホーキング博士は凄い人だなと尊敬する。
自分があんな病気になったとして、ユーモアを忘れずに生きていける気がしない。
つい先日、訃報があったばっかりやけど、いいお話やった。

エディの演技、表現すごいと思った。
ただただエディに魅了される映画でした。
8I

8Iの感想・評価

2.0
もっとちゃんと見るべきだったなと後悔

よく分からんことが多すぎたけど2人がお互いを愛する気持ちと思いやりが素晴らしかったなと
腕

腕の感想・評価

4.0
はぁ!なんで!!!と言っていたら、母に
「愛してるから解放してあげたんだよ」
と言われた。ふう。ほお…なるほどそういいうことなのかな…んん。
なんか最後ああやって巻き戻すの本当にずるい泣かないわけがない!!序盤のいくつもの美しい情景がなおさら切なさに追い打ちをかけてくる感じがキタ。姉妹で号泣。
随所随所で主演2人の心情が痛いほど伝わってきて、結構辛かった。手の震えとか、泣いてるのか笑ってるのか分からないような笑顔とか、目線とか、動きこそ小さいが強烈な演技がもはや恐ろしかった。
ジェーンの愛と意思の強さを見て、とても達観的な感想だけど、人間ってすごいな…と思った。人間っていうか…人を愛する人間?て言うべきか?
観終わってすぐだと全然まとまらないレベルの映画ですね、あとで編集しよう…
ホーキング博士の伝記、あるいはその妻の献身的な愛の記録ともいえるだろう。なぜそこまで献身的になれるのか、後に米国に移るとき彼女を置いていってしまうのに。博士のことが好きだったからだとしか言えないし、そこが理解できなければ他人にとっては分からない。その複雑な愛は端から見れば相対性理論と変わらないのかもしれない、それが博士と彼女の理論(セオリー)だったのかな

主演のエディ・レッドメインが若い時のホーキング博士そっくりだし、ALSの症状をよく演じられていてすごいなと脱帽。それだけでも観る価値はあるかと
C

Cの感想・評価

-
展開がおもてたんとちがう!だったけどエディレッドメインの演技がとにかく凄まじい。無限の愛って書いてあるけど愛の解釈は色々。
Runa

Runaの感想・評価

4.0
生きてる限り希望はあるらしい。
最後はすごい綺麗なまとめ方だった
エディレッドメインはリリーのすべてもそうだったけど難しい役柄がほんとにうまい
主人公の俳優さんの演技がすごいっていうレビューが多いのが観てわかった映画。
追悼ホーキング博士。博士を演じるイケメンのエディ・レッドメインが難病にかかり、段々病状が進行していく演技が凄い!アカデミー主演男優賞は文句ない。本物のホーキング博士にしか見えなかった!難病と闘う夫婦の愛情物語と見えて綺麗事に描かれてないのが良かった。えええ?って感じなんだけど奥さんが描いた本が原作で実話なんだから仕方ない。宇宙理論はセリフだけでよく判らなかったけど、インターステラー見ればいいのか?あれはアインシュタインだっけ?
まい

まいの感想・評価

3.7
なんて素敵な物語だろう。これが実話か…。
そして博士天才すぎ!!

エディ・レッドメインの卓越した演技には毎回驚かされますね。映像では、クラシックと光の映し方がとってもマッチしていてました。

最後、2人の人生を逆再生するシーンがまさに
“ TIME ”でした。
>|