博士と彼女のセオリーの作品情報・感想・評価

博士と彼女のセオリー2014年製作の映画)

The Theory of Everything

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちる。やがて、スティーヴンは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告されながらも、妻となったジェーンと家庭を作り、子育てをし、そして、自分が生かされている意味を全うしようとする。予期せぬ試練。きれいごとではすまない夫婦の現実。ふたりが辿り着く先は...。

「博士と彼女のセオリー」に投稿された感想・評価

yuyu

yuyuの感想・評価

4.8
エディの演技が本当に素晴らしくてホーキング博士の研究の裏側に感動する
かな

かなの感想・評価

-
記録用
最初のあたりのシーンのすべてがキラキラ輝いて見えた☺️まわるところがすきです
KYUN

KYUNの感想・評価

3.5
美しすぎる。
終始エディ・レッドメインの演技力に圧倒された。どの作品を見てもこの人はすごい。
終わり方には驚いたが、こんな形もあるのか、と考えさせられた。
hanaryo

hanaryoの感想・評価

4.5
泣きまくったけれど、観た後に温かいものが心に残る映画。決して悲愴になりすぎず、前向きな気持ちにさせてくれる作りになっている。
この作品を観てからホーキング博士について調べたりもした。素敵な方。最近亡くなられてしまったのが残念です。ご冥福をお祈りします。

エディ レッドメインの演技もとにかく素晴らしい。毎回彼の演技のリアリティには驚かされる。どうやって役作りをしているんだろう。
KarimF

KarimFの感想・評価

4.6
好きすぎて何回も見た。エディすごい。
映像も美しいし音楽もいい。

スティーブンホーキングにもっと興味がわく映画でした。
miri

miriの感想・評価

3.9
演技が素晴らしい、切ないところもあって泣ける
解説が欲しい笑 もう一回見て完璧に理解したいなー
なち

なちの感想・評価

3.3
解説求む。
これは映画だけでなく背景をしっかりと後追いした方が感動できそう。
エディは相変わらず素晴らしかったし、親友役の人かっこよかった…!
そして音楽が素敵
kijin

kijinの感想・評価

3.9
エディーレッドメインの演技は本当にこのような人物ではないかと思うような
騙されるとまで言えるようなものだ
手先足先 指の先まで繊細で、顔の表情 口の動かし方 言い出したらキリがないが
どこからどこまでもすごい
この役はエディーにしかできなかったと思う
そして個人的にエディーの何か悲しげのある笑みがとても魅力的で好き
みや

みやの感想・評価

4.0
エディの演技をたぶん初めて見ましたが、え、すごくない…?シーンが進むにつれて少しずついろんなことがままならなくなっていく息苦しさ、焦り、嫉妬、悲しみ、いろんなものが伝わってくる。奥さん役の人もすごかった。
博士が喉に穴を開け呼吸器をつけ、声が出なくなって、最初に奥さんが文字盤の穴から博士を見つめるシーンでいろんなものがこみ上げてきてぼろぼろ泣いてしまった。
愛の形にはいろいろある。ままならないこともある。でもすごく悲しかったな。
ひとつ思い出したのは、「パンドラの箱に最後に残るものは希望」という話。
ラストシーンの博士のセリフ、彼女の微笑み、そして庭で遊ぶ3人の子供たちに私はその言葉を思い出した。そしてちょっと泣いた。
aya

ayaの感想・評価

3.5
お互いがお互いの人生に影響力を与えた。
最後は悲しさもあるけども、支えてくれた妻は偉大。
だけど、悲しかったな。
>|