けーな

ブリッジ・オブ・スパイのけーなのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
4.2
米ソ冷戦時代の実話を基にした映画。
トム・ハンクスが、やはり素晴らしい。米国で逮捕されたソ連人スパイの弁護を引き受けた弁護士役。さらに、そのソ連のスパイ1人に対して、2人のアメリカ人(ソ連で捕まった米兵と、東独で捕らえられてしまった学生)を交換するために、水面下で取り引きを行う重要な役どころ。

ソ連の支配地域のベルリンに、東ドイツが建国され、東西を分ける壁が作られる様子をこの映画で初めて観た。ソ連と東ドイツの社会主義国の恐ろしさがとてもよく伝わった。アメリカが作った映画だから、なおのことだろう。

この映画では、細かい部分にスパイスが効いていて素晴らしい。最後の山場、ハグされるか、後部座席に行くか、そのシーンが胸を締め付ける。橋の上で、米兵は、仲間の中尉に即座にハグされるが、ソ連側では、いかに…。
最後の、トム・ハンクス演じる弁護士が電車に乗っているシーンには、幾つかの要素が詰まっていて、とても見事だ。