けーなさんの映画レビュー・感想・評価

けーな

けーな

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.9

タイムリープ物が好きな上に、犬好きなので、犬との物語なんだとワクワクした気持ちで観始めたら、全く違って、社会に重いメッセージを送る映画だった。そう言えば、アカデミー短編映画賞を獲った時に、この映画のこ>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

3.8

身長187cmある女子高生のジョディは、長年、身長にコンプレックスあって悩み、イジメられてもきたが、背が高くてイケメンのスウェーデンからの交換留学生が来たことで、自分を見つめ直す。ハートフルなラブコメ>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

3.6

「Go! Go! LA」という映画を観た時に、その映画の中で、「デッドマン」のポスターが部屋に貼られていて、さらに、そのポスターから、ジョニー・デップが話しかけてきたり、こちらの世界にやってくるストー>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版(2018年製作の映画)

4.8

劇場版には、無かったライブ・エイドの映像をフルに加えた完全版。「We Will Rock You」「Crazy Little Thing Called Love」の2曲が加わっている。

久しぶりに観
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.4

今作は、犯罪とは無関係だったのにも関わらず、黒人というだけで冤罪になり、死刑を宣告された男を救った実在の弁護士ブライアン・スティーヴンソンが、自身の経験を書いた本「Just Justice」を元に作ら>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

4.3

今作は、公開当時に、ドラマ版を観ていないのに、劇場へ観に行った(そのレビューは、後半にあり)。その時にも、かなり楽しめたのだけれども、ドラマ版を通しで観た今になってみると、全てを観たからこそ楽しめるこ>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

3.9

秀逸な作品だった。ロンドンが舞台の映画が観たいってことと、ジャケットがスタイリッシュてことのみで、ずっと観たいと思っていて、内容を全く知らずにいたので、かなりびっくりした。しかし、これは、予備知識なし>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.5

同じケン・ローチ監督の「わたしはダニエル・ブレイク」を観た時にも、世の中の不条理さにいたたまれなかったが、今作も、同じ想いが込み上げてきて、胸が詰まる。

もともと、とても仲の良い家族なのに…。その家
>>続きを読む

ポップスター(2018年製作の映画)

2.5

ジュード・ロウファンだから、観たけど、イマイチだった。心に響いてこない。

現実でも、アイドルの末路って、こんななんだろうなと思った。

ライド・ライク・ア・ガール(2019年製作の映画)

4.2

オーストラリアの競馬界で最高の栄誉とされるメルボルンカップで、女性で初めて勝利した実在の騎手ミシェル・ペインの半生を描いた作品。

とても良かった。夢を諦めないということは、やっぱり素晴らしいと改めて
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

3.5

ダン・スティーブンス目当てで観た。かなりグロかった。ダンが出ていなかったら、ホラーが苦手なので、途中で止めていたかもしれないが、しかし、私が見ることのできないタイプのホラーではなかった(怨霊が出てくる>>続きを読む

シンクロ・ダンディーズ!(2018年製作の映画)

3.6

イギリス映画(含ドラマ)ファンには、嬉しい映画だった。というのも、他のイギリス映画(ドラマ)で観た俳優さん達が色々出てきて、それだけで楽しかったから。おじさんばっかりだけど。

ルーク役のルパート・グ
>>続きを読む

(2001年製作の映画)

3.3

イギリスの高校生4人が行方不明になり、そのうちの1人が見つかり、何が起きたのかを精神科医に語るが、徐々に明らかになるのは、驚くべきことだった。

穴というのは、ここでは、昔の防空壕の穴のことで、そこに
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

ようやくワイルド・スピード7作目を観た。悲しい。ポール・ウォーカーのことが、とにかく悲しすぎる。

ラストまでは、空飛ぶとか、ビルからビルへとか、あり得ないなぁなんて思ったり、ボウズ頭率が高い映画だな
>>続きを読む

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

4.0

NYのアッパーイーストサイドにある超高級5つ星ホテルのドキュメンタリー。米国大統領や英国王室、有名セレブレティが常宿とするホテル。J・Fケネディ大統領がマリリン・モンローと密会したことでも有名。

>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.3

またもやエドワード・ノートンの演技力の高さを見せつけられる映画だった。そして、1950年代のニューヨークの雰囲気をジャズと共に味わうことのできる映画で、とても好きな雰囲気だったが、実際には、ニューヨー>>続きを読む

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー(2018年製作の映画)

3.4

旧ソビエト連邦から亡命し、世界的に有名になったバレエダンサーのルドルフ・ヌレエフの半生を描いた自伝的映画。終盤の空港のシーンで、ソ連のKGBから逃れて、亡命するシーンが、緊迫感あって、とてもドキドキし>>続きを読む

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

3.9

話が、二転し、大どんでん返しに驚愕となった。とても面白かった。

エドガー・アラン・ポーが原作だということだけ知って、観てみたら、あまりに豪華なキャストで、驚いた。マイケル・ケインの登場したシーンには
>>続きを読む

THE INFORMER/三秒間の死角(2019年製作の映画)

3.6

なかなか面白いクライムサスペンスだった。

タイトルの「the Informer」とは、情報屋という意味だが、ここで言う情報屋とは、主人公のピートが、マフィアの内部に潜入し、FBIに情報を流す仕事を請
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.1

公開当時、劇場に観に行きたかったけど、行きそびれ、年月経って、ようやく観た。

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキという5都市を舞台に、タクシー運転手と客との人間模様を描く。

ジム
>>続きを読む

ハワーズ・エンド(1992年製作の映画)

3.8

20世紀初頭のイギリスの階級社会と人間関係を、自然豊かな田園風景と共に描いた見事な作品。

E・M・フォースターの小説が原作。同じく、フォースター原作の「眺めのいい部屋」「モーリス」に続いて、ジェーム
>>続きを読む

説きふせられて(2007年製作の映画)

4.0

ジェーン・オースティン原作の作品の中で、今のところ、これが一番好きかも。   

主人公のアンは、海軍士官と付き合っていたが、貧しい相手だからと、周囲に説き伏せられて、別れた過去があった。それから8年
>>続きを読む

ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜(2020年製作の映画)

3.9

今年のアカデミー賞の歌曲賞にノミネートされているということと、ダン・スティーブンス目当てで観た。レイチェル・マクアダムスも、好きな女優さんの1人だし。

日本では馴染みがないけれども、長い歴史があって
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.3

レビューを書いていなかったので、再鑑賞。

製作は、ブラピの会社、プランBだったのか。

夫と離婚し、その後、付き合った若い恋人とも別れて、傷心のまま、イタリアとインドとバリ島を旅して、自分を取り戻す
>>続きを読む

メイド・イン・マンハッタン(2002年製作の映画)

3.9

カタカナ表記の邦題で、「made in Manhattan 」なのかと思っていた。見始めてすぐにタイトルが出て「Maid in Manhattan 」だと分かって、そうだったのか‼︎と思った。つまり、>>続きを読む

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

4.0

静かに心を打つ映画だった。

ロデオ大会で、馬から落ち、頭蓋骨を馬の蹄で叩き割られるという大事故に遭ったカウボーイの物語。医者に止められているにもかかわらず、ロデオ無しでは、生きて行けないカウボーイの
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.6

ダン・スティーブンスに、このところハマっていたが、今作を観て、完全にファンになってしまった。かっこ良すぎる。

先が全く読めず、いったい何なの?何者なの?と、ドキドキしながら見ていて、これは、すごい映
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.8

ダン・スティーブンス見たさに、1作目から見てきて、ようやく出たぁ〜‼︎ やっぱり、かっこいいな。ちらっと出るだけかと思っていたのだけれども、かなり大活躍。劇場に行くシーンが良かった。豪華なカメオ出演も>>続きを読む

ガーディアンズ 伝説の勇者たち(2012年製作の映画)

4.0

子供達が信じているおとぎ話に出てくる妖精達の物語。ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を執った。日本人にとっては、馴染みのないキャラクターがほとんどなので、欧米人ほど、キャラクターに思い入れを感じないとは>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.6

レビューを記入しようと思いながら、数日経過しているうちに、今日、急にジャケット写真が変更していて、びっくり。このfilmarksのジャケット写真は、どういう時に変更するのだろ⁉︎

今作は、1作目で登
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.6

よくできている話で、面白かった。子供が見ても楽しいと思う。

原作は、同名の絵本だそうだ。NYに実在するアメリカ自然史博物館が舞台となっていて、夜警として働き始めたベン・スティーラー演じるラリーと、夜
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.5

アン・ハサウェイがイギリス英語を話すというから、前から観たいと思いながらも、日が経っていて、以前、ネタバレをどこかで聞いたことあったのに、それもすっかり忘れ去っていたので、終盤の出来事に呆然。あまりに>>続きを読む

結婚まで1%(2017年製作の映画)

3.3

今、「ダウントン・アビー」のドラマ版を観ていて、マシュー(ダン・スティーブンス)に、すっかりハマっているものだから、ダン・スティーブンスが、出演しているので観た。

昔から付き合っていて、そろそろ結婚
>>続きを読む

時の面影(2021年製作の映画)

4.0

イギリスのサフォーク州で、第二次世界大戦直前に発見されたサットン・フー遺跡の発掘調査を描いた、ジョン・プレストンの小説「The Dig」を元に作られた映画。映画の原題も「 The Dig」。

普段は
>>続きを読む

シェイクスピアの庭(2018年製作の映画)

3.7

ウィリアム・シェイクスピアの晩年を描いた物語。

シェイクスピア自身については、ストラトフォード=アポン=エイヴォン出身だということくらいしか知らなかったので、家族との間に、このような出来事があったと
>>続きを読む

ジェイン・オースティンの読書会(2007年製作の映画)

3.9

とっても良かった。本が読みたくなる。最近、映画を観る分、本を読まなくなっていたので、もっと読みたいなと、思った。そして、ジェーン・オースティン原作の映画も、もっと観たくなった。今作に出てきた6作のうち>>続きを読む

>|