Hoshiduru

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのHoshiduruのネタバレレビュー・内容・結末

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、全てを悟ったその瞬間からそれはそれはボロボロ泣いてしまって、嗚咽すら漏らしてしまった。

正直ロキやガモーラの死もあっさりすぎて、なんかサノス強すぎて「こりゃなんかあるんだろな」と思ってた、というかストレンジのタイムストーンで生き返るんだろ〜?って舐めてかかってたから、あっさりな奪われに唖然となって絶望が走った。
まあ正直確かに、なんとなくわかってた気もするんだけれど、なんなら予告でほぼネタバレだった気もするけれど、さ。
そしてどうせ助かるだろ?とも思うけど、さ。

悔しいことに全てが絶望を加速する要素でしかなかったわけなんですよ。サノスの人間(?)味も、愛情も、末路も、ラストの表情も、あんなに期待していた生き返りもすべて、本来は愛おしく思うべきすべてが絶望でしかなくて。

もうそれにしてもみんなの散り方ががね…わざとらしいぐらいに泣かせてくるよね…辛かった…好きな人がいなくなることも辛かったけど、なにより、仲間が、家族がいなくなって、苦しむ好きな人たちの姿がひたすらに辛かった。
(と同時にああいうシーンが好きで、あそこで急に株が爆上げした感も否めない、不謹慎な自分もいます。)

ストーリーは、どうだったんだ…?サノスが主人公なんだなあとは思った。あとは、まだまだ話は始まったばかりで、ヒーローたちは結局まだなんでもない感じなんだろうなあ。