アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのネタバレレビュー・内容・結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.3

あらすじ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

多分ちゃんと見たの初?のアベンジャーズシリーズ。ヒーローが選り取りみどり。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのキャラとアイアンマンは好き。
ロキが序盤で死んでショックすぎた。スパイダーマンの死に方がつらかった😭
「ガーディアンズのみんながついに合流!!!!あいつとあいつのまさかのコラボ!!!!ハラハラドキドキ、、、、え、、、この絶望感で一年待たなきゃいけないの、、」

〜あらすじ〜
みんな知ってるから割愛です。
「最恐サノス」が宇宙を救うために必要な石を集める大冒険。


喜怒哀楽、全てを堪能させていただきました!!!!!!!
自分はガーディアンズオブギャラクシーが大好きなので、シリアスな展開でポップな音楽流れた瞬間にあいつらの予感を感じ、満を持してスターロードのノリノリ登場にニヤニヤが止まりませんでした!!!

そして、それぞれの顔合わせでいい意味で噛み合わない感じがまさに観客全員がみたかったキャラ萌え交流じゃないでしょうか!!!!!

しかしながら、二人のルッソ監督はほんとうにすごいです、、これだけのキャラクターに見せ場をつくりみんなが喜ぶシーンを次々と出す交通整理力。そのために、ヒーローではなく、敵であるサノスに焦点を置くことで、物の見事にそれを成し遂げてる。みんなサノスを倒すために寄ってたかって近づいてくるもんね。

しかしながら!!!あの終わり方は苦しいよ!!来年までこのしこりをどうにか残さなきゃいけないのは辛い!!!!

とりあえず、アントマン&ワスプを観てmarvel世界をつないでおこう!!!

※今作の自分の中のハイライトは
ロケットがソーに言った「俺は失うもんがたくさんあるけどな」というセリフです!!ガーディアンズのみんな前では照れ臭くて言えないけど、彼らの心に必ずある家族という名の絆を確かめれたのは感激でした!!!!
いろんなヒーローが勢ぞろいで面白かった。でもヒーローはいつも必ず勝つのに消えてしまったのにショック。それにサノスにも哀愁を感じてしまった。次はどうなるンだろうって期待感がいっぱい。
アベンジャーズ史上最高に面白かったです! ただ、1話完結かと思いきや続きがあったので、最後の方は あれ?時間もうないけど、これどうやって終わるの?とソワソワしていました笑 早く次が観たいです✨
見終わった瞬間の感想「え?どうする?」

と思うくらいの驚きと絶望感。
だけどもこれまで積み上げてきたものが
一気に発揮された最高傑作でした。

過去の作品を観ていないと理解出来ない所があるので、いきなり見るとわからないことだらけだと思います。

個人的に、もう失うものが何も無いソーと
失いたくないものが沢山出来たロケットが全てを失って、次回作でどう絡むのか凄く気になります。

大好きなキャラが一気に退場してかなりショックでした……
嘘だろ、ガーディアンズ……
嘘だろロキ……

トニーとキャップが次回作で会えるのか
とか、ほんっっっっとうに気になる事ばかりで来年が待ち遠しい……
ヒーローが勝つとは限らないのか、、と予想を裏切られるラスト。
続編早く見たい。
積み上げてきたシリーズを、大胆に弾け飛ばした作品。
でも次作で復活するんでしょ。
うええええ辛い辛い辛い。
アベ4で収拾されることはわかっていながらあまりにも辛い。
最初から最後まで2分おきくらいに最高のシーンと絶望が繰り返されて終わる映画、しんどすぎてかえってハイになっている。
シビルウォーで地獄を見、ホムカミで希望を貰い、IWで絶望を知った。

この映画の凄さは、ここまでMCUを観てきたすべての人の心に喪失感を与えたところだと思う。どのヒーローのファンであっても今回の展開は衝撃であるように作られている。ソーからロキを奪い、スティーブからバッキーを奪い、トニーをひとりにし、あの場にいる全員が大切なものを失った。サノスですら。

サノスを救わない限りこの物語は終わらない。おそらく彼は、近い将来地球に迫る危機そのものとしてキャラスタライズされている。なぜ彼は恣意的に生命を半分に減らすことを「救済」と考えるまでに追い詰められたのか、それを解かないと何度でも彼は蘇る。何度でも。何度でも時を戻して、彼の根本を理解しないと…。

「ひとつだけ」でも宇宙が救われる道がある。命の重さは同じである。つまり誰もが救われるエンドがあるということですよね?ですよね?!信じてるからな制作陣!!!!!!!

来年5月までは、意地でも生きる。
2018.05.30 新宿ピカデリー

お通夜にもほどがある
えっ????うそじゃん????
推しがこんなにもいなくなる映画他にある????
あまりにもあっさりみんないなくなってくから、あっこれ死んだと思わせておいて死んでないやつっしょ〜〜って思ったらまじかよおいおいって号泣とにかく号泣
でもサノスの言っていることも正しいと思うから、それがまた悲しい
お互いが正義のために戦ってる
サノスが悪なわけじゃない考え方が違うだけでどっちも正義だし悪でもある
選民思考というわけでもなくランダムに人口を減らすあたり本当にちゃんとした思想って感じ
人口爆発って現実世界でも起こってることだしサノスが人口を減らしたことで平和になることもあるし、でも大別な人を失いたくないって思ったときにサノスは敵になるし、サノスも大切な人を殺してまで自分の思想を現実のものしているし、ていうかサノスが強すぎる…混乱…
観た後とにかく、えっ????って受け入れられなさがやばかった
続編早く出してくれないと気持ちの整理がつかないと思ったけど続編出ても多分気持ちの整理はつかない
お願いだから時間を元に戻してくれ🙇‍♀️
ここまで大胆な脚本ありえないって思ったけどそこが良いのかもしれないこんなにえっ???って思ったの初めてだし勿体ぶらない感じも好感は持てる、持てるけどやっぱり受け入れられない
ハッピーエンド厨だから続編に期待きっと裏切られるけどそれでも期待する…
>|