アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.3

あらすじ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に投稿された感想・評価

Coco

Cocoの感想・評価

3.2
結構期待しすぎて、内容に満足しきれてないパターンやけど自作待ち遠しい
アベンジャーズの偉大さ感じた
結構今までのやつみとかないとわからん感じの内容
じょー

じょーの感想・評価

3.2
アベンジャーズ集大成。各ヒーローの映画をしっかり見ていた人へのご褒美的な。だって次から次とヒーローが出てくる出てくる。。。こんなにヒーローイルナラ地球は安泰じゃね?

いやいや、そこはサノス様です。その力は圧倒的!ヒーローも神もその他も、ギッタンバッタンなぎ倒し、目的に向かって突き進む鋼の意志を持ったスーパーヴィラン。
その意志が強すぎて、サノスの言動や行動からは本心も真実もわからないレベル。

次回作も期待!
好きなキャラが何処かに行ってしまってただただ喪失感を味わった。カッコよかったけど。
ふみ

ふみの感想・評価

4.6
アベンジャーズファン向け
アベンジャーズファンじゃない人にはオススメはしない
AsamiSato

AsamiSatoの感想・評価

4.5
思うことがありすぎてここには書ききれない。ただアベンジャーズ大好きです。
アベンジャーズは楽しみにしてます。
えっ?どうなるの…⁇
って感じです。
Rin

Rinの感想・評価

4.5
うそだろ…まいった…
中盤とラスト、泣いた😭最強と信じてた人たちがあっけない…大好きなキャラたちが…😭
すっごーーいメンツ豪華だった!アイアンマンのスーツ進化しすぎ。キャプテンが変わりすぎて気づかなかった笑
ガーディアンズたち、ちょい役かと思ってたらめちゃくちゃ関わってたし、笑いも取り入れてて想像以上に面白かった!
4DXでもないのに座席揺れるレベルの大迫力でした😳
早く続きみたい…!!😆
とみー

とみーの感想・評価

4.6
(こんなあなたにオススメ)
・マーベル好きな方
・ヒーロー物が好きな方
・アクション好きな方
・強大な敵が好きな方
・てか マーベルファンは観なきゃ損!

(こんなあなたには向かないかも)
・マーベルまったく観てないと訳わからないかも 
・最低限の予習はいるね

[これぞヒーロー映画!全員主役級のお祭り騒ぎ!日本よ これがアベンジャーズだ!]

アベンジャーズをようやく映画館で観れた、、、 いやはや良かった!
なんだこの豪華な布陣は!
ハルクバスターに乗るハルクってなんやねん、、、 面白すぎるわ!
サノス先輩つよすぎます 是非観ていただきたい!
BiBi

BiBiの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最初の鑑賞から2ヶ月以上が経っていますが、初めて観た時の、映画館でぶるぶる震えた記憶が鮮明に残っています。震えたというのは本当にもう、いろんな意味で。未だに、衝撃の展開を引きずっています。

何から書いていいのかわからないけど、それぞれ個性の強いメンバーたちをよくあんなにも自然に出会わせたなぁと。合流するだけで2時間かかるんじゃないかと思ってたので、作りのうまさに感嘆。

これまでの18作品の集大成として、ラストへの序章にふさわしい、本当に目が離せない展開。ここに来てアベンジャーズの完敗という絶望を突きつけられるとは、思ってもみない。そんな意味で期待を裏切る制作陣の勇気に拍手を送りたい。

笑って泣いて、とにかく感情が忙しく、ものすごく入り込んで見てたのでとても疲れた。。序盤、ロキが殺され絶句。オープニングであの場面を見せられるとは。地球に戻っては、トニーとドクターストレンジの歯車の合わなさと、宇宙に飛んではガーディアンズの面々に笑わせてもらったし、ビジョンとワンダの絶体絶命の場面ではキャップの登場で涙腺崩壊。
ガモーラとサノスの、奇妙な愛憎で結ばれた絆には胸が痛かった。彼女を想うピーター(クイル)が作戦を忘れ心を乱してしまうのも、人間らしさの現れ、誰も責めることは出来ない。完璧ではない人物がいるからこその、この世界観だよなぁと。マーベルのそういうとこがやっぱり好きなんだ(泣)

宇宙にネビュラと二人きり残されたトニーが心配です。でもアイアンマン初期の頃に比べたら、トニーのヒーローとしての成長は感慨深い。今回のアイアンマンは本当にかっこよかった。
他のどの組み合わせも面白かったけど、ソーとロケット(ウサギ)とグルートの3人がベストすぎるタイミングで地球にやってくるシーン最高だった。反抗期のグルートもすごくがんばってた!!
仲間も人類も半分になってしまったけど、これから先どうなるんだろう。ひとつだけ道があると言ったドクターストレンジは、タイムストーンをサノスに渡すということを選んだ。奪われたのではなく渡したことに、大きな意味と希望があると信じています。

絶望を突きつけられた今作だけど、やっぱり大好きなんだよなぁ、MCUが。思えば何も知らずにアベンジャーズを劇場で見たのが2012年。それ以来このシリーズのファンになってよかったなぁと思った。18作品すべてが伏線だったなんて、こんな映画はない。そして、こんな映画が作れる技術のある時代に生まれてきて良かった

個人的ベストだったシーンは、『I am Grooooooooot!!!』と言いながら戦ってるグルートに対して、『I am Steave Rogers』と戦闘中にも関わらず丁寧に自己紹介し返したキャップ。好きの塊でした♡

来年、また心を震わされることを期待して待ってます!
さん

さんの感想・評価

4.0
アベンジャーズシリーズの終わりの最高の序章。過去のシリーズでのエピソードがちゃんと活かされていて、アベンジャーズファンにはたまらんでした。
>|