アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの作品情報・感想・評価・動画配信

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年製作の映画)

Avengers: Infinity War

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

サノスめ!これしか感想が浮かばなかったが落ち着いたのでレビューを。
アスガルドの一団が地球に来るというので胸高まってたのに、開始早々に心おられました。
印象に残ったシーンを記録。
冒頭のロキの最期。
キャプテンの電車通り過ぎてからの登場シーン。
ハルクになれずにもだえるブルース。
ワガンダ組のピンチからのソーの空からの登場。
パワーアップスーツのピーター。トニーとの関係。
ドクター・ストレンジがトニーを守るために石を渡すところ。
そしてラストの消滅シーン。

あっという間の3時間。

人類の半分を犠牲にして平和を得る。
サノスの身勝手な正義感はヒドラとも通じると思う。サノスは、個人的にはもう少し魅力的な見た目だったら良いのになーと思った。
登場人物、それぞれの正義。平和をもたらすための手段の違いからぶつかり合う。違いを超えて立場を超えてどうやって目的を成し遂げるか。人類普遍的なテーマを最高のエンタメ映画から投げかける構成力が見事。
ふ

ふの感想・評価

3.8
窮地に陥っても仲間がいる。そんな場面が印象的に映った。展開には衝撃受けたけど!!!

やっぱりソーが好きだけど、拳で戦うのが一番かも。ロジャーズ、、てかマッチョがカッコいい、、
「僕はグルート」
「 私はスティーブ・ロジャースだ」

集大成!規模も更なるデカさに。期待しすぎて友達と家を映画館のように再現してからの鑑賞。
・・・なのに、
今作とはハッキリ言って相性が悪かった。これはファンしか喜べないだろう。
クライマックス感満載な点は良いけど、単独作品と見たら面白いとは言い難い。
二部構成にしては無理のあるストーリー展開だと思っていたので調べたら、なんと二部構成ではなく「アベンジャーズ」「インフィニティウォー」の2作品扱いが正解らしい。
それを知らずに見てると、視聴者を置いてけぼりするストーリーで不完全燃焼なままエンドロールを迎えることになる。まさに自分がそうだった。

次作面白ければ良いけど、このラストをオチに持っていくには少しパンチが弱いな。共に鑑賞した映画仲間のリアクションを見ても、自分が少数派意見ということは分かってるけど作品ごとに相性はあると思う。
今作だけでシリーズ全体がつまらないと決まるわけではない。あくまで今作のスコア。だからこそ次作への期待も高まる。


ーーーーーネタバレーーーーー




サノス>ヒーロー
サノスは今までの敵とは一味違い、人気なのも理解できる。ガモーラへの感情はガーディアンズシリーズを観ていて想像もしてなかった。
このスコアは割とサノスの貢献が含まれてる。ある意味、ここでサノスが達成したことによってヒーローを奮い立たせること繋がり、視聴者共々その期待値をエンドゲームへ持って行ける。
そのやり方は狡いとは思う。

単独作品としては突拍子のないストーリーとは感じるけど、エンドゲームまで観たらまたスコアが変わるかもしれない。
szk

szkの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

サノスとトニーのタイマンに興奮しました
皆の良い所がたくさん出てた
YUKI

YUKIの感想・評価

3.8
エターナルズの予習として。

スッと出てくるヒーローが「誰っ?!」レベルのマーベル初心者の感想…「次はハリーポッターが出る!(出ない)」

サノスの言うこともわからんでもないとこが絶望なんだよなー。アベンジャーズというよりサノス物語な気がしました。

このレビューはネタバレを含みます

アカーーーーーン(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾!!


これは、アカン💦
サノス、なにしてくれてんのーー?



こんな気持ちでレビューなんか書けないよ(°▽°)


…書くけどね。


(カクンカイ!!)




まずは、サラすじね。


6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」
それを狙っている宇宙最強の敵サノスの襲来により、アベンジャーズの面々は全滅の危機に陥いるほどの厳しい戦いを強いられる…。


ま、こんな話💁🏼



でもね、サノスって「宇宙の調和を保つためには、生命の数を減らさなければならない」と考えてて…。
私利私欲に走っちゃうようなこれまでのヴィランとは、ひと味ちがうわけ。
宇宙平和を維持するための彼なりの"慈悲"なのかもしれないね( ̄^ ̄)


…知らんがな🤷🏼


…だとしても、おまえがそれを決めるなーーーーー\\\٩(๑`^´๑)۶////💢
指パッチン🤌で片付けるなーー!!
おまえは、ポール牧かよ💦



冒頭からいきなり出てきちゃってさ(¬_¬)
圧倒的なチカラを嫌というほど見せつけちゃってさ(¬_¬)
キン◯マみたいなアゴして調子にのるなーーーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


(タダノワルグチデスヤン)


6つもあるインフィニティ・ストーンも、あれよあれよと言う間にあっさりすべて揃えちゃうんだもん💦
サノス、恐るべし((((;゚Д゚)))))))
きっとドラゴンボールだったとしても7つ集めて神龍(シェンロン)呼び出して、アゴの整形でもお願いするんやろね🤣♪


知らんけど。


いや、見どころなんてたくさんあったんだよ(๑˃̵ᴗ˂̵)✨✨


キャップの髪が伸びて、まさかのヒゲ面とか。
バナーがいくら頑張ってもハルクに変身しないくだりとか。
ガーディアンズが初めてアベンジャーズとからむワクワク展開とか。
ドクターストレンジの嘘みたいな分身の術とか。
ワンダがわりとワンダフルな巨乳とか…♡
ワンダがわりとワンダフルな巨乳とか…♡
ワンダがわりとワンダフルな巨乳とか…♡
ワンダがわりと…


…って、やかましわ‼️


…ワンダの巨乳ばっかりやないか💦



てへ(๑˃̵ᴗ˂̵)♡



そんな見どころ満載なアベンジャーズ作品なのに…。
サノスのヤローが全部ぶっ壊すんじゃーーー∑(゚Д゚)!!



え?え?…ちょっと待って(°▽°)💦



ロキは、あれっていつもの死んだフリだよね?人が悪いわ〜、ロキ。

ガモーラは、あれって生きてるよね?
ガモーラがあんなんで死ぬわけないもんね。

ヴィジョンは、あれって寝たふりしてんだよね?だって、ヴィジョンだよ?


そんで…。


ドクターストレンジ、スパイダーマン、クイル、ドラックス、グルート、マンティス、バッキー、ファルコン、ブラックパンサー、ワンダ…。あ、アイパッチのおっさんまで💦
あの散り散りと消えちゃったのは、ただの手品かなんかだよね?


IKKOさん、いつものやつお願い🙌


「まぼろしーーーーー👐」



いや、まぼろしちゃうんやろΣ('◉⌓◉’)💦?



どうやら初代アベンジャーズの面々が生き残ったみたいやけど、そこになにかしらの意味があるんやろか🙄?



それにしても受け止めづらいわーーー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
小学5年生のときに「父ちゃん、ホントの父ちゃんじゃないけん。血が繋がってないけん。」って、唐突にオカンに言われたときくらい受け止めづらいわ💦



そんでまた、ワカンダ踏んだり蹴ったりやな∑(゚Д゚)
8年くらい前のお正月におみくじ引いたら「末吉」で"病気に気をつけて"って書いてあり、その年に右肩が炎症起こしたり痔の手術したり散々だったときくらい踏んだり蹴ったりやわ💦




指パッチン🤌で、とんでも展開を見せつけてくれたサノス。
ラストシーン、三丁目の夕日みたいな景色をバックになんともしみじみした表情…。


いや、なに…?
ふらりと立ち寄った温泉街の足湯につかってほっこりしてる観光客みたいな顔すなーーーーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💦



もう、どうなっちゃうの??アベンジャーズ∑(゚Д゚)!!




こんなふわふわした気持ちで「アントマン&ワスプ」なんて観れるかーーー💦



(ミナインデスカ…?)



…観る(๑˃̵ᴗ˂̵)





(メンドクサ!!)





しかし…エンドゲームにつなげるプロットとしては、100点じゃね?


マーベル、いけずやな♡
ぎー

ぎーの感想・評価

4.5
【MCU特集18作品目】
「困難な選択には、強固な意思が必要だ。」
・本当に"映画"だった。過去素晴らしいエンタメ映画シリーズはいくつかあった。ロード・オブ・ザ・リング、スターウォーズ、ノーランのバットマン三部作、ハリー・ポッター。今作でアベンジャーズも間違いなくそこに名を連ねることになった。
・18作もやってるだけあってキャラクター設定がしっかりしているから、これだけ主役級が揃い踏みしても全然全員に感情移入してしっかり見ることができる。普通にこの映画1本で5〜6本分のインパクトあると思う。MCUの積み重ねが結実した感じ。
・その上で映像の迫力や音響も凄いし、きちんと笑いや涙もある。完璧。
・アベンジャーズもあと一本。もう残り少ないと考えると、シリーズ何周目でも寂しさと喪失感を感じる凄いシリーズになった。

・冒頭から今作が辛い作品になる予感がムンムンにする感じで始まる。アスガルドの民が虐殺され、主役級の登場人物のはずのヘイムダルやロキも何の躊躇いもなくサノスに殺される。この容赦のなさが今作に深みを与えてるんだろうな。
・そういえばトニーとロジャースは喧嘩してたんだったね。結局今作の間では共闘は実現しない。これだけ盛り上げといても、きちんと余白作っとくのは凄い。
・序盤も序盤なのに普通にサノスの部下が地球に襲来。トニー、ハルク、ストレンジ、スパイダーマンで迎え撃つ。普通にこの戦闘だけでアベンジャーズ1作品目ぐらいの迫力ある。
・あと、サノスの部下のマウって奴普通に強い。
・ソーを救出する縁があって、とうとうガーディアンズがアベンジャーズと繋がる。この暗い映画の中にあって彼らのギャグパートは救いだったな。
・ヴィジョンとワンダのところにもサノスの部下が襲ってくるけど、スティーブ、ナターシャ、ファルコンが駆けつけて撃退するの格好良すぎる。
・というか普通の映画だったらフィナーレ級の戦闘がこの前半だけでバンバン出てきて、映画として規模感が狂ってる。一つ一つに多分凄い金かけてるのに、テンポ良く場面切り替わるから間伸び感も全くないし、上映時間の長さも全く感じない。
・ガモーラとクイルの愛情は素敵だし、宇宙守るために自殺も辞さないガモーラの意志の強さは凄かった。泣く泣く捕らえられたガモーラを撃とうとするクイル見てると悲しかった。
・ガモーラはこんなに頑張ってきたのに、サノスに殺されてストーン奪われることになって、本当に悲しかった。
・たしかにトニーの性格も良くないけど、助けてもらっといてストレンジの態度も良くなかった。
・たしかにスパイダーマンの言う通り、"エイリアン"と同じ作戦だった。懐かしかった。
・サノスvsアイアンマン、ストレンジ、スパイダーマン、クイル達の戦闘はただただ激アツ。一時はサノスを捕まえることにも成功するし。
・ガモーラへの愛は分かるけど、あそこでクイル激昂しちゃダメでしょ。
・あと、ストレンジは未来知ってて、結局ストーンをサノスに渡すのなら、なんで一旦戦ったんだろ。
・ワカンダでの戦闘は、"エンド・ゲーム"公開前時点の映画史上では最強の迫力。敵は無限、味方は最強。特に最強の武器を手にしたソーの無敵感が凄かった。ハルクが出てこなかったのも、最終作に向けた余白なんだろうな。
・ワンダがヴィジョンもろともストーンを破壊する展開は悲し過ぎたし、時間を操られてその努力すら無に帰される絶望感凄まじかった。
・普通の映画だったら敵が余計なこと言ったりして躊躇するのに、ソーの攻撃があったとはいえ、サノスがストーン揃い次第間髪入れず宇宙の半分滅ぼしたのは、映画の本気を感じた。

⭐︎1番印象に残ってるシーンは、選べないけど、やっぱりアイアンマン達がサノスと戦う場面かな。このシリーズの主役と言っても過言じゃないアイアンマンが、命をかけて、全身全霊で攻撃してもサノスに一滴の血を流させることしかできない。サノスという敵がいることが、このスーパーヒーロたちが集結してアベンジャーズとなる必然性を産んでるんだと、改めて感じた。
ryosuke

ryosukeの感想・評価

5.0
すごいSFアクション映画を三本見た気分。アクションシーンはエンドゲームよりこちらが好み。
SHIZUKA

SHIZUKAの感想・評価

4.2
やっぱり私は最も常識的なアライグマが好きかも(笑) あと超人ハルクがなにか吹っ切れたかのようにコメディ担当になってたのが興味深い。面白かったけど、終わりかたはスッキリしないなぁ。キャラが多すぎて散漫な感じもしなくもない。カンバーバッチとかもったいないでしょ(苦笑)
もう

もうの感想・評価

4.5
ずっと観たかった『インフィニティ•ウォー』

サノスがインフィニティガントレットにどうやってストーンを集めるのか、ストーンが全部揃ったらどんな力になるのか。
サノスは何を目的にしてそのような事をするのか。

アベンジャーズに新たに加わったドクター•ストレンジやガーディアンズに胸が熱くなった。

ヒーローたちの登場シーンがかっこいい。
これまで一人一人の物語を追ってきたので感情移入してしまう。

スパイダーマンはちょっと大人になって今回はよかった。

サノスを呼んでこいー!
大げさな名前のストームブレイカーと共に地球に降臨してきたソーとロケット&グルート。
このシーンは痺れた。

反抗期グルートのニヤけた意地悪な表情も好き。

でも、ちゃんと戦うのよね。いい子!

ワカンダでの激戦に絶対勝つものだと思って観ていたのに、あんな終わり方って!

大好きなロケットもうなだれてかわいそう。

みんなどうなるの?

指パッチンしたサノスの目的。悲しいけれど理解できないわけではない。これもサノスなりの平和を保持するのための行い。

もしかしてサノスが神なのですか?

次のエンドゲームにどう繋がっていくのか、楽しみしかないです。
>|

あなたにおすすめの記事