ブタブタ

共犯のブタブタのレビュー・感想・評価

共犯(2013年製作の映画)
4.0
鈴木先生がいない『鈴木先生』
だから解決してくれる、助けてくれる人がいない。
登場人物はみんな美しくて頭がいい。
だからこそ何かしら「ここでは無い何処か」を目指して日常の世界から非日常を求めて行ってしまったのか。

よく引き合いに出される『ソロモンの偽証』ですが、こっちのが遥にいい!
ソロモン~で一番好きで感情移入したのが「偽証」によって無実の不良を陥れようとする少女・樹里だったんですが『共犯』は「信頼できない語り手」によって全てがだまし絵と言うか最初から真実何てないって言うのがいいです。
詰まんない真実よりも黄(ホアン)による一種の物語と言うか「創作」が現実を侵食し破壊する様は大好きな夢野久作の『少女地獄第1章〝何でもない〟』みたいで最後まで何が真実か、より幻想的雰囲気の結末でよかったです。