鰯

怒りの鰯のレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
3.0
感情爆発の連続についていけず

八王子で夫婦が殺害される。現場には「怒」の血文字が残された。犯人は顔を変えて逃走し1年が経った。同じころ東京、千葉、沖縄に素性の知れない男が現れる。

中盤まですごいよかったんです。役者さんが兎にも角にも素晴らしくて。これほど見ごたえのある人間ドラマはもう5点満点違いない!くらいの気持ちでした。
千葉の宮崎あおいさんは完全にはまり役で傷つきやすくそれでも人を信じたい、というより「信じなければならない」強迫観念に囚われているような怪演。千葉では、池脇千鶴さんも出番が少ないのに強烈な印象でした。
沖縄も良かった。広瀬すずさんの、どこに向かうかわからない見ていて不安になるキャラクターが事件の顛末よりスリリングでした。森山未來さんと佐久本宝さんもすばらしい。
東京のエピソードは、個人的に少し浮いているような印象を受け、違和感が強かったです。なんででしょう

とはいえ期待感が高まっていた終盤にかけてタイミングを図ったかのように3か所すべてで感情を爆発させていき、かなり引いてしまいました。そんな待ってました、みたいな形で連続させなくても...
そして、最終的にミステリーは解決していない印象を受けました。というのも、真犯人が罪を犯したところは一度も映像的になかったからです。後半に登場する重要人物の伝聞で、それっぽく終わってるのですが消化不良な気も

原作小説は凄そう、という感想を持ちつつ、乗り切れませんでした。社会問題の差し込み方は好みだったけれど、それも原作の魅力かな?