鰯さんの映画レビュー・感想・評価

鰯

映画(585)
ドラマ(3)

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

5.0

時間を超える

ポスタービジュアルから受ける印象と鑑賞後に持ち帰ったものの軽重の差があまりに大きい映画でした。まさかシーツを被った彼にこんなに心を動かされるとは。

時間が大きなテーマになっていて、死
>>続きを読む

夕陽のあと(2019年製作の映画)

4.3

母親ってなんだっけ?

児童遺棄や特別養子縁組など社会問題をきちっと盛り込んだ作品と聞きかなり身構えて鑑賞。しかし深く刺さりながらもどんよりせず、観終わった後はなんだか清々しい気分にもなる不思議な作品
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

3.0

元特殊部隊の5人が麻薬王の溜め込んだ資産を奪うため、トリプルフロンティアへの潜入をおこなう

ド派手なアクション、は抑えて抑えて、国のためにと働いてきた隊員たちの苦悩にスポットを当てている作品。渋くて
>>続きを読む

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(2016年製作の映画)

4.0

図書館って何だっけ??

初フレデリック・ワイズマン。205分
解説や撮り手の介入が全くないドキュメンタリーは初めて観ました。

正直運動のない前半(の後半)あたりはうとうとしました。言い訳じゃないで
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.1

平然と、冷静に

ロープや安全装置を一切使わず断崖絶壁を登るフリークライミングの若き才能アレックス・オノルド。彼が次の目標に定めたのはヨセミテのエル・キャピタン。フリークライミングの先駆者たちもたじろ
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.5

2回見せる気があるのか

最後に全てが覆る、と銘打たれた本作。個人的にはラストの展開までは違和感を感じつつも楽しく見ることができました。ラストの展開に入るまでは...

原作未読ではあるものの小説では
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.5

あの人形の仕業よ

「背筋も凍るお留守番」とのことで意を決して鑑賞。結果としては、「家に帰って寝られないほどではないけれど、映画鑑賞としては最高」のエンタメ作品でした!上映時間は本当にあっという間。シ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

確かにそこにある命

「多分12歳くらい」自分の出生日が明らかでないゼインは、自らを産んだことを理由に両親を訴える。学校にも通えず最も親しかった妹さえ離れていく。ゼインはなぜ法廷に立ち、なぜ両親を訴え
>>続きを読む

フレンチ・カンカン(1954年製作の映画)

4.0

これぞスタア誕生

興行師のダングラールは、労働者階級の集まるキャバレーで、ニニという純朴な少女に踊り子としての素質を見出す。ニニは迷いながらも舞台へ上がることを決めるが、そこから愛憎渦巻く人間模様が
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.0

アントニー!

仕事も家庭も失ったスコット。再起をかけて忍び込んだ豪邸で手に入れたのは身長1.5cmになることのできるスーツだった。スコットは開発したピム博士の依頼に応え、最愛の娘との再会しようと考え
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.6

クリント最高

エンドゲームへの予習で鑑賞。インフィニティウォーの際はほとんど流れを追えておらず楽しみきれなかったのが悔しかった。

何というかスタークの置き方って可哀想じゃないですか?個人的にはもう
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

幸せになりたいっすね

テルコはマモちゃんに一目惚れして以来、そのこと以外は考えられなくなっていた。仕事よりも友人よりもマモちゃんへの思いでいっぱい。そんなテルコに対し、マモちゃんの態度はころころ変わ
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.6

コーヒー

捜査過程での判断ミスにより、部下を死なせてしまったカールは、過去の事件に関する書類整理を行う部署へと異動させられる。同じく異動してきたアサドとカールは、過去の女性議員ミレーデの失踪事件に不
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.9

ギーコギーコギーコ...

ホラーは苦手でして、こんなの観に行ったら寝られないのはわかってるのに挑んでしまいました。結果的に「寝られないほどではないけれど、笑っちゃうほど怖かった」です

モチーフやベ
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.7

行方

1977年ベルリン。スージーは舞踏団のオーディションを受けるため、はるばるアメリカからやってくる。見事入団を許されたスージーは、マダム・ブランの指導のもと成長していくが、この舞踏団にはおぞまし
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.5

溶けていく

原因不明の失語症に陥った舞台女優エリザベートと、看護師のアルマは、療養のため2人きりでとある別荘で暮らし始める

冒頭から、不可思議な映像が差し込まれる。個人的には割とああいう表現がやや
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

信じられるのは、痛みだけです

田原秀樹の周囲ではおかしなことが起こっていた。同僚が謎の攻撃を受けたかと思えば、それ以降バケモノの仕業としか言いようのない現象が。親友を通じてオカルトライターの野崎に解
>>続きを読む

バハールの涙(2018年製作の映画)

4.1

この一歩

クルド人の弁護士バハールは、ある日ISの攻撃により夫を失い、最愛の息子を連れさらわれてしまう。自身も傷つけられた彼女だったが、クルド人女性部隊「太陽の子達」のリーダーとして息子を取り戻すた
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

母の愛した歌

資本主義や都市から距離を置き、山の中で暮らすベンと6人の子供たち。入院中だった母の死をきっかけに、「母の最後の願い」を叶えるため、一家は森を飛び出しニューメキシコまでの2400kmにわ
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.8

あらゆる瞬間が恐怖

南米のとある国。油田で大規模な火災が発生し、消化にはわずかな衝撃で爆発してしまう大量のニトログリセリンを運ばなければならない。それぞれの事情を抱えその国へと集まった4人の男が、運
>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.4

私も人を斬れるようになりたい

異国からの脅威に揺れる幕末。農村で手伝いをする浪人・杢之進の元に、剣の達人澤村が現れ、京都へ行こうと持ちかける

実は、塚本監督の作品は初めて。「シンゴジラ」での演技は
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

そして伝説へ

QUEENについては全く知識もなく、世代でもなく、本当に何も知らずに観に行きました。結果的にはそのぶん臨場感を持って観ることができたし、1人の観客として熱狂の渦に参加できた気分です。
>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

4.0

私は、私が、、、

「セクシャリティーあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること」をテーマに8分以内の短編14本とアニメーション一本で構成される「21世紀の女の子に捧げる挑戦的短編集」

テアト
>>続きを読む

ファニーとアレクサンデル(1982年製作の映画)

5.0

悩むより楽しめ

華やかなエクダール家の子供、ファニーとアレクサンデルが眩いクリスマスから2年間の間に経験する様々な出来事を映し出す。

311分という長さに尻込みしていましたが、ついに意を決して観た
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

大失態

ミュージシャンになることを夢見ながら、ウエイトレスとして働くアリー。たまたま入ったドラァグ・バーでアリーの歌声を聞いた大物歌手のジャクソンは彼女に惚れ込み、アリーの夢が叶うチャンスがやってく
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.6

牛丼

学校にも行けず、少年院で出会ったサイケ・カズキ・タケオの3人は、犯罪者のアガリを叩くことでなんとかその日その日を生き抜いてきた。そんな中、彼らは半グレカンパニー六龍天のアガリをたたいたことで、
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.4

バラードをやるには勇気がいる

家庭の事情で荒れた学校に転校させられたコナーにとって、唯一の楽しみは兄ブレンダンと見るロンドンのMVだった。ある日学校の前で見かけたラフィナに一目惚れしたコナーは「ぼく
>>続きを読む

黒い罠(1958年製作の映画)

3.8

国境沿いの影

メキシコと接するアメリカの田舎町ロス・ロブレスで有力者が車に爆弾を仕掛けられ、爆殺される。新婚旅行に来ていたメキシコ人麻薬捜査官のバルガスは真相を追う中で、アメリカの老刑事クィンランに
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

4.1

ラクダと、必ず元の場所へと戻るステップ

シリアスなポスターと突然マンボの流れる不思議な予告につられて鑑賞。
ミステリー映画としても観られるし、戦争映画としても観られる。家族映画でもあって、コメディと
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

3.7

バーフバリよりコミカルに

「バーフバリ」の原点といっても、監督が同じだけでは物語は違うだろうと思っていたら、いい意味で同じような話。愛のための転生、王座と女性をめぐる激しい争い、敵役の狡猾さ、などな
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

4.0

「ソンさん、ボーカルでいいよね?」

学園祭を3日後に控えた高校で、ギターの萠が怪我をしたためにバンドのメンバーが仲違いをする。それでも舞台に立つことを決めた響子、恵、望の3人はたまたま近くを通った留
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.0

バリバリバリバーフバリ!

完全版をついに劇場鑑賞。通常盤含め全部映画館で観られて王への忠誠心を示しました

王の凱旋の後に観ると、やっぱり話がおもしろい!前編で蒔いた種がきっちり後編で活きてくる。
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.6

脳にこべりつくようなビジュアル

1982年南極大陸。1機のヘリから走り回る犬に向かって銃を放つ男。犬はアメリカ基地の隊員に保護される。不明な点が多く調査を始めた彼らに、何かが襲いかかる。

名作名作
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

5.0

1ドル

ニューヨーク、地下鉄の駅近くにある小さなバー。スティーブが友人のグレタを無理に舞台に引き上げて、歌を披露させる。しぶしぶ1曲を歌い上げたグレタに落ちぶれた音楽プロデューサーのダンが声をかけ、
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.1

彼を見なくて済むから

2011年7月22日、ノルウェーの政府庁舎及び青年キャンプを狙ったテロが発生する。その中で生き残った人々、その家族、犯人は事件を如何に捉えて、法廷へと向かうのか。

ノルウェー
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.3

理屈は映画に映らない

若松孝二を中心に様々な才能が集まった1969年、1人の女性が助監督として若松プロダクションに加わる。「何を撮りたいかはわからない、でも監督にはなりたい」と語る彼女は「何か」を見
>>続きを読む

>|