怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

ゴ

ゴの感想・評価

4.1
苦しい苦しい悔しい悔しい胃がせり上がるような煮え立つような感情は「怒り」。
誰もが抱えている誰かを信じたり疑ったりする気持ちを赤裸々にされた、とても苦しい作品。メンタルが強いときに見てくれ。
この三人のうちの誰かが犯人と思わせての実は全く別の人が犯人で登場な結末を予想して構えてたらあっけなかった から伝えたいことを読み違えたかも。途中綾野剛で確定 やっぱ松山ケンイチ と思わせたのそういうことかい 人間の生きる根源は何だかんだ怒りの感情であること 突然に思える殺しは些細な引金により 日々知らず知らず塵積もった不満憤りの堆積を崩したにすぎなかったり 割りと堆積でもなくてついうっかりだったり だって動機は不純なものだから。
映画みてる最中 ともだちだったひとがしてたあの話をずっと思い出してた。
えぐち

えぐちの感想・評価

4.1
広瀬すずが好きになった映画。今までそんなに演技上手くないやろと思ってたけど、叫ぶところで鳥肌たった。
渡辺謙の主張の強さが好演連発の若手俳優らの足を引っ張っているように思う。柄本明にでも替わってもらった方がいい。そんな中で広瀬すずはここでも天才だった。
rily

rilyの感想・評価

-
あー無理しんどいってなるの分かってるんだけど観たくなっちゃう、夜に観て後悔した!笑
信じるって何だろうって考えさせられたラストシーンだった。自分を唯一信じてくれた人に裏切られる気分ってどんなだろう?死にたくなっちゃうか、殺したくなっちゃうか、はたまた何もする気力がなくなるか…
dandelion

dandelionの感想・評価

4.9
これゎやばぃ。。。
身震いと動揺と葛藤しながら鑑賞。
1人で見なくてよかった。。。
広瀬すずの件で怒りで憤ってやばかった。。。。。見てから数日忘れられないそんな1作
鑑賞後、原作も読んじゃうくらい!見なきゃダメ!
2回目か3回目の鑑賞。
やはり圧巻。
邦画ではこれに並ぶ作品は未だ出会っていない。

過激な絵面、場面を、人間の感情を真に引き出すために多く用いてるために、決してファミリー向けの作品ではなくなってることは確か。

世間ではまず表向きには出せない描写を、予測できない展開と、日本を代表する役者たちの見る者を虜にする演技で細かに表現してる。

序盤から中盤にかけてつい目を背けたくなるような絵面が続く。気持ち悪いとか言ったらそこで終わり。こういう形でしか表現できないものをいかに捉えて解釈するか。

結局何への「怒り」なのかは、ただ頭がおかしかったとも、何に向ければいいのかわからない世間への怒りだとも捉えられるし、自分の中で明確にはなってない。けどなんかそれでも良いと思う。

宮崎あおいも渡辺謙も妻夫木聡も綾野剛も森山未來も広瀬すずもタツヤくんもあまりの名演で役者の凄さを思い知った。

とりあえず邦画ならこのタイプが1番好き。
しゃけ

しゃけの感想・評価

3.0
雄大な自然ってイメージしか残ってない
なんか主に野外ってかんじだった
maaanami

maaanamiの感想・評価

3.5
ネタバレになるので、あまり細かくは書けないけど。。

みなさんの演技が鬼気迫っていて、どの人も辛い映画だなぁと思いました。
moet

moetの感想・評価

-

邦画ってなんでここまで酷いこと描かないと気が済まんのだろう
見た人に衝撃を与えないと映画が売れないから?そんな退屈してる?

役者さんはすごい としか言いようがないけど、脱いだり犯されたり殺したり
こういう役をこなしたら演技派と評価される うーん

虚しさ残虐さの衝撃より 違った衝撃がほしい。

そんなものニュースで十分なのに
映画の影響力をもっと素晴らしいものに使ってほしい
慢性的に酷い映画作って公開するんじゃなくて。
>|