怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

栗田

栗田の感想・評価

-
自分は人間が発する言葉をほとんど信じてないけど人間自体を疑うことはしたくない。
自分の周りの大事な人が殺人を犯していようがそうでなかろうが、ただ自分から見える部分だけを受容するだけ。
初めて見た。今まで見なかったのが恥ずかしい。個人的に邦画No. 1。やるせない感情が押し寄せてくる。本当の怒りは相手には伝わらない。
それは、本当の怒りは相手に対してではなく自分に対してだから。
かめ

かめの感想・評価

4.0
すずちゃんの体当たりなシーンが凄惨すぎて、もう一回は見れないなと思ったんだよね…

でも話の内容は面白かった。
iri

iriの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

人括りには出来ない「怒り」の物語。

犯人の怒りと少女の怒り、感情の名前は同じでも同じはずがない。
本当は名前なんてつけられない感情が爆発していた。

そしてその分それぞれ弱さと優しさも際立って見える映画だった。




登場人物皆存在感あったけど沖縄の少年と渡辺謙が特に好きだった。
私はああいうお父さんに弱いですね。

このレビューはネタバレを含みます

重い、重いなぁ……日曜日の午前中とかに鑑賞する作品じゃあないな♪

ピエール瀧のデリカシーの欠片も無い刑事に唯一ほっこりさせられました。あ、あと宮崎あおいのアホの子演技もかわいくて良かったです♪

妻夫木パートは個人的に刺さらず、森山未來は前々から日本で1番バックパッカー役が似合うと睨んでたんで期待通りという感じでした(しかもキ○ガイのオマケ付き♪)

しかし、あのチョイ役と思ってた沖縄ボーイがあそこまで重要な役だとは!辰哉!よくやった!ムショ出たら好きなだけニンジンシリシリ食わしてやるからな!

梵天丸もかく在りたい♪
chi

chiの感想・評価

-
愛が故の怒り、行動の結果が大半だからやるせない。人間って弱い。
森山未來は狂気を演じるために生まれてきたのかって思うこと多い...上手すぎる...。
あとあたしゃ綾野剛と妻夫木くん主演の濃厚ラブストーリーが観たくなったよ!!実現して!
あんぬ

あんぬの感想・評価

3.9
千葉、東京、沖縄と3つの場所でそれぞれ素性のよく分からない男が現れ、よく似た男が殺人事件の犯人として指名手配されており…とミステリーど真ん中。それぞれの話は直接リンクしてはいないけど上手くまとまっていた。

指名手配の写真が程よく3人に似てる。
市橋達也をモデルにしてたのか、犯人は最初からこの人かなと目星はつけやすかった。

信じてしまった怒り、信じてあげられなかった怒り、信じてほしかった怒り。それぞれの悔いや不安など怒りにつながる感情の描写もしっかりと描かれていて良かった。
no

noの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すごいハラハラした、八王子夫婦殺害事件の指名手配犯に似ている3人の物語が同時に展開されるのだが、どれも犯人目線ではなくその人を取り巻く人目線から見る疑いにフォーカスを当てていたのが面白かった
東京の直人、沖縄の田中が怪しいと思っていた
しかしどんどん後半になるにつれ直人の優しい言動や藤田との関係を見るとこの人がそんな残忍なことをするようには見えなくなり、同時に田中が本性を徐々に現し壊れていく姿が気持ち悪くて最悪だった
そして本作で一番の胸糞シーンである泉のレイプシーンはテレビかち割ってやろうかとそれこそ怒りを露わにしてしまった
直人が亡くなったと知った藤田の号泣シーンには思わずもらい泣きした
田代も幸せになってほしいし、自責で壊れそうな知念も幸せになってほしい
サイコパス恐ろしすぎる、許せない
湊鼠

湊鼠の感想・評価

4.7
演者がとにかく豪華。だけどそれぞれがその俳優らしさを消してるというか、安っぽい感じがしなくてさすがだなと。


人を「疑う」というのが作中のキーワードになっていると感じた。人を疑うってそんな簡単にはできないじゃないですか、特に自分にとって大事な人であればあるほど。それでも人は裏切ることだってあるので、あれ?と思ったときにはもう遅い。映画がやっと終わる頃にタイトルでもある「怒り」の意味がわかって、あぁーと声が出そうになった。

たくさんいる登場人物がそれぞれ怒りの感情を持っていて、それは“誰かに対する怒り”だけではなくて、“あの人を信じられなかった自分への怒り”だったり、“どうにもならない過去への怒り”だったり。


個人的に、広瀬すずがよかった。まだ若いのにリアルで生々しい演出を上手にこなしていたと思います。それでまぁ宮崎あおいちゃんが可哀想で可哀想で。本当に素敵な女優さん。大好きです。


ハッピーエンドでもないし、安易に何回も観れるような作品ではないけれど、これは多くの賞を取ったことにも納得できる圧巻の作品で、たくさんの人に観てほしいと思った。




『それでも、あなたを信じたい』
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画としてすごく良かった
色んな社会問題に対しての「怒」
森山未來の工事現場で働いてるっていう話や、ラストシーンで顔をハサミで削ってるシーン(顔の特徴的なホクロを削ごうとしている?)が伏線回収になっていたり等、映画としてもすごく作り込まれてた

信じることによって悪い方向になった
信じないことによっても悪い方向になった
っていうある種救いのない状況
>|

あなたにおすすめの記事