怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

大切なものは増えるんじゃなくて減る。
予想してたより重くなかった。
キャストの演技レベルの高さ!!
ももも

もももの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

しばらくトラウマになった。
震えが止まらなかった。
視聴者にこれだけ影響を与えてしまうんだから映画として凄いんだと思う。

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの邦画
長いが一気に見終わった。
終わった後はしばらく呆然とした。
頭の整理が追いつかなかった。
キャストそれぞれの感情表現が凄い
語らずと感じる表現

素性の知れない3人
その周囲を取り巻く人達のドラマ
身に染みるシーン、セリフがたくさん

お父ちゃんはひたすらに娘を想う
想うが故に田代を疑う
愛子は田代を愛する
心が揺れて田代を疑う
田代を失った悲しみに泣き叫ぶ
田代は純粋に自分の居場所を探す
疑われた悲しみに身を隠す
しかし愛子の想いを感じ連絡を取る
必死に稼いだ40万円
犯人であろうと愛するという想い…

直人も居場所を探していた
親もなく、病と少数派の性を抱いて。
疑われても優馬への想いはきっと変わらず。
優馬は直人を疑ったことを悔いた
信じ抜けなかったことを
とりかえしのつかない事態を…

泉が犯されたことに
青年は強い憤りと虚しさを感じる
田中も同様に怒りを表現する。
泉にしてあげられること…
田中は嘘をついた?
自分を殺させるために。
自分が悪になることで、
青年のわだかまりを消化させた。
泉も怒った
憔悴から抜け出して怒った
ぶつけ所のなかった怒りを…

風俗
ゲイ
レイプ

社会からの偏見
そんな一面も表現されていた
なんかすごいね、色々

色々すごいんだよ
だから一言で感想が言えない
紬

紬の感想・評価

2.5
犯人が途中で分かっちゃうから最後の「誰が犯人!?」ってやりたいところを楽しめないかな〜

あと これ痛いやつでしょ?痛くなるやつでしょ〜?と思ってたら特に何も起きなくて拍子抜けしちゃうしでなんだかなんだか。
信じることをテーマに3つの方向からきちんと詰める、それでいて説得力もあるいい映画だと思う。
ザイ子

ザイ子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

レンタルより。重い。重い。重い。だけど時間を忘れるくらい引き込まれてしまった。3つの舞台でそれぞれ話が進んで行くが、これをうまく絡ませつつ誰が殺人犯であるのかを困惑させる演出が見事だった。かといって観る側が迷子になることなく鑑賞できた。殺人犯の心理とか、人の感情、疑惑、恨みとかいろんな思いが溢れてきて観るのが辛いシーンも多々。今の社会を反映した設定もグッときた。出てくる役者さんの演技が全員素晴らしかった!
371

371の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

よかった!!キャストがいい
女の子がアメリカ人にファックされるのが怖かったけど
綾野剛と妻夫木聡は最高やね!!
ddd

dddの感想・評価

4.0
体力使う作品
本筋の森山未來の話より松山ケンイチとか妻夫木の話のが好き
妻夫木いい演技!
広瀬すずは可愛くて可愛かった
にゃみ

にゃみの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

見たくない日本をまざまざと見せつけられる映画。

この年はいわゆる当たり年だと思っていて個人的にはベストの邦画だった。

ふと思い返すとその人の過去のことなんかろくに知らずに仲良くなることなんてありふれてて、そこから恋人関係になることも十分あり得る。

ただふとした拍子に見えるその人の過去に心は揺さぶられるし、ましてやそれが殺人事件の犯人に似てると言われると信じ切ることは難しくなる。

演技派の俳優さんたちが揃ってるし、必見。
がみー

がみーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

蒸し暑い夏の日に起きた夫婦惨殺事件…犯人は逃走し連日報道される日々。

千葉、東京、沖縄に現れる身元不明の男達とそれを取り巻く人々の人間ドラマ。

妻夫木聡&綾野剛の濃厚絡みを正座待機しつつ、てかかなり序盤から出てきたのでワーオ♥って感じだったのだけど予想以上に重たい映画で最終的にそれどころじゃなかった…すずちゃんのあんなシーン聞いてないよ…心が死ぬ…


しかし整形したり島に潜んだり
露骨に市橋モデルな犯人の田中(森山未來)

俺ほんとは知ってるんだよね泉ちゃんのこと…からのフライパン振り回し暴れまくる流れといい最後自分が悪役になって落とし前つけた感じに見えた(そう思いたい)
>|