怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・評価

    よかったです。しかし、長い映画でした。
    沖縄にはいろいろありますね。
    演技がすごい。

    生々しすぎて直視できないシーンも多々ありましたが、点が繋がっていき、グッとくるものがあった。

    人を信じることの難しさ、どこへも向けようのない怒り、人間の儚さ、愛、、、誰もが感じるような感情や難しさが散りばめられている。

    綾野剛が美しい…。
    ayanopamyu
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    名作だった。しかし夜ひとりで観たらただただ重かった。不信がもたらした(偶然の)悲しみと、信用がもたらした悲しみと、怒り。あかんまだ明るい気持ちになれないわ。。。
    山神の素性を最後まで明かさなかった辺りも構成が非常によく作り込まれていると思った。ただお茶のくだりはネタバレを読んで最後に理解した。血のシーンちゃんと見れられんかったもんでそこまで頭まわらんかった。手に汗握ると頭よわくなる。笑
    YURIE
    5.0
    思い出し記録
    11日に横浜TOHOシネマズ(プレミア)で二回目見た。
    邦画ナンバーワン
    最強に面白い
    気になっていて、やっと観れました。

    なかなかヘビーな内容でしたが、一気にザッと観れました。
    役者さんの豪華さが半端なく、熱量が凄かったです。

    宮崎あおいさん演じる愛子のどこか行ってしまいそうな雰囲気、渡辺謙さんの娘を叱れない父、親子の関係がなんとも言えなかったです。

    また、爽やかなイメージのあった広瀬すずさんの新境地が観れたような気がしました。

    最後はなんとも言えない気持ちになりました。人を信じることの大切さ、難しさについて考えさせれらました。
    kao
    4.0
    宮崎あおいが悲鳴をあげるように泣いているシーンが忘れられない。
    cublikko
    3.9
    噴りの感情
    凄まじい
    mina
    4.1
    人を信じるって、難しい。信じていたからこその怒り、信じられない怒り、、、ああ。生きるって大変だ、と思ってしまった作品。とりあえず俳優さんの演技が素晴らしい。
    >|