怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.5
すごく良くできた作品と思った。

3つのストーリーを扱えば大概ごちゃごちゃになって観客を置いてけぼりにしそうだがこの作品にはなかった。

そして適度にくる過激な描写が
緊張感を維持させてくれた。
面白いと言うのは少し違うが非常にのめり込める作品かな。

ただ見終わった直後はもう見たくないと思わせたかな。
JP

JPの感想・評価

4.0
記録
YunoCurry

YunoCurryの感想・評価

4.0
あらすじも何も知らないで観たから、広瀬すずの役っている??てずっと観てたけど後半で必要ってわかった。
犯人と関係が結びついてた。要は最後の最後に犯人が分かる

それまで全然分からなくて犯人誰で悩むの楽しかったし、あと人を信じすぎるのはあまり感心しないかも…と思ったり。でも人を信じたり信じようとおもうのも大事だなっておもったり。
これはもう一度観てさらに各々の「怒り」の形の理解を深めたい〜
森山未來の演技やばたん。宮崎あおいと渡辺謙も。

怒りの字に 女 が入ってることにちょっと考えるんだけど、あんまり、意味ないよね?笑🤔
Saekonico

Saekonicoの感想・評価

4.5
広瀬すずを好きになったきっかけの映画。
リアルで悲しかった。
kouhei

kouheiの感想・評価

4.4
宮崎あおい本当にこうゆう人なんじゃないかって思うレベルの演技力

これ劇場でまちがってカップルで観に行ったらキツイだろうなぁ

指名手配写真おれじゃん
Mako

Makoの感想・評価

4.5
息苦しい映画だった。(褒め言葉)

3つバラバラのストーリーで最初は何が何処で繋がるのかさっぱり検討もつかなかったけど、終盤ああ、わあ、あああってな感じで、完全に線で繋がる訳ではないけど、なるほどな、と。

それぞれの怒りに胸が苦しくなった。

何をされたから信じるのか、疑うのか。
何をしたから信じるのか、疑うのか。

自分も人を信じきれるのか考えさせられる。



キャストの演技は素晴らしい。
特に私は森山未來のあの何とも言えない不気味さ、異質な存在感にやられた。
妻夫木聡も綾野剛もとても良かった。

こうゆう邦画好きだわ。
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

5.0
怒り、という感情は
たった2文字では抑えきれない。

暫定邦画一位。

このレビューはネタバレを含みます

想像していたよりもとても良かった!悪人は大好きな作品だけれど、怒りも同じくらいに好きになりました。

宮崎あおいが苦手だったんだけども、この作品見て克服できたかも。松ケンとのコンビが見ていて本当に微笑ましい。幸せになってほしい。

森山未來の不気味さはさすが。あの雰囲気は出そうとしてだせるもんじゃぁないよね…
広瀬すずも頑張ってたなぁ

ゲイ耐性はあると思ってたけど、甘かった。妻夫木聡と綾野剛の絡みが生々しく感じてしまって、ちょっとしんどかった。笑
やっぱりBLはファンタジーだなぁと。笑
でも、あの関係性も切なくて苦しかった…涙しか出ない。辛い…綾野剛のあの儚さが本当に切ない

それぞれが違う形の怒りを持っていて、その怒りはとても身近で、身に覚えのあるものだから、とても伝わってきた。

後半から涙が止まらない。
重くて、考え出したら深みにはまっていくけど、考えずにはいられなくなる作品。
>|