怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・レビュー

    アメ
    アメの感想・レビュー
    16分
    4.3
    記録
    kai
    kaiの感想・レビュー
    40分
    4.0
    俳優陣の演技力の高さに圧倒され、最後まで画面に引き込まれていくような作品。

    最後には人を信じることの難しさ、色々な怒りのかたちにグッときました。
    zilch
    zilchの感想・レビュー
    1時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    記録用。
    久しぶりに邦画で面白いと思った。見入ってしまった。
    ・妻夫木聡と綾野剛を見るつもりが全編真剣に見てしまった。そしてめちゃくちゃ落ち込む。
    ・妻夫木聡と綾野剛の演技がすごい。この役の為に同棲してたという噂を聞くけど、本当に凄かった。
    ・綾野剛の糸引く唾液、コンビニでコンドームを買う姿、マジでエロい。
    ・妻夫木聡の足で股を開かせる仕草、押し倒す時の獣じみた表情、綾野剛とは対照的に筋肉の付いた身体、マジでエロい。
    ・2人の話はキツイというより切なく終わった。幸せになって欲しかった。
    ・渡辺謙と宮崎あおいの話、キツイ。松山ケンイチが犯人じゃなかった時のシーンが一番見てツライ。唯一希望が差した話。
    ・広瀬すずと少年の話、マジでキツイ。レイプシーン本当にキツイ。広瀬すずの悲痛な叫びとビクビク動く足がリアルで、本当に犯されてるんじゃないかと思うくらいキツイ。この2人の話が一覧キツイ。マジでキツ過ぎる。

    面白かったけど二度と観ない。
    マジでキツすぎる。
    Ayane
    Ayaneの感想・レビュー
    3時間
    -
    めちゃくちゃおもしろかった。何度も見れる。見れば見るほど謎深まったけど自分なりに解決できた
    Konny
    Konnyの感想・レビュー
    6時間
    3.0
    豪華な俳優陣!
    もっとジメッとしてるかと思ったけど
    思ったよりは。
    けっこう軽めで物足りない感。
    でも途中で私も心が死にました。怒。
    はい
    はいの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    落ち込む。
    プル
    プルの感想・レビュー
    7時間
    3.9
    ある人愛する人を最後まで守り、ある人は愛する人を最期まで思い、ある人は愛する人を最期まで信じ、ある人は最期まで愛を知らなかった。
    アリサコサカ
    アリサコサカの感想・レビュー
    7時間
    3.8
    映画館で見そびれたのをやっと見れた

    三つの話が交差することなく進んでいってそれぞれ単体だとよくある邦画のよう
    結構長いけど珍しく最後まで見入った
    一番犯人っぽいやつが犯人だったな〜

    有名な役者が揃ってる中で沖縄の少年役の彼、無名なのに凄すぎんか
    私としては瀧をもっと見たかった
    Kohri
    Kohriの感想・レビュー
    7時間
    3.0
    2016年公開。監督は李相日。

    現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇。

    タイトルは『怒り』だが、物語は”信じること”を主題に描いた作品。
    こういった複数のストーリーがパラレルワールドとしで進行していくスタイルを取った作品で真っ先に浮かぶのが『めぐりあう時間たち』や『バベル』などである。
    この二作品と本作は悪い意味で似ているように思える。
    それは、完成度の低さである。

    本作は、三つの世界がまるで繋がっているかのようなカッティング技術で端正なパラレルワールドとして描かれている。なので、ミステリーとして、同一人物のエピソードの時間軸をシャッフルしたものなのか、それとも別の人間のエピソードを同時に見せているのかわからないという巧みな演出が施されている。それが続く第二幕までは結構面白い。
    しかしながら、第三幕で転調し、ヒューマンドラマとして表出した三つのストーリーのなかで、森山未来の箇所だけやや浮いていて、全体としての纏まりが欠けているように感じた。

    結局この作品は”怒り’を伝えたいのか、”信じること”を伝えたいのかが不明瞭なのである。
    また、森山未来のラストも緊迫感に欠ける。これは松山ケンイチと綾野剛のラストが素晴らしいだけに、非常に惜しいと感じた。
    使用された音楽の高揚感や宮崎あおいの存在感も素晴らしかったので、名残惜しさが残る作品であった。
    >|