怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

Aoi

Aoiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

疲れた…
信じるも信じないも全部自分がどう思うかでしかないし
絶望と不安とやるせなさと諦観の中にほんの少し希望が入るからより一層輝いて見えて大事にしてしまう



俳優陣みんな凄いのに、綾野剛にこんなのやらすのほんとずるいよ………
ままま

まままの感想・評価

3.6

自分にとっては簡単なストーリーじゃなかった
なんか抽象的で分かり易くなかったのに
飽きることも無く登場人物全員の感情に共感した

ストーリーを読み取りきれてない気がしつつも
ラストでは「あぁ、よかった」「そうだったのか」とか、沢山の安堵や裏切られた気持ちや喪失感を心でぎゅーっと受け取った。

最後は、初めは無かったお父ちゃんの覚悟が見えた気がした。最近覚悟ってなんなんだろうと思っていたけれど、こういうことなのかなと思った。
責任を持つ勇気に近いような。

どんな映画だった?と聞かれたら、いい映画!と答えはしないけど、きっと何度も見るしこの2時間の中でまた何度も登場人物と同じ気持ちを味わうと思う。

邦画やっぱ最高
綾野剛が痛々しくて繊細で愛おしかった。本当に歩く傷みたいな俳優。
内容が内容なので見ていて凄く疲れたけど出ている俳優全員の演技が素晴らしすぎた
めめ

めめの感想・評価

4.6
考察もできて面白い映画だった
全員演技力が高くて見応えがある

人間味のある良い映画だった
iu

iuの感想・評価

3.8
いろんな人間がいるんやなってのと広瀬すずの演技力にびっくりした
Risako

Risakoの感想・評価

-
引きずる

こびりついて、頭から消えないシーンが多数

胸くそ映画、、、、(いい意味で)
久しぶりに見た邦画。
1人で観に行って、見終わった後に確か鳥肌か何か言いようのない気持ちになって、当時の恋人に電話した。そしてその後本屋へ直行、原作を買い、読んだ。
明るい話じゃない。寧ろ怖い。目は離せず、ひたすらドキドキしてた。
日本の役者さん、そして広瀬すずを演技者だとしっかり認識することが出来た作品。また見たい。

そして、映画の方が本よりよかった。多分役者さんたちの表現力と私の想像力の差だと思う。それくらい、気迫がよかった。
これはミステリーではないな
人は人を信じられるか
人が人をただひたすらに信じることは善か

そこに日本の現代問題を絡めて
(搾取と貧困、在日米軍)

これは強烈な映画。
「結局のところ、信じる者はバカを見る」世の中って、本当に我々が望むものなのだろうか。
junjun0223

junjun0223の感想・評価

5.0
僕の中で邦画史上最高傑作!!公開当時に女の子と観に行って、大失敗したのも良い思い出。映像もキャストもストーリーも全てにおいて素晴らしい作品だと思います。こんな作品をもっともっと観たい!!
pcao3000

pcao3000の感想・評価

5.0
大切な人を信じきれなかった後悔と、
ぶつけるあてのない怒りが、最後に来る話。
これはひきづる。
役者が全員良かった。
原作読んでても良かった。
>|