怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

aoi23

aoi23の感想・評価

4.2
ただ単にすごくおもしろかった。
視点を変えて見ると傷つく人ってここにもいるんだなと。
「怒り」という言葉や感情にストレートに向き合う映画だった。エンドロールで主題歌の題名を見てピンときた。本気の怒りの近くには優しさがある気がした。大きな感情を誤魔化さないで実直に生きようと思えた

それぞれのいろんな怒り
思い込みによる怒りそれを察した怒り
こういうことってあるある
最後までハラハラし通し。人を信じるって難しい^_^;

各俳優さんのイメージを脱ぎ捨てる体当たりの演技が良かった。特に妻夫木くん。森山未來も凄かったけど最後はやり過ぎ感が見えて少々興ざめした。
Sharksta

Sharkstaの感想・評価

2.7
久しぶりの邦画。
後味が良いとはいえなかったが、思ってたよりも、あっさり完結。キャスティングは中々話題性のある俳優達だったから、彼らの演技を観てみたいと。
これが日本映画ベンチマークとなるが、大丈夫かな...
Oyavaka

Oyavakaの感想・評価

3.8
人を信じるか信じないか。

妻夫木もすずも森山未來も良かった。
potzkun

potzkunの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

人をどこか疑う気持ちや信じたい気持ちに入り込んでしまった。疑って苦しんでも、それだけ近しく大事だからという。誰にでもあると思う。宮崎あおいが、すごくいそうな、幸薄くて足りない感じ、でも愛情深いというか、のら猫100匹くらい飼ってしまいそうなタイプですごく良かった。松山ケンイチの感情表に出さないタイプの役あっていた。
そして死んでしまったら後悔が残るけど、相手はきっと幸せな人生だったと思った。
でも殺人犯のような、動機を知っても全く理解できない闇みたいな不気味さもあって人間は底知れないと思った。あの沖縄の男の子の気持ちが女の子に通じてよかった。少しだけ希望があった。観てる方も防犯カメラの映像や写真から誰が犯人でもおかしくないと思わせるあたりすごい。
真咲

真咲の感想・評価

4.1
こんなにも見たあと死にたくなる映画もない
映画館以来の鑑賞、やっぱりこの作品は素晴らしい。
愛する人、ほんのきっかけを元に疑い始めるとそこから全てが疑うものとなる。信じるきる事がこんなにも難しいものなのか。観てる側は怒りよりもとにかく悲しい。久々かなり泣いた。

そして役者の方々の圧倒的な演技力、それだけでもかなり満足度は高い。
Eri

Eriの感想・評価

4.5
かなり面白い。
三つの物語が並行して話が進んで行くけど
どれもどの人が犯人なのか最後まで分からなくて、ずっとソワソワしたままでした。
信じることって簡単に見えて実は難しかったりして
信頼しててもほんのちょっとの出来事で関係が崩れてしまったりすることもあるし
人間関係って簡単に出来てるようで脆いなと感じさせられました。
>|