怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

なんだろう、みんな熱演で頑張ってたし、取り上げてる各人のテーマや問題も重いけど、逆にそのせいか見ててつらかったな〜。


すずちゃん、すごく大変なシーンがあって感心しましたよ。

このレビューはネタバレを含みます

いびつなストーリー展開なのがすごく変なバランスで成り立ってるけど、傑作!みんなすごい演技だったけど、宮崎あおいの泣き方に持っていかれてしまった。森山未來もすげー。沖縄のたつやくん?もすごかった!
3つの群像劇の最後の絶望感の中での松山ケンイチの弱さからの宮崎あおいと渡辺謙の希望から広瀬すずの咆哮がたまらなかった。

タイトルの怒りのテーマはあんまり理解できなかった。信じるの方がしっくり来るような。
ミナ

ミナの感想・評価

4.0
めちゃ引き込まれた。
色んな感情が込み上げてきた、、
表現しにくいけど信じることは大事だけど怖い。時に裏切ってしまうんだ、。
考えさせられる映画だったなあ。
もう一回みたい。
“信じる”ことの意味を考えらせられる衝撃作。大切な人を疑ってしまった自責の念、それはまさに自分への『怒り』。
えな

えなの感想・評価

4.1
原作読んでて犯人知ってたけど面白かった。原作は普通のミステリだったけど映画版のほうが深い気がする。暗さは原作のほうが暗かったかも。刑事視点が端折られてるのが絶妙にうまい。

ベテラン&実力派の俳優さんたちがそれぞれの物語を主人公として演じてるせいか衝突しあうことなくうまくいってた。
松山ケンイチ久しぶりに見た。
妻夫木聡は悲しみの演技だけ毎回微妙だと気づいた。
渡辺謙は日本の映画だと顔が濃すぎるw

広瀬すずってきらきらしてていいなぁ。
沖縄の海もきれい。
沖縄の少年タツヤの役の俳優さん、たぶん沖縄ネイティブ枠なんだろうけどうまかったー、あの面子の中でしっかり演じきっててびっくりした。

私は原作の暗めミステリより映画版のほうが好き。原作は読まなきゃよかったと思ったけど、映画版は観てよかった〜
Pivotetsu

Pivotetsuの感想・評価

4.0
原作読破済み。
人が人を信じる難しさがテーマの原作。
原作では犯人の動機がイマイチ分からない部分が不気味だしスッキリしないポイントだったが、映画ではそこそこ分かりやすくまとまってると思った。

キャストは本当にお金がかかってるなーという印象。
特に妻夫木聡が良かった。色気があった。
初めてキャスト見たとき、宮崎あおいはだいぶ原作の愛子とイメージ違うなと思ったけど流石の説得力ある演技で納得でした。
森山未來の怪演は素晴らしかったし、広瀬すずも頑張った!辰哉役の彼も初めて見たけど良い演技だった。
あ、池脇千鶴は相変わらずの存在感ね。端役なのに。笑

男だらけの泡パーティとかアイディアが面白かったし、沖縄の海はやっぱり映像で見ると美しいし、原作読んでたとしても見る価値はあると思う。
3つの話を同時進行させるのは難しかっただろうな。ときどきこの繋ぎ方どうなの?みたいのもあったし。笑
Yuchang

Yuchangの感想・評価

4.0
信じたくても信じられない時がある。

感情を表に出さない人が抱えている愛や悲しみに、もっと敏感になろうと思った。

わたしはもっと愛を伝えようと思った。

このレビューはネタバレを含みます

重い。最後まで重い。
二度と見たくない。
だが、目を背けちゃいけないこともある。

だけど胸糞悪い。。
sakura

sakuraの感想・評価

3.7
鑑賞後、とても心が重くなった。
最後に書かれた「怒り」が今でも忘れられないくらい恐ろしかった。
とにかく、軽い気持ちでは見れない映画だった。
SayuRi

SayuRiの感想・評価

4.2
役者さんの演技がすごい!
綾野剛、宮崎あおい、森山未來
空気作るのが上手い!
>|