怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

オチが「ん?!ほ?!」ってなったのと、一人一人のストーリーが残酷だったりそうでなかったり。。
ここの演技力は◎。
ただ、原作を見てからだと、やっぱり何か物足りなさを感じる。

このレビューはネタバレを含みます

こわい。。。
人を信じたいけど、疑ってしまう。
その疑いが晴れたときの
自己嫌悪……
こういう話、
フィクションじゃなくて
本当にありそうだなぁ。
顔似てる人結構いるもんなあ…

取調室で話してたヤツも怪しいし。。
やけに当時のことをリアルに話すし。
本当は彼が犯人なのか?
とも思ったけど、DNAが一致したなら説明つかないし…

宮崎あおいの最後のカメラ目線がちょっとこわかった。

とにかくちょーーカロリー使う映画でした

つかれたー
かず

かずの感想・評価

3.5
信じるって何?好きだから信じる?信じたい?う~ん。考えさせられる映画でした

このレビューはネタバレを含みます

豪華俳優ばかりで
みんな演技上手い...。

宮崎あおいちゃんの泣き叫ぶシーンとか
広瀬すずちゃんの叫ぶシーンとか
こっちまで感情移入してしまった。

妻夫木くんのも辛すぎる...。


1番印象に残ってるのは
広瀬すずちゃんが米軍にレイプされてるシーン。あれ怖すぎて泣きそうになったわ。気づいたら自分の手の甲を噛んでた。


最終的に夫婦の家に書かれてた「怒」の意味が分からなかったから、もう1回観ます。あぁ、重い...。
愛しているのに信じられない、信じてもらえないのは辛い…。
信じたいけど疑ってしまうのもすごくわかる。素性が明らかでないなら尚更。
信じることって難しい。信じるとは何なんだろうと考えさせられる。
なんだかいろいろともどかしい。
妻夫木くんのシーンで泣きそうになった。
大事なものは増えてくんじゃなくて、減っていくって言葉がすごく印象に残ってる。
スッキリはしないが、良い映画。
vesper

vesperの感想・評価

4.0
最初は上映時間が長いし、広瀬すずが酷い目に合うので好きな女優のそういうシーンを見るのはつらいためずっとスルーしていたのですが、キャストを改めて見てみると興味のある俳優さんがたくさん出てるので観賞して見ました。

ラストにはわずかに希望が見えたけどやっぱり重い映画だった。

全員演技が上手い役者揃いです。
しかし邦画は感情爆発=泣き叫ぶ演技がよくあるのであれにはちょっと冷めてしまいます。
米兵がなぁ。犯人の動機もわかりにくいし。ミステリーではなく心理系なのかなやっぱり
黒板の爪キーが嫌いな僕には、唯一、石に石で書き込むあそこだけ、我慢ならなかった。

だから

“怒り”
見終わってから、色々なシーンを思い出しては考えさせられるような映画。視聴必要カロリーは高め。後味はイミテーションゲームに近いかもしれない。
>|