怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・レビュー

    Koujiro
    Koujiroの感想・レビュー
    22分
    3.7

    宮崎あおいさんのちょっと頭の弱い子の役作りが素晴らしい。

    森山未來さんの工夫。

    原作読む。
    ベン
    ベンの感想・レビュー
    36分
    -
    多様な人間模様に残忍な事件が絡まり物語に引き込まれていく。
    面白いが観ていて非常に辛くなる
    treetop
    treetopの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    周りへの怒り
    自分への怒り
    怒りに感情をかき回される人間

    観終わったとき
    山神がどんな人間だったのか
    最後まで本当にただの狂った殺人者だったのか
    田中として
    人ではなくひたすら物に感情ぶつけるとこ
    ホクロを削っているとこ

    人を疑ってきた山神が
    沖縄で田中として変わっていったのではないか
    変わりたかったのではないか

    山神の怒り と 田中の怒り
    この二つは大きく違うんじゃないか

    そんなあれこれを
    想像させる

    これも
    信じたいということと
    同じかな

    原作読んでないから、映画だけでの感想
    kodomo
    kodomoの感想・レビュー
    3時間
    4.8
    🔥鑑賞記録 🔥

    人間の愚かさが喉を通って腹に溜まって怒りになって神経を麻痺させる。
    結局誰も彼も純粋過ぎただけだったのかもしれない。
    怒りっていうのは誰もが持ってる感情だしそれはどうにも表現できない複雑な構成をしているんだと思う。
    見終わった後はやけに目が乾きました。

    綾野剛の首筋の色気が止まらなかった。
    michael1002
    michael1002の感想・レビュー
    3時間
    4.5
    実力派の豪華出演者なので、とてもリアリティーがあります。観てるこっちもこの人が犯人なのでは?と疑ってしまいます。非常に重い内容です。
    moru
    moruの感想・レビュー
    3時間
    3.9
    でも殺しちゃいけないよ山神
    hiroki
    hirokiの感想・レビュー
    4時間
    3.6
    自分の足らないこと、他人の足らないこと。それが怖くて、だから楽しくて、でもやっぱり苦しんで。わからなくなって、どうしようもなくて。引き返せなくなった、その時に一番思うのは自分自身への「怒り」なのだろう。

    けれど、それはきっと良くも悪くも、その先を生き抜く為の糧にちがいない。

    いい映画でした。
    >|