怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

たまにはシリアスな映画も観てみるかと思って観たけど、重すぎる‥

特に沖縄編。ひたすら辛かった‥
原作では未遂で終わってるらしいけど、衝撃的なシーンにするためにあんな風になったとか‥

(けど森山未來はクズだけど、いちばん悪いのは米兵だよなと思ったり。)

3人の男たちみんな似てる。ワイルドな森山未來なかなか良かった!
そして妻夫木聡やっぱりイケメン、
ああいうチャラチャラした感じの方がより好きかも。笑

宮崎あおいの演技も迫力があった。
BLAIR

BLAIRの感想・評価

4.7
信じたいけど信じられない気持ちが痛かった。

どの登場人物もいつの間にか愛着がわいて、この人が犯人であってほしくないと、見ていて途中から苦しくなった。
illマン

illマンの感想・評価

4.4
幸せな2時間と20分だった
本当にキャスト全員が素晴らしすぎる
中でも宮崎あおいと森山未來とピエール瀧がたまらなく素敵

山田孝之が塩顔だとして、3人のうちの1人だったらな〜と思いながら観てた
peanutchy

peanutchyの感想・評価

4.0
とても深みのある映画だった。
ただ重いとか、暗いとか、そういうわけでなく、観た後には拠り所のようなものを与えてくれた気がする。
時々、人間って厄介だなと思うことがある。それこそ、やり場のないどうしようもない感情に押しつぶされそうになることもある。人を信じること、人に信じてもらうこと。どこまで本当に信じられるかって、難しくて怖い。信じたいけれど、少しでも一度でも不安を感じると、心が揺らいでしまう。それが人間。だと思った。
豪華な出演者が集まっているけれど、それぞれが前に出過ぎず、且つ色を出している。実際そこにいるかのように思えてくる。
いろいろな社会全体の問題が露わになって、少しではあるが考えさせられる機会にもなると思う。
わ

わの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス的な要素が薄く、あっと驚く展開もやられた感もなく、犯人は誰かと推理しながら楽しむ感じではないなと。

3つのドラマを観ている感覚でしたが、とにかくキャストの演技が圧巻。ベテラン勢はもちろん若手の方も迫真の演技で引き込まれました。素晴らしかったです。広瀬すずのレイプシーン、宮崎あおいの慟哭シーン、妻夫木&綾野のセックスシーンは演技力が凄過ぎるだけに忘れられないシーンとなりそうです。

にしても、確かに今回犯人疑惑になってた3人の俳優さんは顔立ち似てるかもですね〜
信じるって簡単に言えるけれど

ある住宅街で夫婦殺人事件が発生、犯人が指名手配された。同じ頃、異なる3つの地域で、物静かな男性と出会う人達がいた。1人目、中年男性の槙。同僚の若者、田代が娘の愛子と仲を深めるにつれ、明らかになる彼の過去。2人目、30歳前後男性ユウマ。ゲイバーでナオトと出会う。行く宛が無いという彼を気遣い同居を始めて以降、ユウマの周辺にトラブルが発生。3人目、女子高生の泉。沖縄の離島を訪れた際、廃墟で単身暮らす田中という男と出会い顔見知りに。その後、泉が事件に巻き込まれる。男の過去や本性に疑問を感じながら、平穏に振る舞い過ごしていた人々。しかし、徐々に明らかになる事実が彼等の猜疑心を掻き立てていく。さらに、指名手配犯の人相が拡散し始めた時、それぞれの状況が大きく動き始める。

面白かったです。終始ハラハラしながら見ました。ミステリアスな3人に翻弄される人々。彼等と同じように疑い、ラストで自分の器の小ささに気付かされました笑 見せ方が面白くて、殺人現場の大量のカップ麺、直後カットでカップ麺を買うナオト。現場の洗面台にある髪の毛と、同じように髪を切るシーンなど、連想の誘い方が印象的。巧みに伏線を張りつつ、複数エピソードをドラマチックに展開・収拾させていく構成の上手さを感じました。

”信じる”ことについて考えさせられる映画。その言葉に勇気付けられる一方、裏切られその脆さに失望する人、大事な人を信じ切れず自分を責める人。登場人物の想いに触れながら、言葉の色々な側面を感じた。こんなに脆いのにそれでも信じられる?って試されている感じ。自分が映画同様の葛藤に直面したら、間違いなく保身に走り、池脇千鶴さんにバシっと言われるだろう笑 そんな自分でも、誰かを手玉にする為に使う卑劣さは理解。簡単ではないけど、言葉のポジティブな面を大事にしたい。

気になったところは一部過激なシーン。観ていて胸が痛すぎた。現実に起こり得ることで、軽く観たくないとか言えないけど。そんな描写表現は、この映画のメッセージとは違う気がして、そこまで鋭くなくてもと感じました。演技は凄かった。。

心の深いところを突かれる映画。一人で見て、鑑賞後色々考えるのをオススメします。
絶対悪

絶対悪の感想・評価

4.0
3本の映画をみた気分。それぞれのパートが全部良かった。主演級の俳優をこれでもかってくらい集めたただの犯人探しサスペンスかと思ってたけど案外犯人なんて見終わってみればどうでもよく感じた。

内容は市橋達也のあの事件をベースにしているのかなって感じでハッピーな気持ちになれる作品ではないがずっと心に残ってる…

登場人物がそれぞれ、やり場のない様々な怒りを抱えていてみていて苦しい気持ちになる。ほんとは信じたい人もちょっとしたことで疑心暗鬼になってしまうのも人間らしいというかなんか…信じるって難しすぎる。

大切なものは増えるんじゃなくて減っていくんだってセリフが忘れられない。終始綾野剛が儚くて良かった…
Hidek

Hidekの感想・評価

4.7
あんなことあっても「怒り」という感情で済むんだからやっぱり世の中の人たちって経験豊富なだと思ってしまう。自分で考えると「死にたい」かな。そんな簡単な感情で嘆いてしまいそう。でもこれは確かに「怒り」かも。俳優女優に魅せられてしまった。
俳優の演技が素晴らしい。森山未來は怖いくらい演じ切っていた。
しかし、3つのストーリーそれぞれに怒りがあるとしたら、妻夫木聡と綾野剛のストーリーは他の怒りに比べたらちょっと薄い?かなと思ってしまった。
chiiiiika

chiiiiikaの感想・評価

5.0
ちゃんとつらいから、ちゃんと救済される、身体的演技も音楽もよい
>|