怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

ぐちみ

ぐちみの感想・評価

4.5
冷笑とは、こんなにも人を見放し孤独なのか
この国にはびこる病巣の化身をみた

この怒りはわからないやつには一生わからない
junjuone

junjuoneの感想・評価

3.3
宮崎の演技、着てるもの、声だけで、シャンプーと湿気の臭気が突き刺さしてくるような威力がある。壊れてもいいおもちゃ、って、、何歳の設定のキャラクターなのか。。宮崎あおいがこういう役をやるとは。。
森山未來もすごい。磨きかかりまくってる。
妻夫木もいい役者になったなぁ。
他にも名優多数。

3人の容疑者それぞれについて、等しいボリュームでストーリーが進行する。
しかし、真犯人以外の2件のエピソードは、事件とは全く関係ない話であった。
それぞれのストーリーが絡み合うとかでもない、事件を捜査する警察官以外はエピソードにまたがって登場するキャラクターもいない。

なぜここまで全く事件の真相と関係ない話に全編の3分の2を割く必要があったのか。
それは、何を信じるか、信じないか、を本当に観客に問う作りになっている。
何を疑うか、疑わないか、と言い換えることもできる。

信じた人に裏切られることはリスクかもしれない。だが、人を信じないことのリスクをこの映画は見せてくれている。

この映画を観る人には、真犯人以外の容疑者を疑い、もれなく裏切られ、本編の3分の2が真相と無関係であったことを悟る損失感として残る。まさに疑うことのリスク、信じないことのリスクを体感させてくれる。
ゴミ

ゴミの感想・評価

3.8
ただただやるせない。
それでも、純愛とはこういう事なのかなと思わせてくれた作品でした。
べぷ

べぷの感想・評価

3.2
超胸糞映画でした…。

宮崎あおいが脆い。すごく脆い。
触るとボロボロと崩れ落ちるんじゃないかってくらい、脆い。

それと、目を逸らしたくなるような描写が多くて、見終わった後のモヤモヤ感がすごい。

作品としてみると、なんか少し負に落ちないというか、すごく胸糞な気分。
けど、役者たちの演技は素晴らしい。引き込まれる。

一気に見るとしんどいので、分けてみることをオススメします…
もう多分、2回目見ることはないかな笑
たそ

たその感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

三つのストーリーが並行して進み、この三人の中で犯人は誰でしょう?っていう話。結局「怒り」がなんなのか、なにを伝えたかったのか犯人が分かってから分からなくなった。"ユリゴコロ"といい、私はやはりこの松ケンが好き。妻夫木はBL向き。妻夫木と綾野剛のBLとか誰かもっと早く教えてよ。
Aura

Auraの感想・評価

3.9
綾野剛と妻夫木聡のセックスシーンを彼氏があのホモのシーンは…と嘲笑気味に言ってたのが嫌気がさした
hika

hikaの感想・評価

4.7
信じること、信じられることの難しさ。ほとんどの主要人物がバッドエンドで観終わった後も暗くて重い所から抜け出せない。

沖縄行きた!!!
すごく壮大で引き込まれて泣いたしストーリー時代とても面白いのですが胸焼けがすごいです。
たに

たにの感想・評価

2.4
話自体がという意味ではなく、
精神的な意味での胸糞が悪い映画だった。
切なく悲しく、まさしく怒り の映画
もう1回見る勇気はもう無い、、、
3人の犯人に似てる男のそれぞれのストーリーを観る側は
この人が犯人? いやこの人が犯人?っと
疑って行く様な展開はとても引き込まれて面白いです。

犯人かもしれない、、と
その人に関わっている人達の疑念が
人を信じる事が出来なかった怒り
人を守ることが出来なかった怒り
人に裏切られた怒り
人に蔑まれた怒り につながる。
とても人間臭くて重い内容で
解決出来ない怒りが心の隅に残る作品
>|