やし

ワンダーウーマンのやしのレビュー・感想・評価

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)
3.9
ただの男じゃ手に負えない。


外界から隔絶された女性だけの島に生まれたダイアナ(ワンダーウーマン)は王女として大切に、そして強く育てられたが、突如外界から島に迷い込んだトレバー大尉から外界の惨状(第二次世界大戦真っ只中)を聞き、世界を救うため外界へと飛び出す。

映画の前半は、
「ワンダーウーマンの出生はこんなんです。こんなにもピュアな子なんです。外界だと世間知らず丸出しだけどかわいいでしょ」ってな自己紹介的ゾーンで、ところどころもたつく。

本作が抜群に面白くなるのは中盤辺りから。

戦争を本当に止めるためには元凶を潰さないといけない。そのためには目の前の地べたで助けを求める戦争被害者を時には素通りしないといけない。
と、トレバー大尉たちがダイアナを諭す。

だが、真っ直ぐなダイアナはそれができない。
そして、彼女は初めて戦場に降り立つことになるわけだが、このシーンは本作の大きな見所となっている。ほんとに震えた。

そもそもダイアナ役のガル・ガドットは、当然上下ジャージだろうがどんな姿だろうが相当美しい。
監督はそんな美しいガドットを更に推して美しく撮っているし、その格闘シーンも美しい。非常に絵になる。

嫌味な風は一切ない系の美人だし、監督も女性だし、それに加えて天然ピュア属性を盛り込まれたら完璧だ。まさにワンダーウーマン!!


……勢い余ってガドット推しのレビューになってしまったが、最後にそんな魅力的なガドットよりも個人的には格好えーなーって見てたクリス・パイン演じるトレバー大尉の名台詞で締めたいと思う。

「ぼくは今日を救う。
 君は世界を救え」