ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.8

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

YMY

YMYの感想・評価

4.5
最高の美女戦士!
最後の飛行機のシーンは感動。戦争の残酷さと現実が、神話とヒーローもので重くなりすぎずに伝わってくる。
pino

pinoの感想・評価

3.8
いったん記録
住む世界の違う者が外科医に降りてきて文化のギャップに見せるお茶目な愛らしさも、
人間の愚かさに傷つきながらも全てを包む神々しさも。
くにおくんのニトロアタックをガンガンぶちかましたり
握力オンリーでスパイダーマンばりに壁を登る物理的強さも
全てが美しい!
前時代的だと批判されているのは恐らく「恋愛をしてパワーアップ」「男を知って強くなった」というような捉え方からきているんだと思うけど、
私はそこよりも人類愛とか博愛精神とかが重要で、
最後のあの選択が彼女を成長させ、元々持っていた強さを引き出したんだよなと感じる。
むしろ男を知って、というよりは「ダイアナがスティーブを抱いた」感があるというか(笑)ダイアナの腕に抱かれたスティーブの朝チュンシーンはディレクターズ版であるのかな?って思いました(ないです)
しかしアクションの途中でやたらスローモーションになるの、ガイ・リッチーかよっ。
chikurin

chikurinの感想・評価

3.0
映像美と言うか壮大な感じ
KAZUMASA

KAZUMASAの感想・評価

3.9
BvSで先に御披露目されたワンダーウーマン待望の単独作!

公開前から期待はあったのだがガルガドットが魅せるアクションは素晴らしく彼女の美しさも合わさり期待以上のシーンに仕上がっている。

女性監督で女性ヒーローが主人公ということで無駄にフェミニズムを強調した作品になるのではないかと不安もあったが寧ろ戦争を単なる勧善懲悪ではないと説いたりしていたので杞憂であった。

ただ戦争は誰が悪いという問題ではないと言っておきながらドイツ軍の悪逆さしか描かなかったりダイアナ(ワンダーウーマン)が人間を救おうとしながらも普通に殺してるのはどうなの?など描写不足が多かったのは残念である。

しかしDCフィルムの中では1,2を争う面白さでありクロスオーバー要素もほぼないため全く知識のない人でも楽しめる王道ヒーロー映画のため不調が続いたDCユニバースに期待を持たせる1作であったことは間違いないだろう

ワンダーウーマンも登場するジャスティスリーグが今から楽しみだ。
さちお

さちおの感想・評価

3.5
主人公が魅力的
HanaKato

HanaKatoの感想・評価

3.7
見てすぐあとはすごいよかったーーって感じだったけど、よく考えたら、ドイツの人ってあれ嫌じゃないのかなとちょっと引っかかる。
whallion

whallionの感想・評価

3.7
アクションがかっこよかった。

こんな動き出来るの?!っていう動きがあった。
爽快なアクションでした。

悲しい別れもあったけど、次回作が気になる映画でした。
SANKAI

SANKAIの感想・評価

3.6
スタイリッシュな戦闘シーン、圧倒的な強さに、思わず「ワンダー…!!!」って呟きました。
>|