ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:141分
    監督
    パティ・ジェンキンス
    脚本
    ジェイソン・フックス
    キャスト
    ガル・ガドット
    クリス・パイン
    ロビン・ライト
    コニー・ニールセン
    エレナ・アナヤ
    デヴィッド・シューリス
    ルーシー・デイヴィス
    ダニー・ヒューストン
    ユエン・ブレムナー
    サイード・タグマウイ
    エレノア・マツウラ
    リーサ・ローヴェン・コングスリ
    あらすじ
    主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

    「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

    keeper7
    3.4
    全米公開後、大絶賛されている本作を鑑賞。

    DCコミックス原作の超有名キャラクターは既知だが、実はストーリー自体はよく知らない。どこかで見た事聞いた事のある既視感があり、知らなかったにもかかわらずあまり新鮮な感じは受けなかった。しかしダイアナ役に抜擢されたガル・ガドットが素晴らしい。強さと美貌の両方を兼ね備えワンダー・ウーマンと言えばこの女優!という地位を今後築くのでは。

    物語の前半はインディー・ジョーンズのワクワク感やアクションを排除した様な雰囲気(アクションシーンはあるのだが印象が薄い)で進むが、物語が半分経過したところで堰を切ったように怒号の如く一気にアクションシーンが増加されてくる。
    全編を通しては女流監督が撮った作品だからなのか愛や慈しみに重きを置いた台詞や演出を感じた。
    構図とカット割に若干難があるが、アクションの見せ方は「リベリオン」や「スパイダーマン」などを彷彿させ、中二感もあって良い。ストーリー的にマイフェイバリットの「ハイランダー/悪魔の戦士」ぽさも感じた。

    世間の大絶賛ほどまでではなかったが、アメコミ原作ものを初めて観る女性などは入りやすい作品かも知れない。
    whiteriver
    3.6
    戦争をなくすために一人の女性と男性が立ち上がる。戦いのシーンがとにかく綺麗でかっこいい
    Miku
    4.0
    ガル・ガドットが美しすぎてほれぼれ❤️
    Mokun
    3.0
    今全米で話題のDCコミックス最新作「ワンダーウーマン」2Dで見てきました。

    マーベルと並ぶ二大アメコミ出版社のDCコミックスのBIG3といえば

    スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンそのワンダーウーマンが来るべき時代に遂に堂々のロードショー!

    女性の権利が本格的に世間に浸透し始めた今日だからこそ、これだけ全米で人気を誇っているのでしょう。まさに今の時代らしいなうな映画。

    っていうかこれ2000年代に公開してもここまで人気でなかったろうな。

    ざっくりあらすじは、人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンスとして育ったワンダーウーマン(ダイアナ)が第一次世界大戦で無双するお話。

    何と言っても主演のガルガドットの美貌といったら…優美でしなやかで強い女性を正に体現している。ここまでのハマリ役はないといってもいいほど完璧にワンダーウーマンです。サブのクリスパインも良い味出してる。

    女性と男性でこの映画の受け止め方は違うのかもしれません。

    個人的には興奮もしたし感動もしたし新しい風を感じる作品ではあったんですけど、世間でここまで言われてるほど…うーんそこまでではないかなという感じでした。

    第一次世界大戦とクロスオーバーさせたのはとても面白いアイデアだと思うのですが、そこで描かれている戦闘状況などがちょっと安い気がしてしまったのは僕だけでしょうか。ナチスの典型的なイメージを流用して毒ガスを盛り込んだりしているのですが、なんなんでしょうこのFake感w
    第一次世界大戦ではイギリス with ワンダーウーマン、第二次世界大戦ではアメリカ with キャプテンアメリカにめちゃくちゃにされてるドイツ。

    あと、スティーブっていうのは、自己犠牲をしそうな軍人にありがちな名前なのかな笑
    DCEUでは間違いなく一番出来がいい。
    とはいえ、MCUほどの充実感はなかったかなー。
    バトルシーンはたしかにかっこいいんだけど、かっこいいだけならいくらでも他に映画があるし・・・
    ガル・ガドットとクリス・パインのケミストリーは最高でした
    ちゃんとヒューマンストーリーがあって面白かった!
    でも2時間半近くは長すぎ。。
    海外で鑑賞。最初から中盤まではかなりグッド!
    しかしラスボスが雰囲気打ちこわしな気がしました。
    ヒロインは多くのコスチュームを着るし、どの角度から見ても美しい!
    すっっごく良い。
    バットマンvsスーパーマンの時にワンダーウーマンの映画出る噂出てた時から勝手に楽しみにしててやっとの思いで見れてすごく嬉しい。期待を超えてカッコ良すぎました。どストライクです。
    暁
    2.4

    このレビューはネタバレを含みます

    ユーチューブに落ちてた
    >|