MAX048

レディ・プレイヤー1のMAX048のレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
3.3
スピルバーグらしい、おもちゃ箱をひっくり返したような作品ですなぁ。80年代っぽさもたまらないです。あの頃のアニメ、SF、ゲームなどなど、サブカルチャー満載。AKIRAのバイク、デロリアン、キングコング、ティラノザウルスが仮想世界でレースなんてね、ゲームそのもので。ストールの主軸も壮大なバーチャル空間での宝探し、3つのステージで、前述のレース、80年代のとあるホラー映画の世界(再現性が高くてびっくり(笑))、そしてレトロゲームの攻略。オタクの夢だな。ゲーム空間「オアシス」を創り出したジェームズ・ハリデーという人物が、いかにもオタクの頂点という感じに描かれて、まぁステレオタイプっちゃあそうなんだけど、なかなかに魅力的な人物です。
で、見せ場はクライマックスの戦闘シーン。ここでガンダム登場。「俺はガンダムで行く!」がね、いいんですなぁ。しかもその相手がメカゴジラだもん。ご丁寧にちゃんとゴジラのテーマもBGMで使ってくれてるし。ガンダム対メカゴジラが観られるとは!!原作ではウルトラマンが登場するところなんだけど、残念ながら海外での版権については係争中という事情があり、登場させられなかったそうです。ウルトラマン対メカゴジラ、観るかったよねぇ。
とても楽しい、子供から大人まで楽しめるというか80年代のアニメ、特撮、ゲーム好きの大人が楽しめる映画、でしょうね。日本のサブカルチャーへの愛情を感じられてうれしい限りです。