エリタソ

ジョン・ウィック:チャプター2のエリタソのレビュー・感想・評価

5.0
ぶどう畑のツルッツルな青年(先日私が観たキアヌ像)、今日に至るまで何があった!!!?(`;ω;´)wwwって突っ込んじゃうよね、分かってても...ヒゲとかさ...髪型とかさ......まじ何があったんだし......。
まぁこのオジサンみが最高を振り切るくらいに大好きなんですけどね...へへ...

ほんっと銃のかまえヤバくない...??
構え構え構え!!打つ、転がる、殴る、刺す!
(ちゃんと足撃つ、それもさっさと!!←手っ取り早く足を撃たない映画にイライラレビューしたこと多々w)

銃を取っかえひっかえするシーンはもう至高でしかない...素早く構えてまた次の銃を持つ、このハイスピードなシーンのかっこよさに何かわからんモノが頭ん中にハチャメチャに分泌されたのを確かに感じた...

仮面ライダーフォーゼのようなベルトわろたww惜しみなく武器を全使い!!

ザンバラなロン毛、ムキムキな背中のカットには今回も激悶えさせていただいた。マジごっつぁん&アザマス。

快速な中に飛ばさず入る、装填のハラハラさも最高!リロード、リロード、リロォォォドォオォオ(大興奮)

スーツ姿が愛しくも、腕撓骨筋(キアヌのココが大好き)が見えないもどかしさに
「オイ!スーツ!!はよ破けれ!!!」という90s格ゲー的期待がダダ漏れ!クソッ...破けねえ!!!(涙)

トントン拍子な中にきちんと「しきたりとルール」があるのがまた最高で、楽しい気持ちが溢れすぎた。こんなん大好きすぎるだろ!!テンポ悪いとか私は感じる余裕すら無かった...

「96時間」の撃った人数カウント(特典についてたw)を思い出すほどひたすらバキュンバキュン音が鳴り響いていた...
シーン...と現実の静けさへ戻るとしみじみ感じたw

劇場特典で貰えた「犬は安全です」シールを見てたからこそ、今回はみんなが安心出来る鑑賞(...なのか?)で良かったね!!(`;ω;´)と思ったw

チャプター3、あるよね...??
冒頭の車がブォォンですでにアドレナリン出まくってニヤケまくったけど、終始そんな感じでほんとに今ヘロヘロです......_(:3 」∠)_

●●●●

上記、観た直後に殴り書きした内容。興奮しすぎて結構理解不能なテンションだけど加筆出来る鮮明さがないのでそのまま貼付(^_^;)

書き出しに「エンドクレジットのヘビーな曲が最高に子守唄体力使い果たした」って書いてあって未来のコレ打ってる私に謎すぎるんですけど...w

とりあえずさぁ〜...ドアが外れたまま運転するキアヌ、その後も尚(精神的に)メタクソのズタボロにされるキアヌ...あまりの酷さに笑ってしまうコテコテな展開を、これでもかァァァ!!と快速特急モードでいつもお届けしてくれてありがとう...。本当にジョン・ウィックが大好き...あぁ愛おしい......

腕撓骨筋、どっかでホントにチラッと見えたような気もするんだけど...スーツ破けてなかったよね???(;´Д`)ハァハァ(どうしてもそこが気になるのかよ)

前作公開時、キングスマンやらアンクルやらに何度も足を運び、ジョン・ウィックの微妙な評価に「まぁいっか〜(´∀`*)」とBlu-rayまで待ったの。(評価を過信していた頃)
そして自宅で観終わったあと「チクショウ......ゼッテ〜〜〜〜〜〜次は劇場で観てやる......」と自分の愚かさにメラメラと燃えたわ。
ほんと、評価=好きだけが答えじゃないもんなとその時地団駄を踏んだ。好みも基準も人それぞれ違うものね。
そんなわけで私にとってジョン・ウィックはいつだって振り切るくらい5.0!!!。゚(゚´ω`゚)゚。