ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

がらし

がらしの感想・評価

3.9
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、かつて貸しを作ったイタリアの犯罪組織の幹部から仕事の依頼を受けることに…

一作目から規模が大きくなり、世界中の殺し屋から狙われるようになったジョン・ウィック。
今回もスマートに暗殺、暗殺、暗殺。
確実に2発目の弾丸を撃ちトドメを刺すところも変わらず。
気持ちのいいアクション映画を所望される方にはうってつけのシリーズです。

ラストの終わり方は3作目につながるような終わり方でした。
すでに3作目も撮影中ということで、とても楽しみです。

マトリックスを思い出させるシーンがあったのでマトリックスファンも必見かと。
あの2人の会話のシーンは嬉しかった…
Youhey

Youheyの感想・評価

3.3
鉛筆1本で3人殺した人第2弾。
車を取り返したと思ったら、初っ端車壊される。
1よりは復讐の動機がぐっと来ない感じする。
でも1以上殺している数多いかな?
3への布石と感じられる今作。
街に殺し屋居すぎでしょ。
あでゆ

あでゆの感想・評価

3.8
リベンジから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィックはイタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むジョンは断るが、サンティーノによって思い出深い家をバズーカ砲で木っ端みじんにされてしまう。さらにサンティーノに7億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋のターゲットとなる。

ジョン・ウィック含めてどいつもこいつもキャラクターがバカすぎてもうこれはコメディだろう。誰も話し合いで解決する気はなく(オーナーみたいな人だけは違うか)、話の内容最後まで聞かずにとりあえず殺せ的なトリガーハッピーな作品。だけど見た目は大真面目なので余計に笑えてくる。

無間地獄みたいな話で、世の中にどんだけ殺し屋多いんだよと思って正直ちょっとゾッとした。けれど、どこ行っても殺し屋みたいな世界は何気に観たことなかった。
なんかもう殺しの量が多すぎて中盤殺しのチャンネルザッピングみたいなことになってて噂通り頭おかしくなりそうになるよ。個人的にはあそこのシーンの殺しが並列で走ってるだけにバリエーションが豊富で一番好み。

動きはもろにCQCのスネークなので、その辺も楽しめた。鏡だらけの美術館に行ってみたりとか、終始町中のサイケな明かりとか視覚的にもトリップムービーでちょっと『スカイフォール』とも被って観ていた。あと裏組織の広がり方が『キングスマン』ぽさもあり、ああいう世界観はアガるよね。

ただ個人的には『アトミック・ブロンド』のほうが好みかも。
これは好き嫌いのレベルの話だと思うけど、あっちのほうがジェイソン・ボーン的に殺しにバリエーションがあったり、ワンカメのアレがあったからな。
YanoS

YanoSの感想・評価

1.0
殺し屋の話らしく戦いの場面の連続、残酷で、悲鳴をあげたくなる場面ばかりで何が面白いのかさっぱりわからない。
ストーリーも分かりにくい。スパイ系は嫌いじゃないけど、単に撃ち合い殺し合いの映画はつまらない。
1作目と大して印象は変わらないし、下手したら同じ映画をもう一回見ているような気分になる恐れがありますね。ただし、今回は前作で魅せた”泥臭さ”が明らかにレベルアップしていたのがよかったですね。あのクライマックス。燃えよドラゴンよろしくな鏡張りの部屋ですね。撃ち殺した相手の持っていた銃を拾って次の相手を撃ち殺す。さらにそいつの持っていた銃を拾って次の相手を撃ち殺す・・・という、その銃を拾う時の必死さが何ともたまらないんですね。アクション映画の主人公が落ちてる銃を次から次に拾って戦うなんてレアな姿を観られてある意味感動してしまいました。

後半は懸賞金をかけられて街のいたるところで流血する展開になります。一戦交えて疲れ切ってヘトヘトのジョン・ウィックにしつこく迫る刺客たちとの戦いがまた泥臭いことこの上ないですね。銃、ナイフ、鉛筆まで使って血みどろになりながら地面を這いつくばって戦う姿はこのシリーズならではのまさに真骨頂です。

アクションは相変わらず本格派のリアルコンバット感満載。同時に鍾乳洞、美術館、地下鉄などこんなところで銃撃戦するわけあるかと突っ込みたくなるようなところでジャンジャン派手に戦うという。非現実的と思われるシチュエーションの中で本物感満載のアクションをブチかますという両極端な旨味が見事に共存しているのがジョン・ウィックのイイところなんですよね。

そして銃器へのマニアックなこだわり具合も前作よりパワーアップしたように感じました。何よりキアヌの銃を扱う手つきが慣れすぎていて、キアヌが銃をカシャカシャいじっている姿が映っているだけで十分お腹一杯になれてしまう強烈な説得力があふれていますよね。ハンドガン・マシンガン・ショットガンを交互に持ち替えながら迎撃する姿は完全に本物でしたね。

1作目もそうなのですが、話運びはテンポがいいとは言えないし演出面は割とオーソドックスです。手放しで名作!傑作!と言い切れる映画とは思いませんが、それでもキアヌの壮絶なハマり具合により今までありそうでなかった新しいアクションヒーローが誕生し、アクション映画史に名を残すシリーズとなったことに間違いありません。ワイルドスピードばりに長く続くシリーズになってほしいですね。

まだの方は是非一度ご鑑賞くださいませ。
Yuya

Yuyaの感想・評価

-
キアヌ無双

あの執着心をサクッと見せてるの中々なプレイだと思う
tomo

tomoの感想・評価

3.5
アマゾンビデオにて鑑賞したストーリーはB級映画さながらながら、アクションシーンは最高でした。
うめ

うめの感想・評価

3.5
アクションが多くて疲れました。
ジョン・ウィック…少しは、休も??
一言で言うと最高ですね。

前作で既にその辺の映画と圧倒的な差を感じていたんですが、2では更にアクションが凝ってありすごいとしか言えないぐらい凄くものでした。

個人的に好きなシーンは地下鉄の車内とソムリエのところですね。
疲弊した表情でボロボロになりながらも着実に相手の息の根を止めて行くジョン・ウィック最高だな
>|