ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

イモリ

イモリの感想・評価

4.0
しかめっ面で、銃弾の装填までこだわったアクションをしているのに、何故か笑えてしまうという楽しさ。前作では突飛な設定に引っかかっていたけど、今作ではもうマフィアルールの大盤振る舞いでむしろ爽快。

http://keinewt.hatenablog.jp/entry/2017/07/11/160219
ガタイがデカイせいか
動きがいいとも見えないけど、
やっぱりカッコイイ

映画館で観たけど
敵を殺ってしまったシーンで
「ああっっ」
て声を出してしまいました

…恥ずかしい
あやめ

あやめの感想・評価

3.7
続編が楽しみ
記録
キアヌ・リブースのアクション映画の続編。自分は1も観ている訳だが、これはこれで楽しめた。
物語は1から数時間しか経っておらず、今度の敵はプロの殺し屋たちが勢揃い。

キアヌももう50歳のおじさんなのによう頑張る。基本的に50代で自身でアクションを行なっているのはキアヌとトム・クルーズぐらいだ。
キレキレのアクションといい、JW vs 殺し屋たちの対決も面白い。中でもコモンとの対決は何かの映画で観たことがあるアクションシーンだ。
あとは家を無くしたJWとホームレスの殺し屋たちが出て来るのも何かの引用だろう。

しかしシリーズもこのままマンネリ化すると厳しいかもしれない。もっと新鮮な物語とアクションを取り入れて面白い作品になってほしい。

このレビューはネタバレを含みます

ジョン・ウィックという男のその後を描いた作品として、最高の続編だったと思う。前作の緻密な世界観や、全編に漂うジョンの孤独で渋い雰囲気はそのままに、世界規模のロケーションや迫り来る敵の数は前作にも増し、まさにグレードアップした『チャプター2』。

もうね、ジョン・ウィック=キアヌ・リーブスがどちゃくそカッコよくて、あまりのカッコよさにニヤニヤが止まらなくなってしまう。マフィア相手に柔術でひたすらなぎ倒したり、車がボコボコになるほどのカーアクション、頭への二度撃ちは健在で、ナイフにライフルとハンドガンや素手で敵を倒しまくるその姿は、もうほんとに男の憧れだなあ、と。

映画を彩る裏社会の構造も、男心をくすぐられるものばかり。ソムリエのような銃の売人、気品溢れるスーツの仕立て屋、どんな扉も開けてしまう鍵屋、ジョンが仕事前に彼らのもとへ出向いて準備をするのがまたカッコよくて…。そして職人たちが皆ジョンを尊敬しているのがまた良いんですよね。

アクションや世界観が最高なのは言わずもがなで、やっぱり『ジョン・ウィック』の魅力は、そのストーリーだなと改めて思った。ジョンが裏社会から足を洗おうとすればするほど、普通の日常が奪われていき、ついには家まで破壊されてしまい、普通の生活に戻る場所すら無くしてしまう。裏社会でも懸賞金が賭けられ、全ての殺し屋が敵となり、世界中でジョンの行く手を阻んでいく。ジョンが追い込まれてどうしょうもない状況に陥る度に、物語が加速度的にどんどん面白くなっていくのが辛いんだけど、そこを打破しようともがくジョンのカッコよさが更に際立つなぁ、と。

終盤、裏社会のルールを破ってしまい、どちらにも居場所がなくなってしまったジョン。世界中の殺し屋が彼の敵となって、残されたのは愛犬だけ。3作目の制作も決まってるようなので、ジョンがこれからどんな生き様を刻むのか、観たくないようで観たい気持ちになっている。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

4.4
記録用
荒ぶる最強アサシンをキアヌ・リーブスが演じるアクションムービーの続編。前作のメソメソしたパートがなくなり、スーツを着たキアヌが何の意味もなくモブの悪者をスタイリッシュに殺しまくる、削ぎ落とされたストーリー進行が気持ちいい。カモッラの首領が女になるわけないだろ!ローマの襲名披露式はロンダ・ラウジーの花道入場みたいだったぞ?もし男にチェンジしてもNYの裏社会を牛耳るわけないだろ!みたいなツッコミは野暮である。グラマラスなシーン設定と、ソリッドな劇伴にしびれる。同日に同じスクリーンで「ベイビー・ドライバー」をハシゴしたが、スピード感、音響の迫力共に勝っていた。街中の人間が殺し屋で自分を狙ってるゥ?というコンセプトは一見バカっぽいが、殺人を重ねた者の到達する狂気の一類型であり、ノワールの世界観を明示している、また、キアヌ・リーブスがこれまで演じてきた、現実と幻覚の狭間を限界ギリギリでさ迷うアウトローというキャラクターとの連続性も感じさせ、続編を大いに期待させる。
2017.9.19 映画館(字幕)
SACCO

SACCOの感想・評価

4.0
やばいめっちゃ好き。
個人的には1の方が好きだけどワンちゃん死なないから安心したw
飛行機で見た。アクションのキレは相変わらず、というか前作以上かも?今回から盟友のモーフィアスも参加したので、次回は無数のエージェントスミス(殺し屋)との戦いに期待が高まる
ケンカ売る相手は間違えちゃダメ
>|