ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    チャド・スタエルスキー
    脚本
    デレク・コルスタッド
    キャスト
    キアヌ・リーヴス
    ルビー・ローズ
    ブリジット・モイナハン
    ピーター・ストーメア
    イアン・マクシェーン
    コモン
    あらすじ
    伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

    「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

    人々
    -
    犬殺された復讐は終わったのにどうするの!?と思ってたら、そうだ、車取られたままだったね!

    1のほうが好きだな〜とは思いつつ、ジョン・ウィックの他にも魅力的な殺し屋がたくさん出てくる。
    1は殺すばっかりだけど、2は協力する関係性見えてよかったな
    地下鉄でチュンチュン撃ちあうとこ最高

    殺し屋の掟は大変だな〜〜という終わり方
    1で終わらせてほしいと思っちゃう…
    1でのキアヌリーブスの復活爆発劇は超えられない
    前作より更に洗練されたキアヌのアクションが最高です。戦闘は激しく、殺した数もかなり増えています。

    そして前作の不満点であった、魅力的な敵がいないことも解消されました。ルビー・ローズとコモン演じる敵役はとてもハマっていました、非常にクールでしたね。個人的に駅から電車にかけての戦闘シーンは、今作一の見所だと思っています。

    ただ今作はCQBがメインで、ミドルレンジ・ロングレンジでの戦闘は皆無でした。そこが少し不満でした。しかし、CQBならではの駆け引きは、息を飲むほど目が釘付けになります。

    アクションに関しては、映画の中でもトップクラスの作品です。最高にクールなアクションを観たい方には、奨められる作品です。
    ゆか
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    相変わらず銃さばきとアクションすごし。
    無双な感じが見ててスカッとする。
    前作は犬殺されたのと車盗まれてからの復讐だけど、今回は騙された?ので復讐します。
    人混みの中で歩きながら銃の撃ち合いするのはちょっとクスッとしてしまった笑
    最後は追放されて狙われるところで終了。
    次回作は逃げるところからなのかな?
    keiko
    4.5
    サイコー
    完璧主義なのに不器用っていう人間味あふれる不死身
    前作がおもてた以上にハードルを越えてきたので、今作も期待して鑑賞。
    今作も良かった!!
    キアヌもまぁまぁえぇ歳やのにアクション激しめ笑
    ちょいちょいクサイ演出があるが、それもまたスパイスとして、良い味を出してる。
    個人的に、フリンジのブロイルズ役の人が続投してて安心した笑
    最後ちょっと説明が長くてジョン・ウィック1のテンポの良さがなくなってたけど、アクションは◎
    Kaako
    4.7
    またあの男を怒らせてしまった。
    伝説のブギーマンことジョン・ウィックを!

    前作からの車とワンコの復讐を終え亡き妻との思い出に浸る静かな生活に戻ろうと再び武器を封印したジョンだったが、そうは問屋がおろさなかった。

    ジョンを殺し屋に戻す為に今度は妻との思い出が詰まった家を燃やされてしまったのだ。
    大切な思い出を燃やした炎はジョンの怒りにも火をつける。🔥🔥

    そして…出ました コンチネンタルホテル! パチパチパチ o(^ー^)o☆︎o(^ー^)oパチパ
    ホテルマン、武器のソムリエ、テーラーみんなカッコイイ〜(≧∀≦)
    プロの仕事は見ていて気持ちが良い。
    ジョン・ウィックに出てくる人達って電車の乗客や歩行者まで只者ではない感がある。
    すぐ側でドンパチやっているのに叫び声もあげなければ、逃げる事もなく普通にやり過ごしている。

    駅のアナウンスがやけにシラジラしい。(笑)

    そして殺し屋多過ぎ!
    一般人の中にあんなに殺し屋が紛れ込んでいるなら安心して外を歩けない。(笑)


    前作は劇場観賞出来なかったが、今回は劇場で観れて良かった。
    ドガッ! ズゴッ! プシュ!
    音がお腹に響く、響く。やっぱアクションは劇場に限る!

    普通 伝説というものは話を少し大きく盛って大袈裟に伝えるものが多いが、ジョン・ウィックの伝説は控えめに語られている…
    伝説の鉛筆一本アクションを目の当たりにして、確かに! と思った。(llllll゚Д゚)ヒィィィィ

    「マトリックス」のあの人が出演しているのも嬉しかったし、鏡の間のシーンにもテンションが上がった。
    私としては満足、満足。


    次は車の修理が終わってから?それとも…1時間後?(●︎^曲^●︎)

    早く観たい!
    >|