はち

菊とギロチンのはちのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.2
これはなんともわかりにくい。。。

しっかり見たら話の内容は分かりやすいんだけど、
時代背景が古い割にはあんまりその時代の土臭い感じが伝わってこない。
もっとアナーキーな部分を前面に出してくれれば凄く分かやすいのに、
なんか綺麗にまとまってて期待してた分、残念!
てゆうかこの時代の男は、
頭にくることがあったら人殺すか女レイプするしか脳がないの?

クソみたいな男たちの中で、
渋川清彦だけがもの凄い輝いていた。

何やっても胡散臭い感じの違和感がめちゃサイコー!

実は見はじめて30分で、
うわーつまんねー。と思って
確認したら3時間もある映画で
心折れそうになりながら見たけど、

ラストのタイトルコールは結構好きでした。