福助

デッドプール2の福助のレビュー・感想・評価

デッドプール2(2018年製作の映画)
4.5
まさか前夜祭に間に合うとは思わなかった!ネタバレ厳禁ですね。

前作は血しぶき舞い上がるラブロマンスでしたが、今作のテーマは仲間や家族の物語でした。
一匹狼の俺ちゃんが、ある事をきっかけに未来からやって来た全身兵器のマッチョおじさんことケーブルに立ち向かうのですが、新しい仲間達を集めて、Xフォース結成!とくれば盛り上がらないワケがない。
俺ちゃん自ら面接して集めたXフォースはある意味、最高の活躍をしてくれます。
今回出てきたキャラクターのケーブルとドミノは凄い魅力的。特にドミノは黒いブラックウィドウとしてxmenユニバースでも暴れまくれるポテンシャルですよ。ホント可愛いしカッコいいしセクシーだし最強。彼女の特殊能力を駆使したアクションシーンはクイックシルバー並の痛快さがあります。
ケーブルの恐さと悲壮感を絶妙に表現していてやっぱりジョシュブローリンすげーわ。指パッチンは伊達じゃねーわ。

もちろん前作のコロッサスやティーンエイジネガソニックウォーヘッド(TNW)も出てきて相変わらずのやり取りも楽しい。
TNWはちょっと大人になっていてガールフレンドが出来ていて相変わらずクール。ガールフレンドのユキオは忽那汐里!彼女達の活躍もっと観たいですね。(※TNWの女優さんレズビアンなのですがライアンにLGBTのミュータントとしてガールフレンドの存在など提案されてめっちゃ嬉しかったとか。ライアン男前過ぎる。)
あと、前作でタクシー運転手だったあいつ!何故か専属ドライバーになってて俺ちゃんでさえドン引きするヒーロー願望をアピールしていていちいち面白いです。

cmでも流れまくってたXフォースですが、もう最高。よくこんな展開にしやがったな!っつーかよく許されたな!という開いた口が塞がらないしお腹痛くなるほど笑いました。カメオでまさかの大物出てきます。一瞬なのですが、え?あれ?もしかして?となってエンドロールでズッコケました。あんた何してんだよ……。

それにしても過去の落とし前つけるライアンレイノルズの執念というか怨念みたいなものが溢れていて素晴らしい。
Xmen派の人達でさえ、黒歴史として葬りすてたいジャガーノートを復活させたり(バケツ男みたいなの思い出したくないよね?)ポストクレジットの一連のシーンは涙溢れそうです。笑いすぎて。

最後に、ヒュージャックマンってほんと愛されてるんだなって思いますよ。多分。