Takuma

RAW〜少女のめざめ〜のTakumaのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
3.9
カニバリズム×学園モノ×家族愛。
興奮や欲求を抑圧されたまま大人になることの恐ろしさ。明らかにあの姉妹は開放を求めている(肉食だけに限らず立ちションなんかもそうでしょう)。シンプルな肉食への欲求だけでなく、"生"や "性"への欲求も倒錯していく様は深刻。他人の思想や信条にとやかく言うつもりはないけど、「他者を狭い世界に囲う」ことのリスクは現代においては更に熟考されるべき。
明快な構成の割には、語りしろがあるような作品で良かった(父親の視点など)。引きの長め定点カットがある映画はそれだけで何故か好きですねー。