とり飯

アイム・ノット・シリアルキラーのとり飯のレビュー・感想・評価

3.5
パッケージ詐欺映画
現代風悪魔払い映画

社会病質者vs連続殺人鬼ってパッケージにホイホイされて観たら、ものすごいファンタジー感溢れる作品で、それはそれで面白かった
そうか、vs精神病質者とは書いてないもんな
やられたー

中盤までにびっくりした分、後半に裏切り要素がなさすぎて退屈したので(-1)
そっち路線のストーリーならもうちょっと派手にしちゃえばいいじゃん感がすごい

てっきり「これは彼の心理描写で実際は…」みたいな展開かなとも思ったけど、そんなことはなかったぜ
オカン普通に驚いてるし

ソシオパスの描き方はすごくよかった
今度は人間vs人間で作ってほしい

登場人物がパッと見でわかりづらかったので(-0.5)
頼むからあんまり髪型や服装やメガネを変えないでくれ