アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Aika

Aikaの感想・評価

3.7
確かに誰もシリアルキラーではない!
タイトルの妙。観終わってすとんとその意味が腑に落ちた。

連続殺人事件の犯人を追うのはセラピストにソシオパス(社会病質者)と診断された高校生のジョン。

犯人はあっさり判明。けど好奇心なのか親近感なのか誰かに頼ることもなく自ら近づいていくジョン。

そんなジョンにハラハラさせられるものの、中盤からの展開は超シュール!
もうね、本当にびっくり…。

一緒に観ていた母は序盤からこの展開を読んでいて、それを聞いた私は「そんなわけないじゃん」と鼻で笑ったんだけど、まさかそんな馬鹿にした予想が当たるとは笑

今はまだ準新作コーナーにあったけど、旧作になったらどのコーナーに置かれるのかな。
ここは安易にホラーには置かずに、ラブストーリーに置くのもいいんじゃないかと思う。だってこれ結構壮大な愛の話だもん。
2016年。何はともあれ、面白かった。思春期からか連続殺人に魅了され「反社会的性質」と診断された青年が、自身の住む小さな町で起きた猟奇連続殺人にのめり込んで行くが……
予告も観ないままで鑑賞してよかった。これは何も知らない方がいい作品だ。とは言えある程度知っててもたぶん終盤は(略)
行きどまりみたいな、くたびれた雪の田舎町の出来事であり、薄暗くてどんよりと、まとわりつくような場面や風景が展開する。テッド・バンディやジェフリー・ダーマーについてレポートを書いちゃうような、一部の人がかかる「はしか」のようなモノに罹患した青年の心情とこの風景がしっくりくる。
犯人に傾倒するでなく拒否するでなく「気になって」しまう感じ、イケメンなのだが危うげなモノをまとった主人公の顔つき、それと対照的な老いたCロイドのオーラがとてもよい。言ってみれば何かを学んで思春期を卒業する映画であり、好ましく感じてはいるのだけど、どういうつもりでこういう、なんか最後これ、こういうお話にしたのかを問い質したい、小一時間問い質したい、そんな気持ちは残る。月並みな「連続猟奇殺人犯も人間である」な言説から一歩踏み出した意欲作ではあるものの、そっちに行くの?とも思っちゃう作だ。怪作というのはこういうのであろう。
ソシオパスVSシリアルキラー。
途中、ハラハラする場面もあったが、終わり方が残念。
くろ

くろの感想・評価

1.8
周りの人達や状況などの描写は少な目で
主人公の心情がメインなのかなと思ったけど
段々と…え、そっちに向かうの?って感じに...
結局何をしたかったのか分からなかったな。

最初のパンダの所で画面右上に
ヒビっぽいのが見えるのは何だろう…気になった
tama

tamaの感想・評価

3.5
端々に残る映像センスとカルト映画へのオマージュ?と潔いよい演出。
色々とツッコミどころはあるが、受け取りました。
予告見てませんでした。ポスターだけで気になっていた。
なので最初の殺人シーンで「え???」
なに、そっち系?という驚き。予告みないでよかった。
かいじゅうたちのいるところのあの少年がやばいくらいいい塩梅に病んでる雰囲気。最高か。
タイトルのアイムノットシリアキラーとはどちらの言葉か。それを考えるとなかなかな良作では。。寒そうな雪の町も好みです。
nina

ninaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

これは完全にキャッチコピーが映画を殺してるやつ。スプリットの悲劇ふたたび。
複雑なティーン・エイジャーが町の化け物に立ち向かう!的なものにしとけばよかったのに。青春SFホラーだと思って見ればそこまで悪くはない。ソシオパスVSシリアルキラーの攻防を期待して見ると絶望的な駄作になってしまって少し勿体なかった。

雰囲気は似てるけどあらためてファウンドは名作だったな〜と再評価。
うーん
サスペンスがやりたかったのなら、そこに絞れば良かったのに。と思ってしまった。

BGMや雰囲気といった世界観は良いのに、どっちつかず感が残念。
T兵衛

T兵衛の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ソシオパス、Freak、まぁそこまでいかなくても多少なりとも世間と自分との間にズレを感じた事がある人なら楽しめるはず。しかし、唐突なSF展開には若干乗れなかったが、汚ぇエイリアンは良かった。とはいえいつになってもエイリアンの造形がギーガーの影響下にあるのは如何なものか....。

完全にジジィの気持ちを代弁してる『SPIRIT IN THE SKY 』の使い方は好き。
ドリオ

ドリオの感想・評価

3.0
途中寝たけど最後は「何やそれ!」って感じで何とも言えない作品でした?
>|