アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

choco

chocoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

テンポはのんびり(๑˃̵ᴗ˂̵)
最後のオチはΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ってなるも確かにねって感じwww

主人公の男の子は途中から自分が何と対峙しているのか気付いているのだけど観ているコッチは分からない...

だから へ???ってなるwww
でタイトルの意味を理解して妙に納得した気分になるんじゃよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

秋の夜長の退屈な時間を費やすには良い映画だと思う(^^)
yuncinem

yuncinemの感想・評価

2.8
サイコパスvsソシオパスの心理戦みたいなものを前知識なく期待してしまったせいで、ラストで拍子ぬけしてしまった笑
クリストファー・ロイドが連続殺人犯でそれを追い込む少年は反社会的な性格って触れ込みに興味持って見てみました。

なかなか良くできたサスペンスでしたが、ラストでそう来ちゃうのってなり、ちょっともったいないかなと思いました。

演出、脚本は引き込まれるものがあったので連続殺人の動機付けだけ個人的に惜しいなぁ〜
KH

KHの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

サイコパスに飽きたからソシオパス出すのは安易

ジョンは葬儀屋の息子で小さいうちから死が身近にあった。そのためか、16歳になった今死体や殺人者などに興味を持ち始め学校のみんなからは変態だと言われている。そんな折、ジョンの住んでいる近所で猟奇的殺人が多発する。ジョンは独自に調査を始め、殺人の瞬間を目撃する。

映画のCMとかの謳い文句でよく「誰も予想できないラスト」とかがあるが、それはまさしくこの映画みたいなラストにだけ使っていい言葉だと思う。この映画のラストは本当に予想できないというか、「えっ?なにこれは。。」状態なのでこれ予想できた人がいれば素直にすごいと思う。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
うそだろ?!って、思わず叫びましたよ。着地点にここまでたまげたのも近年稀に見る作品。全体を覆う空気感や、昼でも夜みたいな映し方、静かな感じはほんとに好み。でもたまげた。とりあえずたまげた。しかしここまで弾けるとむしろ好んでしまう不思議。クリストファーロイドがとにかく巧いからかな?こう言うのも出ちゃうんだね、ロイド。
niku007

niku007の感想・評価

3.3
すごい変な映画。でも面白かった。題名からするとちょっと違うって気持ちになるかもって作品。
アメリカ田舎モノ+殺人鬼モノ?
終わりとか良かったし、途中も中々良かったです。
アメリカ田舎モノはどうしてもそうなりがちだけど、スティーブンキングオマージュな感じもあったよ!ヒントはドリーム・・・。
ではまたお会いしましょう。
あー

あーの感想・評価

4.3
U-NEXT登録のキッカケの映画。

予告を見た時に、観たくて、観たくて。


まさかの結末に、B級ー‼️‼️
って思わず目玉があやうく床に転がるところでした。コロコロ。

B級感はいなめないけど、逆に振り切っちゃってる⁈

自分はシリアルキラーじゃない‼︎って葛藤してる青年の姿がいい。
ザン

ザンの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

死期も近そうな高齢者が夜な夜な出かけて事を起こすのは身体能力的にどうかなと思ったけど、ラストの展開で無理矢理納得する。アレは悪の塊か。そしてピンクの液体は何?それでも遺体の処置は少年が成長する環境にはよくないと思う。

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ意外性バリバリ!サスペンスフルな怖さもちゃんとある。そして、たまらない可笑しみと切なさ。クリストファーロイドは、タイムマシンも作れるお茶目な天才博士の異常さの方をクローズアップ。可愛いと怖さを共に感じさせるなんて凄いな。悪魔だったんだろーな。人に恋してしまった悪魔。人の身体を維持するために人の臓器を使う必要があった。そう快楽殺人じゃない。主人公の16才が、シリアルキラーじゃないだけでなく。いやぁ。面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

生きにくい社会の中で死んでいくマイノリティの始まりから終わりまで。
社会に除け者にされる二人だからこそ分かり合っていて、だからこそ知らないふりはできなかったのだろう

ソシオパスと言われた主人公は殺人鬼じゃないのに、それを理解する人がいなかった
努めて ふつう に生きてきたのに、母が息子を受け入れられると思わせたのは、息子が殺した後だったのではないか

やべー奴同士の討ち合いと見せかけて、ただふつうに生活したいと願う二人のはなしだった
なんかつらいな…
>|