pika

女神の見えざる手のpikaのレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.5
噂に違わず超・最高の傑作だった!
オープニングから専門用語含む難しい話が矢継ぎ早にハイテンポで繰り広げられ、情報処理するのが精一杯!それでも人物の反応や状況説明などの台詞は印象に残るようにビシッとキメてくれるのでなんとなくでも理解ができてめちゃくちゃ面白い。

見終わって振り返ればよくある構成だし伏線と回収はベーシックな演出だとは思うんだけど、見てる間はそんなこと全く気にさせずのめり込ませてしまう演出が素晴らしかった。
一切ブレることなく初志貫徹する主人公の行動理念や駆け引きの海を練り泳ぐ役者陣の名演、激熱なテーマなどなど、難しい題材でありながら核心部分はストレートに入ってくるし、クライマックスからの畳み掛けは役者の演技から演出まで隅々素晴らしく思わず泣いてしもうた。
一昔前ならばこの主人公の性別は男性だったであろうキャラ設定だがこの現代をまさに象徴すべく女性を主人公に据え、性処理云々まで描いてくれちゃうところもとても良い。

ここまでやらなければ声を上げることさえできず抹殺されてしまう積み重ねられた社会の闇を、娯楽性をフルに活用しながら〈激震〉させる作り手の情熱が胸熱な傑作。