たく

犬ヶ島のたくのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
ウェス・アンダーソンの凝りに凝った映像にとにかく見とれる。寿司を握るシーン忘れられないし、和太鼓メインのBGMが超かっこいい!
何故か日本が舞台になってて、画面に出る文字が全部日本語なのが擬似日本映画みたいで不思議な感じ。

ただ、好き嫌いがすごい別れるだろうなと思った。20年後が舞台なのに、描かれる日本文化が全て昔の時代のもので外国映画に良く登場する「変な日本」になりかねない危うさを感じたのと、日本語のイントネーションがみんな微妙に変なのが気になってしょうがなかった(特にアタリ少年)。

犬の絶滅政策はヒトラーの暗喩だよね。