hi1oaki

犬ヶ島のhi1oakiのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
犬のディストピア映画!
ウェス・アンダーソンの病的とも言えるセンターラインを意識した配置への執着と美しさに関しては、もう多くを語る必要はないでしょう。
今作は日本を異様なまでに理解した上での“崩し”が巧過ぎて、日本人が創ったとしか思えない世界観に驚かされる。架空の地名として“メガ崎市”とか絶妙過ぎるでしょ。
LAIKAのような滑らか過ぎる動きではなく、ぎこちなさを残したストップモーションも気持ちがいい。
本編中の美術やエンドロールの日本語の取り入れ方等、グラフィックデザインはフォントの扱い等含めて完璧。“メガ崎”のメとガを合わせてひとつの漢字みたいにしてるとことかイイ。
冒頭の日本語と英語が台詞でも字幕でも激しく入り混じる情報量の多さには正直戸惑う。そして海外の映画で日本語を扱う際によくあるんだけど、サウンドプロダクションが日本語向けにチューニングされてないので、ちゃんとした日本語を喋っていても聴き取りづらい。
戦いをモクモクとして煙で表現するのって、日本の漫画の影響なのかな? 冗長なバトルシーンにならなくて好き。
黒澤明の影響を受けたというだけあって、初っ端から「乱」の一文字秀虎オマージュ(だよね?)がアツい。