てるる

孤狼の血のてるるのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.8
「アウトレイジ」はヤクザ同士の抗争がメインだけど、こちらは警察VSヤクザ。

でもそう見せかけておいて、実は…というところがミソ。

昭和の終わりという、今と違ってヤクザがまだまだ幅を効かせてた時代。
ろくでなし刑事とコンビを組まされる真面目な若造という、どこかで見たような設定。

そこそこエグい描写もあったりするけど、予想よりもキレイなストーリーだったな。
それにわざとかもしれないけど演出が古臭くて、昔の2時間ドラマの延長線みたいな感覚に陥る。

こういうのを韓国映画とかだともっとダークで重厚な感じになったのかなって思ってしまった。
そうしたら映画館で観る満足度が上がるのに。
邦画のダメなとこはテレビでもいっか!って思えるような作品が多いとこ。

でも終盤あたりでは目頭が熱くなるし、役所広司の演技は流石としかいいようがない。
あまりヤクザ映画っぽさの無い江口洋介や竹野内豊もなかなか様になってて良かった。