あずみん

友罪のあずみんのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.5
原作未読です。
ひたすら重かった…。とても疲れました。2時間ずっと(-""-;)←こんな感じです。
斗真さんと瑛太さんの話を主軸にしているわけではなく、いわゆる群像劇に入ると思います。登場人物が多すぎて一つ一つの話が薄く、ただでさえ日常とかけ離れた題材なのに、軸がぶれているので更に感情移入しにくいと感じました。監督が脚本を書くとよく陥るパターン(最近ではのみとり侍もそれ)だと思います。

答えの出ないテーマなので、そこを求めて見ていると消化不良のままシアターを出ることになりますね。
映画にはエンタメ性を少なからず求めているし、それが無いなら無いでいっそのこと後味の悪さに振り切るか、強烈なメッセージ性を残すか…(余韻を引きずるぐらいに)見ていて響いてこなかったので、1回見たらもういいかなと思う作品になってしまいました。

ただキャストの演技には称賛を贈りたいです。瑛太さんも斗真さんも撮影中ずっと精神状態良くなかったのでは。ラストの益田の慟哭だけは個人的にマイナスです。過剰すぎて逆に冷めてしまいます。(演出の問題ですね)
夏帆ちゃん好きなので、こんなひどい役(T_T)と思ってしまいました…。忍成修吾さんっていつもDV男ですね笑